« 「完訳 ナンセンスの絵本」 エドワード・リア 柳瀬尚紀訳 | トップページ | 「金色夜叉」 尾崎紅葉  »

2003年5月30日 (金)

「まだ見ぬホテルへ」 稲葉なおと 

まだ見ぬホテルへ (新潮文庫)

まだ見ぬホテルへ

稲葉なをと

新潮文庫 2003.4  

建築家である著者が世界中のホテルを旅して書いたエッセイ。

カラー写真が豊富で綺麗な風景を堪能できる上に、エッセイの方もなかなか良くできているので満足度の高い本。ちなみに、この本の解説を書いているのはB’zの稲葉さんでして、どういうつながりかと思えば、著者と従兄弟らしい。何気に本編よりも驚愕の内容が解説に含まれていて結構びっくりだった。

このホテルエッセイシリーズは多数出版されているようで、紀行文の賞も受賞したとのこと。

紀行文といえば、「深夜特急」と「ももこの世界あっちこっちめぐり」が個人的にはすきなのだが、「ホテル」という点に焦点をあて、ときには建築家ならではの視点も加わるということで、このシリーズも今後ちょっと注目しようと思う。

|

« 「完訳 ナンセンスの絵本」 エドワード・リア 柳瀬尚紀訳 | トップページ | 「金色夜叉」 尾崎紅葉  »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/6814347

この記事へのトラックバック一覧です: 「まだ見ぬホテルへ」 稲葉なおと :

« 「完訳 ナンセンスの絵本」 エドワード・リア 柳瀬尚紀訳 | トップページ | 「金色夜叉」 尾崎紅葉  »