« 「日曜日たち」 吉田修一 | トップページ | 映画「カーズ」 »

2006年6月12日 (月)

映画「Mr. & Mrs. スミス」

「Mr. & Mrs. スミス」 2005年 アメリカ

記憶に新しい大ヒット作。遅ればせながら、DVD借りてきて見ました。

ジョンとジェーンのスミス夫妻は、一見すると倦怠期を迎えてはいるものの極普通の共働き夫婦。しかし、2人はお互いに決して知られてはならない秘密を持っていた。2人とも違う組織に所属するプロの殺し屋だったのだ。ひょんなことから、お互いの正体を知ってしまった2人は、組織からの指示で相手を暗殺しなくてはいけなくなってしまう。こうして2人の激しいバトルがスタートするが・・・という物語。内容なんかあってないようなもので、単なる大騒ぎお祭りアクションムービーなんですけど、設定も面白いし、これを機に本当にラブラブになってしまったブラピ&ジョリーの大スター2人のはっちゃけっぷりが楽しめる作品。

この映画、序盤が妙にテンポが悪いです。変に凝ったスタイリッシュな映像を撮ろうとして、逆に分かりづらくなってるような印象。2人が実は殺し屋だったってのは、それこそこの映画のウリで、宣伝などでも散々やってるわけで、それを明かすまでにここまで焦らす必要性はないのではないかと思いました。中盤以降は、派手なアクションで一気に見せてしまうんですけど、このアクションもここまでの映画なんだから、もっともっと派手にぶっ飛ばしても良いくらいではないでしょうか。カーチェイスを派手にするとか。でもって、もっとコメディな部分はコメディに徹したほうが楽しめたと思います。オシャレな会話も、なとなく中途半端。全体的に、主演2人がここまでやってくれたのだから、もっと面白くできそうなのに、中途半端に終わってしまった感が強かったです。ラストも普通に終わってしまって、なんかヒネリがあると嬉しかったかなぁと思います。単にこちらの期待が大きかっただけなのかもしれませんが・・・。全体的に何をやらせてもジェーンの方が強いってのが何気に面白かったですけどね。

ジェーンがワインをつかんでしまうシーンがお気に入りです♪

|

« 「日曜日たち」 吉田修一 | トップページ | 映画「カーズ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/10543010

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「Mr. & Mrs. スミス」:

« 「日曜日たち」 吉田修一 | トップページ | 映画「カーズ」 »