« "You're a Good Man Charlie Brown"  | トップページ | 「ぼくは怖くない」 ニコロ・アンマニーティ   »

2003年3月26日 (水)

映画「ペイフォワード 可能の王国」

ペイ・フォワード

pay it forward

2000年

アメリカ

気になってはいたけど内容がつまらなそうだと思ってみていなかった作品。

あまりに「感動作」という評判があって「どこが?」と思ってみていたら、最後のラストがいきなり涙系の展開だった。ちょっと残念なラスト。でも、アメリカの映画でこういうラストって珍しいと思う。なんか某駅でホームに落ちた人を助けて亡くなった人の事件を思い出してしまった。

このあたり、良いことをするっていうのは確かに大切だけど、ちょっと心にしこりが残った。

ネズミ講も悪く使わなければ良いものになるってことですかねぇ。

ハーレイ君は「目」が素敵だ。彼の演技の素晴らしさの大部分は「目」で成り立っていると思う。ヘレン・ハントってあまり生活感が感じられないのはなんでだろう。原作がどういう感じなのかちょっと気になった映画でした。

|

« "You're a Good Man Charlie Brown"  | トップページ | 「ぼくは怖くない」 ニコロ・アンマニーティ   »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/6860412

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ペイフォワード 可能の王国」:

« "You're a Good Man Charlie Brown"  | トップページ | 「ぼくは怖くない」 ニコロ・アンマニーティ   »