« 2003年6月 | トップページ | 2003年8月 »

2003年7月

2003年7月29日 (火)

「犬婿入り」 多和田葉子 

犬婿入り (講談社文庫)

犬婿入り

多和田葉子

講談社文庫 1998.10  

近頃ちょっとマイブームな芥川賞作品シリーズ。これは93年の受賞作。作者はドイツで文学活動をしているそうで、割と権威のある「シャミッソー文学賞」も受賞しているそうだ。この本には2作品収められているのだが、やはり芥川賞受賞作のほうが圧倒的によくできていたと思う。

ストーリーは、川べりの団地の近くで学習塾を開く北村先生のもとに、ある日突然、まるで犬のような「太郎」という男がきて同棲を始めるというもの。都市を舞台に民話的世界を構築していて確かに上手いと思う。さらには作者の独特の文体がかなり顕著に見られ、たとえば冒頭で「午後二時」を表現するために以下のように表現している。

「昼下がりの光が縦横に並ぶ洗濯物にまっしろく張りついて、公団住宅の風のない七月の息苦しい湿気の中をたったひとり歩いていた年寄りも、道の真ん中でふいに立ち止まり、(中略)、遠くから低い唸りが聞こえてくる他は静まりかえった午後二時」

ここで「中略」となっている部分がかなり長く、午後二時を修飾する要素は6行にもわたって続く。他にも10行ほどある一文などが多用されており、慣れるまではやや読みづらい。しかもこの長さで体言止めを多用するので文の落ち着きが悪いのもしばしばなのだが、おそらく意図的になされているのだろう。

川上弘美や先日の笙野頼子とはまた違ったタイプの不思議ワールド。こちらのほうは「夢世界」ではなくあくまでも現実性を帯びた書き方をしているのでより一般的なのかもしれない。やけに艶かしい部分もあったし。でも、作中で書かれているように子供が捉えるような「汚い=エロ」という種類で書かれた艶かしさなので食事中などは決して読まないほうがよいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2003年7月26日 (土)

「レ・ミゼラブル」 @帝国劇場

「レ・ミゼラブル」 @帝国劇場

出演:別所哲也 内野聖陽 坂本真綾 井料瑠美 剱持たまき 森公美子 など

面白かったでーす。

別所哲也ってテレビで見るよりも数倍かっこ良いことが発覚。序盤ちょっと歌のテンションの高低が激しくて歌詞が聞き取りにくかったけど、後半はかなり良かった。森公美子ってテレビで見るよりもボリュームがあることが発覚。終始いい感じで楽しかった。

このミュージカル、少年が微妙に上手くて泣きそうになってしまったさ。子供使うのは反則技だよ。とある主要な役の人の音がいつもちょっと低いとか、ラストにあの曲が流れないほうが好きだなぁなどという感想もありましたが、全体を通して本当によくできていて、舞台装置などにも感動し、かなり充実した3時間でした。終わったときにはスタンディングオベーションで拍手が止まなかったし。

レミゼって長い原作だからストーリーのアレンジが気になるところですが、なんだかテナルディエの娘にかなり焦点があたっててびっくり。一番良いソロの曲があてられているし。前半のほうが駆け足気味で原作を知らずに見るとちょっと大変なのではという雰囲気もあったけど、後半の革命部分に時間を割くための演出だったようですね。下水道がよくできててちょっぴり感動。

ジャベールの最期は98年の映画版が大好きなのでちょっぴり物足りなかったかも。この映画、クレア・ディーンズやらユマ・サーマンやらが出てるスターキャストなんだけど、一番最後のシーンのジャベールは僕の見た映画の中でも5本の指に入るすばらしさです。ミュージカルと併せてぜひ御覧あれ。

続きを読む "「レ・ミゼラブル」 @帝国劇場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年7月24日 (木)

「タイムスリップ・コンビナート」 笙野頼子 

タイムスリップ・コンビナート (文春文庫)

タイムスリップ・コンビナート

笙野頼子

文春文庫 1998.2  

94年の芥川賞受賞作。3話入ってるのだがとりあえず芥川賞受賞のこの小品だけ読み終えたので。

ストーリーはかなりシュールです。夢の中でマグロと恋におちている主人公のもとに、そのマグロあるいはスーパージェッターから電話がかかってきて、鶴見線の終点である海芝浦の駅に行けと言われる。電話の主は途中で鶴見で寄り道して沖縄会館へ立ち寄ることを勧め、主人公は「電車で沖縄のカイガン」に行くために都立家政の駅から旅に出る。

女子高生が「りてね、してね、りてしね」と会話する電車にのりながら主人公の頭をかすめていく様々な思い出。海岸沿いの工場は故郷の四日市に重なり、少女時代がよみがえるのだ。

で、まぁとにかく好き嫌いのはっきりしそうな超実験的な小説なのです。川上弘美にちょっと似た雰囲気もありますけど、割と意図的にストーリーを進めていく川上に比べると、こちらの取り留めの無さはかなりの難解さを伴うできになってます。

