« 映画「コーラス」  | トップページ | 「PLUTO 2巻」 浦沢直樹×手塚治虫 »

2005年4月26日 (火)

「嗤う伊右衛門」 京極夏彦 

「嗤う伊右衛門」 京極夏彦 中公文庫

泉鏡花賞を受賞して映画化もされた作品。作者は昨年、直木賞を受賞した京極さん。自分は初の京極作品でした。この本、文庫版が角川と中公と2社から出てるんですけど、角川の表紙が映画ポスターを下敷きにしてる一方で、中公版は、和装のかなり粋な表紙。誰が見てもこちらの方を買いたくなるものかと思うんだけど、書店に多く並んでるのは角川版だったりします。

ストーリーはズバリ四谷怪談。オドロオドロしたお岩さんでおなじみの怪談を、お岩&伊右衛門夫婦の哀しい愛の物語として翻案した作品。自分の知ってる限り、岩の夫は極悪非道なイメージだったのですが、この作品では真面目で不器用な男として描かれて、岩と伊右衛門が互いの幸せを願って離れ離れになったはずなのに・・・という展開がとても新鮮。あと、キリッと前を向いている、岩の人間としての美しさも印象的。お岩さんが「伊右衛門様は何故幸せにならぬ」と叫ぶ場面は圧巻です。少しずつ謎が明らかになっていくような構成も良いんですけど、370ページくらいの作品で正直200ページくらいまではかなり退屈でした。でも後半の盛り上がりがかなり良かったので結果的には満足。

|

« 映画「コーラス」  | トップページ | 「PLUTO 2巻」 浦沢直樹×手塚治虫 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/6416492

この記事へのトラックバック一覧です: 「嗤う伊右衛門」 京極夏彦 :

« 映画「コーラス」  | トップページ | 「PLUTO 2巻」 浦沢直樹×手塚治虫 »