« 映画「ノッティングヒルの恋人」  | トップページ | 映画「8人の女たち」  »

2003年9月 1日 (月)

映画「モンスターズインク」

モンスターズ・インク

monsters, inc.

2001年

アメリカ

ディズニーファンなのに今頃になって見ました。すいません、「本当におもしろのぉ?」とやや敬遠気味に思っていて見てませんでした。で、感想は、「見事にやられたぜディズニー×ピクサーさん」でした。

モンスターたちにとっては人間の子供が危険な存在として恐れられている世界。しかし、彼らはエネルギー源である子供の悲鳴を集めるために危険を冒してギリギリのところで子供たちを恐がらせているという設定からしてよくできていて感心。

でもって、キャラがかわいい。冒頭すぐ、サリーの2段ベッドのネタですぐに親近感を覚えたよ。ストーリーも王道で、同じ年にオスカーを持っていかれた「シュレック」のようにひねくれたことをしなくても名作は生まれ得るということを示してくれた感じ。

さて、この映画。とっても哀しい部分がありました。人間の女の子のブーがサリーに手渡すおもちゃの中にトイストーリー2のジェシーがあったんです。この作品の中でも、モンスターを恐れなくなる(=成長した)子供のいるドアはシュレッダーにかけられてしまいます。トイストーリー2ではジェシーをかわいがっていた女の子が成長して人形をかわいがらなくなるという現実が描かれました。ブーもいつかは成長するのだという現実をこっそりと教えられたような気分。それに気づいた瞬間、ちょっと哀しい気分になりました。

トイストーリー2が完全に大人の視点で描かれた作品だったのに対して、モンスターズインクは子供の視点をとっているかのようでいて裏にはその成長をやさしく見守る大人の精神にあふれているんだなぁとしみじみ。成長することは嬉しいことのはずだけれども、「成長=夢を失う」的な図式が成り立っている現実があるからこそのモンスターズインクでありトイストーリー。ヒットすればするほど切ないですね。

でもジェシーの場面には何気に次回作の主人公であるお魚のNEMOくんもいたのでそんな深い意味のないサービスシーンだっただけかも。

|

« 映画「ノッティングヒルの恋人」  | トップページ | 映画「8人の女たち」  »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/6764892

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「モンスターズインク」:

« 映画「ノッティングヒルの恋人」  | トップページ | 映画「8人の女たち」  »