« 映画「グッバイ・レーニン!」  | トップページ | 映画「ミニミニ大作戦」 »

2004年4月30日 (金)

映画「O (オー)」 

「O (オー)」 2001年 アメリカ

シェイクスピアの悲劇「オセロー」の舞台を現代のアメリカの高校生に置き換えた作品。主人公ヒューゴ(イアーゴ)はバスケ部の花形選手である黒人選手オーディーン(オセロー)の活躍に、コーチである自分の父親が自分以上に彼を買っているのではないかと感じる。さらには試合後にMVPを受賞したオーディンが自分ではなく、別のチームメイトをMVPとして指名し、その栄誉を分かち合ったことから、彼への復讐を始め、オーディーンの恋人である学長の娘(デステモーナ)が浮気をしているのではないかという疑惑をオーディーンに植えつけようとする。とまぁ完全に「オセロー」のストーリーでして、スカーフのエピソードもしっかりと登場していました。オリジナリティがあったのは、主人公がオセローに対して持つ感情の原因に、自分の父親の関心を取られてしまっているのではないかという思いが入っているところでしょうか。あとは、舞台となっている私立の学校で唯一の黒人生徒(バスケ推薦)というオセローの立場も人種差別などの観点から見て面白い要素となっていました。あと、イアーゴを主人公にしたことで、彼の追い詰められていく心境が描かれたのも印象的。

オセローの嫉妬は、ブラナーがイアーゴを演じた映画版でもかなりエロティックに描かれていたのですが、この映画では、「おい、高校生だろ・・・」とつっこみたくなるようなかなり激しい描写とともに描かれています。ムコウの子は進んでるのね。でもね、高校生を主役にしてしまったために、最後の展開がちょっとやり過ぎに感じてしまうんですよね。たかだか高校生の恋愛で、そこまで思いつめるとはね、そのくらいでそんなことするかいな。いやぁ嫉妬って怖いですね。嫌ですね~。ちなみにデステモーナ役の子はイーサン・ホークの「ハムレット」ではオフィーリアを演じてましたよね。

大胆な現代翻案をしているのにしっかりとストーリーが原作を踏襲しているのでなかなか楽しい作品でした。この映画、レンタル店ではサスペンスのコーナーにあったんですよね。文芸作品とするには翻案しすぎてますけど、ちょっと微妙な感じ。

|

« 映画「グッバイ・レーニン!」  | トップページ | 映画「ミニミニ大作戦」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/6517908

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「O (オー)」 :

« 映画「グッバイ・レーニン!」  | トップページ | 映画「ミニミニ大作戦」 »