« 映画「ポセイドン」 | トップページ | 「ビート・キッズⅡ」 風野潮 »

2006年5月21日 (日)

映画「ミート・ザ・ペアレンツ」

「ミート・ザ・ペアレンツ」 2000年 アメリカ

続編も製作されたヒットコメディです。続編のやたらと豪華なキャストが気になって、とりあえず、第1作目を見てみました。

看護士のグレッグは小学校の先生をしている恋人のパムにポロポーズをし、父親の許可を得るために、パムの妹の結婚式に合わせて彼女の実家へ。しかし、飛行機に乗る段階からトラブルが続出、そして、現われる、娘の恋人は皆大嫌いという超頑固オヤジ。緊張しまくりのグレッグは数々の大失態をやらかすし、父親はとんだ秘密を抱えているし、しまいには、パムの元カレまで登場。彼女の実家への初訪問をユーモアたっぷりに描いたコメディ映画。

彼女の実家に行くってのは世の東西を問わずドキドキのイベント、そして、「彼女の父親」という存在も世の東西を問わず娘を溺愛する頑固者ということで、アメリカの映画ながら、極東の島国の我々でも共感できるポイントも多くて、なかなか楽しめるコメディに仕上がっています。特に前半の居心地の悪そうなグレッグがなんとも言えず良いです。父親役を演じるロバート・デニーロはあまり似合わそうな役柄ながら、なかなかの芸達者ぶりを見せてくれています。続編ではここにダスティン・ホフマンが絡むということなので、かなり期待ですね。コメディのネタは意外にも下ネタが少なくて、安心して見られる仕上がり。ただし、後半に進むにつれて、やることなすこと全てが裏目に出てしまって、ただひたすらにグレッグが可愛そうな展開になっていくるので、軽く笑い飛ばすような空気でなくなってしまうのがちょっと残念。

結構楽しくて、続編も見てみたいなぁと思わせるコメディでした。ていうか、これだけ彼女の実家ばかりをクローズアップして、主人公の家族が全く登場しないのだから、最初から、「主人公の実家編」の続編を想定して作った作品かもしれないですね。

|

« 映画「ポセイドン」 | トップページ | 「ビート・キッズⅡ」 風野潮 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして! 
TBさせていただきました。
続編はわたしもまだ観ていないので、機会があったら観てみま~す。

投稿: abricot | 2006年6月18日 (日) 11時17分

はじめまして。
TB&コメントどうもありがとうございました。

続編、気になりますよね!

投稿: ANDRE | 2006年6月18日 (日) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/10180978

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ミート・ザ・ペアレンツ」:

» ミート・ザ・ペアレンツ ’00 アメリカ [アブリコのCinema散策]
今まさに、カノジョの両親と会ったグレッグは、一向に気の休まらない男であった。 未来の妻となるパムの父親ジャックは、元CIA。 何にでも疑いの目を光らす、これまたできれば関わりたくない相手であった。 可愛い娘に近寄るとんでもない奴とばかりに、ネチネチとグレッグに意地悪するジャック。 ジャックを演じたロバート・デ・ニーロ。 ’99の『アナライズ・ミー』(続編あり)やらのコメディにも楽しそ... [続きを読む]

受信: 2006年6月18日 (日) 11時14分

« 映画「ポセイドン」 | トップページ | 「ビート・キッズⅡ」 風野潮 »