« 映画「デス・トゥ・スムーチー」  | トップページ | 映画「真珠の耳飾の少女」  »

2004年5月18日 (火)

映画「マッチスティックメン」

「マッチスティックメン」 2002年 アメリカ

ニコラス・ケイジ主演、リドリー・スコット監督、ロバート・ゼメキス製作の詐欺師映画。超潔癖で薬がないと汚れが気になって仕方ないという詐欺師の主人公が、15年前に別れた妻との間に生まれていたという娘に会うことで心の安定を取り戻そうとするのを、彼が相棒と企てる大きな仕事と絡めながら描く。実は、この映画、ストーリーとか本当に何の知識もなしで見るのが一番です。自分も思ってたのと全然違う内容だったし。もう一回最初からみたくなる作品かもとだけ言っておきましょうか。予備知識なしに、深く考えずにボーっと見て楽しんじゃいましょうっていう作品ですね。あ~楽しかった♪

ジャンルはクライムサスペンスとかそういうのではなくて、ヒューマン・コメディな要素が強いですねー。詐欺映画というと最近ではディカプリオ君がやってたけど、むこうがルパン的な楽しさを持っていたのに対して、こちらは、詐欺っていう題材を使って人間を描いてる感じです。でも、この題材の使い方もかなりのものですけど。病的な潔癖症を演じるニコラス・ケイジが本当に上手い!彼の演技としては今まで見た中で一番印象深いです。かなり笑えました。後、最大の魅力は音楽と映像ですね。オールディーズ中心の音楽がかなりいい味を出しています。ラストの終わり方も見ている人に不快感を与えずに爽やかだったし。ちなみに詐欺映画なんですけど、娘役の人の実年齢を聞くと「騙された!」と思えますよ。

|

« 映画「デス・トゥ・スムーチー」  | トップページ | 映画「真珠の耳飾の少女」  »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/6517757

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「マッチスティックメン」:

« 映画「デス・トゥ・スムーチー」  | トップページ | 映画「真珠の耳飾の少女」  »