« 映画「ラヴェンダーの咲く庭で」 | トップページ | 06年いろいろ大賞(音楽部門) »

2006年12月30日 (土)

06年いろいろ大賞(その他部門)

映画、書籍、CDに関しては個別にいろいろ大賞を書きますが、それ以外の部門はコチラへ!

観劇、展覧会などに加えて、このブログでは通常取り扱いの無いテレビ部門なんかも用意してますよ。

2006年心に残ったドラマ

このブログでは通常レビューをしていませんが、実はかなりのドラマっ子です。毎クール、ほとんど全てのドラマの第1回をチェックして、気に入ったものは録画しまくって、空いた時間に見ています。全体の感想としては、今年は帯ドラマに収穫が多かったですねー。

1.「吾輩は主婦である」
これはもうダントツで1位です。
昼ドラは基本見ないんですけど、クドカン脚本とあったら見ないわけにはいきません。
毎回毎回大爆笑させていただきました。

2.「時効警察」
ゆる~い笑いがたまらない作品でした。見ながらつっこみまくりです。

3.「純情きらり」
朝ドラは何年もの間、欠かさずチェックしています。
このドラマは、主演に新人ではなく、もともと演技力に定評のある宮崎あおいを採用して
脇キャストが主演をサポートするのではなく、それぞれの演技力のぶつかり合い
のような緊張感のあるドラマだったと思います。
相手役の「達彦さん」は朝ドラ史上最も扱いの良い相手役だった気がします。

4.「結婚できない男」
こういう大人向けの良質な味わい深いコメディは今のドラマ界には貴重ですよね。
本当に本当に丁寧に作られたとても楽しめる作品でした。

5.「小早川伸木の恋」
ラテンのノリのBGMとともに、毎回毎回熱く展開するのがもはや漫画的で(コミック原作だけど)
かなり楽しんで見てました。

5.「神はサイコロを振らない」
ところどころ微妙な点も多いドラマだったけれど、小林聡美をはじめとする
キャストたちがノビノビと演じていて、とても良いドラマでした。

次点 「のだめカンタービレ」
原作ファンを裏切らない見事なドラマ化だったけれど、
だったら原作でもいいじゃんとも思わせてしまったのが残念なところ。
ドラマだからこそ面白い!ってのがなかった!

他には、「アンナさんのおまめ」が実はかなりお気に入りでした。徹底してバカだともはやどうでも良くなって素直に面白いです。あと、まだ続いてますが、現在の朝ドラ「芋たこなんきん」はかなりの名作だと思います。派手なキャスティングと怒涛の展開で一気に見せた「純情きらり」とは対極をなす作品ですが、見ると爽やかな気分になれる佳作だと思います。

2006年心に残った海外ドラマ

「デスパレートな妻たち」
とにかく面白い面白い面白い!!
上で書いた日本のドラマの全てを追い抜いて1位にできるくらいに面白いです。
サスペンス調のストーリーをベースに置きつつも、
主要人物たちの個性を存分に生かした魅力あるエピソードの数々に抱腹絶倒大爆笑。
現在放送中のパート2も毎回欠かさずに楽しんでいます。
4人の中ではリネットのエピソードが一番好き。

「デッド・ゾーン」
事故で超能力を身につけてしまった男の苦悩を描く作品。
レンタルでひっそりと楽しんでます。
S・キングの原作とそれを80年代に映画化した作品はどちらもかなりの名作なんですけど
このTVドラマ版も負けず劣らずの面白さ。
1話完結スタイルなのも良いです。
皆さんも騙されたと思ってレンタルで1つ借りてみてみてください!!かなりオススメ!

「The Office」 (レビューはコチラ
最初はとっつきにくいものの、一度ツボをつかむと、ただひたすらに面白い!!

2006年心に残ったTV番組

「サラリーマンNEO」
単独のSP番組だったときからずっと好きだった番組が今年はレギュラー化。
狂喜乱舞ですよ。毎回毎回録画してましたよ。

* * *

2006年心に残ったピアノ曲

ひっそりとピアノを習い続けてます。今年は実はあまり弾けなかったんですが、今年練習した曲の中からお気に入りを選びますと・・・

1.「平均律クラヴィア曲集第1巻 第5番」 バッハ
このフーガがたまらなく好きです。静かなんですけど、ドラマチックで暖かく優しい曲。

2.「ベルガマスク組曲」より『パスピエ』 ドビュッシー
次々と表情を変えていく展開がなんとも楽しい1曲でした。

といったところでしょうか。

* * *

2006年心に残った展覧会

「ディズニーアート展」 (レビューはココ
なんてたって2回も観にいきましたからね!
入ってすぐにある「わんわん物語」のストーリーボードに魅せられて
最後の展示まで何時間もかけてじっくりと見てしまいました。

あと、地元であったクレーの展覧会なんかも印象深かったです。
本当はダリ行きたかったのに、体調崩してる間に終わってしまいました・・・。

* * *

2006年心に残った舞台

「エドワード・シザーハンズ」 (レビューはココ
正直ダンスミュージカルなんて途中で眠るかもと思っていたんですけど
そんなことは杞憂に終わり、とても楽しんでしまいました。
前から2列目、ダンサーの息遣いまでもが聞こえる席も最高でした。

来年も気になるミュージカル来日公演が色々あるんですよねー。
見たい見たい見たい!!!

|

« 映画「ラヴェンダーの咲く庭で」 | トップページ | 06年いろいろ大賞(音楽部門) »

2006年色々大賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/13264924

この記事へのトラックバック一覧です: 06年いろいろ大賞(その他部門):

« 映画「ラヴェンダーの咲く庭で」 | トップページ | 06年いろいろ大賞(音楽部門) »