« 映画「ファインディング・ニモ」  | トップページ | 「偶然の祝福」 小川洋子  »

2004年2月10日 (火)

「蹴りたい背中」 綿矢りさ

「蹴りたい背中」 綿矢りさ

芥川賞作品掲載の文芸春秋を買ってしまいました。とりあえず読みやすそうな「蹴りたい背中」の方を読んでみました。ストーリーはクラスのグループで行動するような集団の中に馴染めない女子高生が主人公。彼女とクラスメートには目もくれずに1人のファッションモデルを熱狂的に応援している同級生の男の子との交流を描いた作品。作者は19歳ということで、登場するネタも若いし、文も軽いタッチでサラサラとあっという間に最後まで読めてしまいます。この人の作品はもしかしたら読まれる時代と年代を選ぶのかもしれません。とりあえず、この作品に共感できたり、内容についていくことのできる世代のうちに読めて良かったかなと思いました。ギリギリセーフって感じでしょうか。この作品の主人公の気持ちは、自分も同じようにして人と接してきたことがあるし、結構「あ~、分かる分かる」というものでした。彼女は集団に溶け込むのを拒否していますが、きっと集団の中に入ってしまったら恐ろしくその中につかってしまうタイプであろうし、自分でもそれが分かっているからこそこから離れようとしているのではないかと思います。ずっと1人で喋ってしまって友達がひいてるのを感じてしまったという彼女の体験はまさに普段の僕ですね・・・。

この作品、書き出しの部分が「あれ?」っていう感じで何か無理してない?みたいな文章が続いたのですが、後半に進むにつれて自然にのってきたという感じでした。とりたてて好きってわけではないけど、そこそこライトに楽しめる作品だったのではないでしょうか。このライトなノリが純文学としてはどうなのかなとも思ってしまうんですけどね・・・。映画化するなら今日のドラマの余韻で宮崎あおいに主役をやってもらいです。割と映像化したときのシーンが想像しやすい作品でしたね。さて、注目の芥川賞もう1作「蛇にピアス」は扱ってる題材&テーマが自分の生きてきた「優等生」な日常からかけ離れているのでちょっと苦手なタイプですが短い作品だし読んで見ます。「トレインスポッティング」みたいに自分で思った以上にハマるかもしれないし。

|

« 映画「ファインディング・ニモ」  | トップページ | 「偶然の祝福」 小川洋子  »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/6530391

この記事へのトラックバック一覧です: 「蹴りたい背中」 綿矢りさ:

« 映画「ファインディング・ニモ」  | トップページ | 「偶然の祝福」 小川洋子  »