« 「新アラビア夜話」スティーブンスン | トップページ | 「燃えるスカートの少女」 エイミー・ベンダー »

2008年1月16日 (水)

映画「虹の女神 Rainbow Song」

虹の女神 Rainbow Song

虹の女神 Rainboe Song

2006年

日本

ちょっと前にテレビで放送されたのを録画したのを観ました。なんとなく観たんですが、思ったよりもずっと面白かったです。

智也(市原隼人)は大学時代、片思いの彼女のバイト先にて、そのバイト仲間の佐藤あおい(上野樹里)と出会い、あおいに彼女との仲を取持って欲しいとお願いする。結局、その恋は成就しないのだが、智也はあおいに誘われて、彼女が所属する大学の映画サークルの自主制作映画に出演することになる。あおいは、恋多き智也の相談相手になりやがて映画が完成。そして、2人は社会人になるが・・・。恋人以上親友未満の2人を描く物語。

映画の冒頭で、葬儀の場面があり、そこから過去を回想する形式になっていて、最近よくありがちな所謂「純愛もの」なのかなぁと思わせつつ、特にそういうわけでもなく、感動的に盛り上げたりすることなく、淡々とした作品でした。結構好き。

特に主演の上野樹里が非常に良い。彼女は以前から好きな女優さんだけど、コメディエンヌという印象が非常に強くて、コメディ作品でのキラリと光る個性がとても好きでした。「スウィングガールズ」(レビュー)も「サマータイムマシーン・ブルース」(レビュー)も「亀は意外と速く泳ぐ」(レビュー)もみんな好きな映画です。しかし、今回は、ちょっと気の強い、だけれど、上手く思いを伝えられない不器用な女性を素晴らしいまでの自然さで熱演。とても「のだめ」と同一人物だとは思えません。

最近の日本映画によくある、やたらと自然さを強調した作品ではあるんですが、主演2人の嫌味のない不器用さがとても心地よくて、ハッピーエンドではないんだけど、とても爽やかな1本でした。

すぐに好きだとか何とか言って、イチャイチャしちゃうような欧米のロマンティックラブコメ(それはそれで面白いんだけど)の対極にあるような、鈍感だったり、素直になれなかったりで気づいときは取り返しがつかなかったり・・・という物語で、本当に「バカだなぁ」と思うんだけど、その気持ちもよく分かる、という作品でした。

あおいと智也が何気ない会話をする場面がいくつかあるんだけど、それがいちいち良いんだよね。こういう「空気感」がよく伝わってくる作品は結構好きです。

あ、妹役の蒼井優も相変わらず良かったですね。存在感がすごい。「亀は意外と~」で上野樹里と共演してるけど、そのときとはまーったく違う2人で、2人の演技力の素晴らしさに脱帽です。

相田翔子が演じる女性が非常に怖いね。こういう人絶対いる。気をつけよっと。

|

« 「新アラビア夜話」スティーブンスン | トップページ | 「燃えるスカートの少女」 エイミー・ベンダー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/17701692

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「虹の女神 Rainbow Song」:

« 「新アラビア夜話」スティーブンスン | トップページ | 「燃えるスカートの少女」 エイミー・ベンダー »