言葉の使い方が上手で、主人公の勝手な思い違い、聞き間違いのみで構成されていると言っても過言ではない小説世界。ぼくはこういうのが結構好きなのでニヤニヤしながら読み進めましたけど、どうなんでしょう。残り2話もたのしみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年7月23日 (水)

「星を見つけた3匹の猫」  ヨルク・リッター

星を見つけた三匹の猫 (白水Uブックス―海外小説の誘惑 (144))

星を見つけた三匹の猫
(Der Katzenstern)

ヨルク・リッター
(Jorg Ritter)

 白水Uブックス 2003.7  

ドイツ発のファンタジー(?)。

3匹の猫を主役に、猫を絶滅させて人間たちの愛玩動物の座を奪おうとするネズミたちとの攻防や、3匹の猫たちが同時に見た夢に現れる星を探したりするお話。

でてくるキャラの中では一応悪役であるねずみのボスであるマードックというキャラが一番好き。

この作品、子供向けっぽい雰囲気を漂わせつつ、自然破壊やら、人間たちの身勝手な動物実験などをつよく批判するという側面も持ち合わせているし、3匹の猫たちの自分探しの旅という側面もあり、奥の深い1冊に仕上がっていた。

ドイツってこの手のファンタジーの名作が多いですよね。

10点満点だったら9点あげちゃいます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年7月17日 (木)

「見えない都市」 イタロ・カルヴィーノ 

見えない都市 (河出文庫)

見えない都市
(le citta invisibili)

イタロ・カルヴィーノ
(Italo Calvino)

河出文庫 2003.7  

現代イタリア文学の代表格カルヴィーノの作品は岩波文庫の2冊に加えてこれで3冊目。相変わらず哲学的な深い純文学ワールド。マルコ・ポーロがフビライに語るという形式をとって、彼が見たという55の架空の都市の様子を描く作品。

ひとつの都市の記述が大体3,4ページで、その間にフビライとマルコ・ポーロの対話が挿入されるというスタイルなのだが、「パロマー」同様、カルヴィーノ独特の面白い章立てをしているのが印象的。

現代社会の風刺や、記号論、文学論、コミュニケーション論、社会論、政治論などある都市の一風変わった特徴を示すことで様々なテーマを語っている作品で、はっきり言ってその全てを読み取るのはかなり難しいのだが、一つ一つの都市のエピソードがとてもよくできているのでかなり面白く読むことができる。また、フビライとポーロの会話は「お見事!」と言わんばかりの傑出したできなのでかなりオススメの一冊です。

交易が盛んな都市では商人たちが互いの思い出を語ることで「思い出を商う」。ある都市では全員が何かの劇の役を演じていて、一人で何役も担うことがあるが彼らはその劇が終わりに近づいて進展していることにさえ気づいていない。ある都市は人々が自分のみた夢を正夢にするためにその景色を再現しようとして作られている。またある都市はある都市は都市と郊外との境界がつねに不明であるがそれは「車輪の轟きを狼の吠え声から隔てるものはなにか」という質問と同義である。そしてある都市では我々の使っているものと違うのは言語ではなくその指す対象そのものであり、記号と意味との関係を問いたださなくてはならない。

などなどいろいろな都市が描かれるのですが、面白いのは、フビライとポーロは身振り手振りだけで会話をしているという設定です。つまり、ポーロの語っているこの都市の物語はもしかしたらフビライの創造の産物に過ぎないのかもしれないということです。物語というものも書き手の表現方法も大切ですけど、そこに意味を見出すのは読者の想像力ですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2003年7月 4日 (金)

「リセット」 北村薫 

リセット (新潮文庫)

リセット

北村薫

新潮文庫 2003.6  

「時とひと」の3部作の完結編。1作目「スキップ」はある日突然タイムスリップして、30年後の世界へ。心は高校生だけど、子供もいて仕事もある未来の自分の体になっていたという設定。2作目「ターン」は映画化もされたので認知度は高いかもしれない。

こちらは、永遠に同じ日が繰り返される物語。そして第3作。「リセット」というタイトル。ここで時間がどのように関わってくるかを書くとストーリーの核心のネタバレになってしまうので書けないのだが、個人的にはちょっとなぁという感じ。ていうかこの「リセット」って世の中の****を促進してしまうようなあまり良くない設定なのでは。

「ターン」の2人称小説は新しく、しかもかなり上手く作っていて感心したのだけれど、今作は2人の人物の告白の形式をとっていて、しかもその女性の方のが読みにくい。終始誰かに語りかけるような丁寧語でちょっと疲れる。

そして、中盤の男性の告白は「朗読者」を思わせる展開。チラリチラリと謎を明かして全体のストーリーを把握させるのは良いのだが、やっぱりどこかノレないんですよね。

この作品、作者が3作目ってことでちょっと気合入れすぎてしまった感じ。もう少し楽に書いて欲しかったかな。

このシリーズだと総合的に一番いいのは「スキップ」。設定と書き方のスタイルが面白かった「リターン」。ってとこで、「リセット」はちょっと・・・。あくまで個人的な感想ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年6月 | トップページ | 2003年8月 »