« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005年2月25日 (金)

映画「オペラ座の怪人」

「オペラ座の怪人」 2004年 アメリカ・イギリス

ついに見ました!映画化の情報を得てから1年以上どれだけ待ったことか。「王様と~」、「サウンド・オブ~」、「マイ・フェア~」から近年の「ダンサー・イン・ザ~」、「ムーラン~」、「シカゴ」などなど大作ミュージカル映画をこよなく愛するものとして、どれだけ待ち臨んだことでしょうか。こういうのもっと作ってよ!!ハリウッドさん!と言う感じです。トニー賞を全部門制覇した怪物ミュージカル「プロデューサーズ」は映画化が決まってるそうですけど、この調子で「ミス・サイゴン」とか「レミゼ」とかもバシバシやっちゃって下さいという感じです。

この映画に関しては、できるだけ大画面で音響の良い所で見たいと思っていたので、わざわざ有楽町まで行ってきました。平日の昼の回なのに、700席くらいあるのが半分以上埋ってましたよ。チケット買うのに15分くらい並んだし。そして、期待通りに大きなスクリーンだったので、見る前から心はドキドキでした。

映画が開始するやいなや、白黒写真っぽい風景がぎこちなく動き始めた瞬間に強烈にノックアウトされ、そのまま、「じゃーん!」というパイプオルガンの音ともに、時間が遡って、廃墟となったオペラ座が巻き戻しのようにして過去の姿に戻るまでの15分ほど、完全に画面に釘付けでした。この部分、「タイタニック」で僕が一番好きな場面である、「沈没船のドアをくぐるとそこはかつてのタイタニック」以上に感動しました。そして「タイタニック」同様に、このシーンも、家で見たらそこまでの感動は無いんだろうなと思いました。映画館で見てこそのシーンですよね。

本編も大満足でして、クリスティーヌを演じるエミー・ロッサムの到底17歳とは思えない歌声と大人っぽさ、よく見るとちょっとおっさん体型なファントムはロックテイストの歌声だったけれど(彼が教えて良い発声が身につくのかっていう疑問も)なかなか素敵、もっともっとやらしくても僕は好きよん♪あ、でも手つきは十分やらしかったね。ラウルっちはちょいと印象薄かったかもね。あと、ミニー・ドライバーですよ。「グッド・ウィル・ハンティング」ではこんな人でもハリウッド映画のヒロインになれるんだぁと思ったものです。その彼女、今回の役は自分の中では超ミスキャストでした。妙に頑張ってたし(そういう役ってのもあるけど)。どうせ1人だけ歌を吹替えるなら違う人使えばよかったのになぁと思ったり。歌える人なら、ほら、キャサリン・ゼタ・ジョーンズとか、ニコール・キッドマンとか。まぁ、有名な役者さんはあまり使いたくなかったのかもしれないけど。でも、ミニーさんは何気にエンディングの曲を歌っていたので、スタッフもかなり気を使ったのではないかと思いました。

ミュージカルシーンは文句なしだったんですけど、隣に座ってたおばさん(隣がぎゅうぎゅうなくらいの混雑!)が恐らくこの映画がミュージカルだと知らずにきてて、ちょっと面食らった様子な上に、途中で寝てました。台詞の8割は歌ですからねー。ミュージカルが苦手な人にはきついかもね。

好きなシーンをいくつか。手紙の歌、三枚目コンビと周囲の掛け合いが心地よいですね。そのまま続く「プリマドンナ」も良いです。あと、かなり最後のほうでファントムがサルのオルゴールを手にする場面は涙腺が緩みました。曲としては「Point of no return」(なんてたってpassion playが「情熱のプレイ」ですからね。サントラの対訳では「受難劇」になってるのに・・・。)と「Phantom of the opera」が良いね。

それにしても、2時間半はちょっと長いね。面白いけどつかれました。「All I ask of you」が終わって思いっきり引きの絵になったとき、そのままインタミに入るのかと思ってしまったさ。

このお話、醜い顔の男が世間の目から逃れるようにして地下でひっそり暮らしてるんですけど、その点「ノートルダム」とよく似てますよね。当時のフランスってそういうのが多かったんでしょうかね。ファントムさん、仮面とっても割りと普通の顔だったのに、「ギャー」と叫ぶ人々はどうしたものかと思いますよ。彼のあまりのストーカーっぷりに驚いて声を上げるならまだ理解できますけどね。まぁ、でもここでかなりグロい特殊メイクを披露されたら一気に映画は別物になりますが。ストーカーといえば、一番最後の映像は、映画的でよかったのではないでしょうか。結局ラウルって何!?みたいな感じもするけど。

