« 映画「g:mt」 | トップページ | 映画「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」 »

2008年2月28日 (木)

横山大観展@国立新美術館

Taikan

横山大観 - 新たなる伝説へ

@国立新美術館

公式サイト

友人が招待券をもらったということで、一緒に六本木まで行ってきました。

横山大観、名前も知ってるし、絵も見たことあるけど、彼が昭和まで生きていたということさえ知らないほど日本画に疎い自分なので(じゃぁ、西洋絵画は詳しいのかといわれれば微妙ですが)、教養のためにもとても良い機会になったと思います。

会期終了まで1週間を切っているため、かなりの混雑が予想されるということで、早めに会場入りしたんですが、10時開場のところ、9時50分くらいに到着して、まぁ、混んではいるけど、そこそこのところで入場できたのはラッキーでした。

上述のような有様なので、これだけの数の大観の作品を一度に鑑賞したことはなかったのですが、濃淡の使い方がうまいなぁというのが感想です。墨を薄くした灰色の濃淡が時には岩肌だったり、時には悪天候だったり、海だったり。それがちゃんと分かるんですよね。

逆に日本画を見慣れていないせいか、色彩豊かな作品の、緑や青の色が眼に飛び込んでくる感じにどうも慣れなくて、いまいちピンときませんでした・・・。しかし、売られていたポストカードで見ると、こういった作品はとても良い感じ。生とポストカードは大分印象が変わるなぁというのを再認識。

圧巻は40メートルの巻絵、「生々流転」をどどーんと広げて全部公開していたエリア。この美術館、見た目以上に広いんですね。移り行く景色の様々な表情がとても面白かったです。作品がある反対側の壁に同じく40mを使って、作品の解説パネルがあったんですが、その解説を、作品のほうにつけていただいた方が観ている側としては嬉しかったかなぁと。

あと、風景画の中に細かく描かれている動物やら人やらの表情のちょっとデフォルメされた感じが個人的にはツボ。(←明らかに見る場所を分かっていない素人)

そんなわけでしたが、会場を出ると、外には長蛇の列が・・・。朝一で行って正解でした。

それにしても、やはりというかなんというか、年齢層が弱冠高め。まぁ、平日の昼だしね。

今日は、さらに、そのついでに、同じ美術館で開催中の知人の作品も出展されている、某学校の卒業制作の展覧会にも行ってきました。丁度シーズンなのか、同様の展覧会を行っている学校が複数ありましたね。

学生さんたちの若さとアイデアが光る色々な作品が展示されていて、バリエーションの広さに驚き、センスの良い作品に釘付けになり、こちらもなかなか面白かったです。これだけ楽しめて無料で入れるというのも嬉しいですね。知人の作品も、きらりと光るアイデアが楽しめる作品でした。

1

この美術館は本当に写真映えしますよねぇ。
これだけガラスがあると、掃除はどうやってるんだろとか
ちょっと気になりますよね。

|

« 映画「g:mt」 | トップページ | 映画「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/40306849

この記事へのトラックバック一覧です: 横山大観展@国立新美術館:

« 映画「g:mt」 | トップページ | 映画「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」 »