« 「中二階」 ニコルソン・ベイカー | トップページ | 「密やかな結晶」 小川洋子 »

2004年4月 7日 (水)

「虹の天象儀」 瀬名秀明

「虹の天象儀」 瀬名秀明 祥伝社文庫

この本は恐らく初版以降ほとんど重版されてなくて、書店で探すのにかなり苦労した1冊。「パラサイト・イブ」や「八月の博物館」などのハードに理系なSFを書く瀬名氏の中篇。渋谷のプラネタリウムに勤務する主人公が、プラネタリウムが閉館する日に現われた不思議な少年によって、時を越えるという内容。瀬名氏はかなりの藤子Fファンで知られてますが、「八月の博物館」と似たような雰囲気で、藤子のSF短編っぽい色合いが感じられる作品でした。この作品では、何よりも、プラネタリウムの投影機が主役であると言えて、その開発の歴史や、投影の原理なんかがかなり詳しく説明されていました。プラネタリウムの原理なんて全く知らなかったので、結構興味深く読んでしまいました。読み終わると、無性に星空を仰ぎたくなるような1冊でした。

|

« 「中二階」 ニコルソン・ベイカー | トップページ | 「密やかな結晶」 小川洋子 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/6518011

この記事へのトラックバック一覧です: 「虹の天象儀」 瀬名秀明:

« 「中二階」 ニコルソン・ベイカー | トップページ | 「密やかな結晶」 小川洋子 »