ところで、このミュージカルだけで「オペラ座の怪人」がこういうストーリーだと思ったら大間違いです!原作はこんなラブロマンスではないよー!!普通にゴシック・ホラータッチのミステリー小説ですからね。金田一少年でもモチーフにされたくらいですからね。かつて読んだ角川文庫版は結構読みやすかったのでオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月24日 (木)

「神戸在住 7巻」 木村紺

「神戸在住 7巻」 木村紺 講談社

神戸に暮らす女子大生の日々をほのぼのとつづる傑作漫画の新刊が出ました。この漫画、数ある漫画の中でも1番好きな作品かもしれません。何度でも読み返したくなる不思議な魅力があります。ここのところ、いくつかキラリと光るエピソードがあるものの、ちょっとマンネリ感があったんですけど、この7巻は第3巻の震災シリーズに次ぐ傑出した内容でした。

主人公はモトコー(高架下の商店街らしい)にあるとあるイラストレーターさんが営むお店の常連さん。そのイラストレーターは体が悪く、車椅子で生活をしている男性で、主人公は彼の作品はもちろんのこと、彼自身にも、尊敬とも仄かな恋心ともつかない感情を抱いていました。1巻から7巻までの間で2年くらいが経過していて、主人公は、イラトレーターさんが自宅で主催する気のあう友達だけの集まりに呼ばれるくらいに彼と親しくなりました。第6巻にて、そのイラストレーターさんが亡くなったという事実だけが伝えられました。そして、今回、第7巻では、彼がなくなった日のことを主人公が回想する全3話のエピソードが収録されています。この3話の完成度がすさまじくらいに高いのですよ。

この作品は、震災の話をはじめとして、飼っていた猫が亡くなった話や、祖母がなくなった話など割と「死」を描くことが多い作品です。しかし、今回はその中でも飛びぬけて完成度の高い作品になっていました。第1巻から10話に1回くらい少しずつ描かれた主人公とイラストレーターの交流、や各脇キャラクターたちの性格、そして何より、できごとを描くコマとコマの間に主人公の心の声をエッセイ調の地の文で挿入するというこの作品独特のスタイルの全てがここで昇華されたのではないでしょうか。主人公の感じた喪失感がこれでもかというくらいに的確に描写されていました。ちょっとした漫画界の事件じゃないの!?というくらいの勢いです。全部通して80ページほどのエピソードなのに、1ページ1ページがとても重い。そして、そのラスト、現実を受け入れられずにいた主人公が思い切りその感情を爆発させるきっかけを作るキャラクターも本当に素晴らしいのです。さらに、今回の白い表紙(各巻ごとで色が違う)。これがまた本編を読んだあとだと泣かせます。

今回はこのエピソードのインパクトが強かったけど、他のエピソードも良かったよー。次巻が出るのはまた1年後くらいなんだろうなー。本当、年に1回のお楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月22日 (火)

映画「呪怨」 

「呪怨」 2002年 日本

かなり怖いという話を聞けば聞くほど、「怖いもの見たさ」度がアップし、ハリウッド版がヒットという情報で、ついに借りてきてしまいました。事前に、一人で見るのだけは耐えられないからと、母親を説得していざ視聴。しかし母は、他の作業をしながら横目で見る程度だったため、肝心な場面をほとんど見ることが無かった様子でした。そういう自分も本を一冊横において、隠し隠しでしたけど。(←そこまでして見るのかっていう突っ込みは承知済みです。)

うーむ。ストーリーが難しいよ、これ。時間前後するし、一つの事件を描きつつも、オムニバス形式で主人公が10分に1回くらい代わるし。結局、何なのかよく分からないし。「リング」とか「仄暗い~」とかは1作品の中でそれなりに、解答を出してスッキリとまとめていただけに、この分かりにくさが気になります。わざとかもしれないけど。とりあえず、過去に惨殺事件が起こった家に引っ越してきた家族と、その家に関わる人々が、過去の事件の被害者の霊(?)にとりつかれたり襲われたり、また自らが怨霊になって人を襲ったりというお話。

