« 名古屋 | トップページ | 「雪沼とその周辺」 堀江敏幸 »

2007年9月30日 (日)

映画「クローサー」

クローサー

closer

2005年

ここのところ忙しくて、レビューが滞ってました・・・。これも観たのはちょっと前です。さてさて、ちょっと今さら感もあるんですが、やはり話題作だったので、観ておこうかなぁと思って観てみました。ロンドンが舞台だし。

主人公ダン(ジュード・ロウ)は、小説家を夢みて新聞社に務めているが、死亡欄担当するのが現実。彼はある日、街でアメリカ人の少女アリス(ナタリー・ポートマン)と出会い、一緒に暮らし始める。それからしばらくして、本の出版が決まったダンは、写真撮影のために訪れたスタジオで知り合った大人の魅力を持った女性写真家のアンナ(ジュリア・ロバーツ)に一目ぼれ。アンナもダンのことを気に入るが、アリスの存在を知り、一線を踏み出すことはなかった。あるとき、ダンはアンナを名乗りインターネットのエロチャットを楽しみ、そこで、医師のラリー(クライヴ・オーウェン)と水族館での待ち合わせをでっちあげる。ところが、訪れた水族館でラリーは本物のアンナと出会ってしまい、やがて、ラリーとアンナは付き合うように。やがて、ダンとアンナが再会したとき、この4人の男女の運命の糸は激しく絡み始めるのであった・・・。

R15指定になってるんですけど、理由はエロチャットのシーンがあるからでしょうね。しかも無駄に長いし、生々しい。メインの4人以外は登場人物がいないに等しい作品で、場面転換も激しくないので、もしやと思ったら、やっぱり舞台がオリジナルでした。

なんかね、4人の気持ちのすれ違いというかなんというか、4画関係ものなんだけど、どうも感情移入できるキャラクターがいないし、みんなが騙しあってるような感じもあって、本心がなかなか見えてこないだけに、色々と難しい作品でした。

4人の中では、ストリッパーという設定のナタリー・ポートマンは社会的な地位は一番低いのかもしれないけれど、人間としての生き方という面では彼女が一番しっかりしているなぁと思いましたね。最後も彼女の選んだ選択が一番賢いと思ったし。でも、彼女は最初から常に逃げ場を用意していたからなぁ・・・。

要は、ダンとアンナがはっきりしないのが悪いよね。アリスとラリーは2人ともずっと一途だけど、ダンとアンナが変に揺れるから話がややこしくなるわけですよ。でも、彼ら、4人とも何でもかんでも隠し事をしないというかなんというか、色々と話過ぎちゃって、それも変に話が複雑になる原因になってましたよね・・・。

アンナも最初は良識があると思わせつつ、妙なそぶりが多すぎ!

ダンに関してはもはやコメントのしようがないですよ。ようは彼は「子供」なんだよね。そのときの自分の気持ちばかり。ラリーは一見普通だけどさ、結局はエロチャットに興じて、さらにその相手に会おうとするような男なんだよね。全員ツッコミどころ多すぎ。

豪華キャスト夢の共演でしたが、うーん、舞台の名作が必ずしも映画向きっていうわけではないんでしょうか。色々と難しい作品でした。ナタリー・ポートマン、大人になりましたよねー。レオン大好きな自分なので、彼女の成長は感慨深い。彼女、20歳前後の頃、猛烈に美人だったなぁ。

|

« 名古屋 | トップページ | 「雪沼とその周辺」 堀江敏幸 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/16623164

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「クローサー」:

« 名古屋 | トップページ | 「雪沼とその周辺」 堀江敏幸 »