CMによく出てくる白塗りの子。普通に映画見てて、いきなり登場すると確かに怖いんだけど、その後、一時停止して冷静になって見てみると、そうでもないんですよね。こういう映画の怖さってやっぱり、音楽やカメラの動かし方とかで、恐怖の場面が見えそうで見えないようにギリギリまで引っ張るところに尽きると思います。その点、この映画はやっぱり上手です。でもね、やっぱりストーリーが難しいんですよ。なので頭で時間軸を整理したりしなきゃいけなくて、純粋に恐怖に身を任せるだけで良いというわけでもないので、普通のホラーよりは作品全体を通したときの怖さは少ないかも。ハリウッド版はどんななんだろ。ちょっと見てみたいかも。この調子で作られてるんなら、怖さの種類や演出の仕方が分かってるからそこまで怖さを感じずに見ることができそうだし。

しかし、見たのは夜。今から風呂はいって寝ようというときに、髪を洗ってるときに手がニュっと出てきたり、布団の中から白塗り君が出てきたりする場面は、今夜これから少なからず見たことを後悔させるんだろうなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月15日 (火)

「ぼくらのサイテーの夏」 笹生陽子

「ぼくらのサイテーの夏」 笹生陽子 講談社文庫

買ったけど読めてなかった本がたまっています。とりあえず読みやすそうな今月の新刊から。

児童文学の賞を多く受賞した作品のようです。最近、児童文学出身の作家の活躍が目立ちますよね。先日の直木賞とか。このかたも講談社のイチオシみたいです。2ヶ月連続で文庫リリースらしい。

1学期の終わりの日に、階段のより高い段からジャンプすることを競うゲームで骨折してしまう小学生の少年が主人公。彼は、この危険な遊びの罰として別のクラスの少年と2人で夏休みの間のプール掃除をすることになる。主人公は父が単身赴任、兄が引きこもり、一緒に掃除する友人は、妹が発達障害、父の会社がヤバ目という状況で、お互いの家庭の問題などを散りばめつつ、この2人のひと夏を描く。

うーん、悪くは無いんだけど、ものすごく気になることが1つだけありました。この作者さんは恐らく女性なんですけど、男の子のキャラクタ設定が女の子っぽいんですよ。特に男の子同士の会話なのに、まったくそれっぽくないのです。一度そういうのに気づいてしまうと、よっぽどストーリーに惹かれるものが無い限り、気になって仕方なくなります。ストーリー自体は割りと普通だったので・・・。でも全体的にライトなノリなので、児童文学としては読みやすいのかも。

小学6年生の少年達のひと夏の物語と言えば、「夏の庭」が真っ先に浮かびますね。「夏の庭」は結構好きな作品です。読書感想文の課題図書とかになってた気がします。その頃に、感想文とは全く関係なしに読んだんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月13日 (日)

「真昼のプリニウス」 池澤夏樹

「真昼のプリニウス」 中公文庫 池澤夏樹

勉強メインの日々を過ごしているので、この本1冊読み終わるのに1ヶ月くらいかかってしまいました。これくらい面白い本であれば、通常は2,3日で読み終わっていると思います。池澤氏、「ティオ」「スティルライフ」に続いて3冊目。そして、自分の中での評価はあがる一方です。まとめてではなくて、少しずつ時間を空けて全ての作品を制覇したい作家さんです。

主人公は火山学者で助教授をしている30代女性。科学者である彼女が最終的に占い師の予言に導かれて、神話の「プリニウス」のごとく火山に向かうまでの心の変遷を描いています。忙しいので、特に長い感想は書きませんけど、超オススメの1冊です。何気ない文章がとても心地の良い作家さん。そして「スティルライフ」でもそうでしたけど、理系ネタを惜しみなく使って文系な小説を書くのも素敵です。全体には宮沢賢治とか、プラネテスとかも彷彿とさせるような作品でした。折に触れて読み返したいなぁと思わせてくれます。

この作品の中で、主人公にとある電話サービスの話をもちかける広告会社の男が登場します。そのサービスは、そこに電話をすると、ちょっとしたトリビア的なネタとか、特に内容の無い物語がランダムに選ばれて再生されると言うもので、何の目的もなしになんとなくそこに電話をかけて、「くじ引き」感覚で、こころのスキマを埋めるといった内容。この作品が書かれたのは15年くらい前ですが、これってなんとなくネットサーフィンして、大した目的もないのに、色々なページを見てしまうような感覚に近いことを提案してますよね。普通に携帯とかでありそうなシステムだし。さらに言えば、「ランダムに選ばれる」ものって妙に繰り返しそれを選択したいという気になりますよね。物語中では、とても画期的なものとして颯爽と登場し、作品の進行とともに、ボロがはがれていくような感じになっているんですけど、このサービス自体はかなり人間の本質をとらえているような気がしました。トリビアとかうんちくとかも流行ってるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »