« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月27日 (木)

「シュリーマン旅行記 清国・日本」 シュリーマン

シュリーマン旅行記清国・日本 (講談社学術文庫 (1325))

シュリーマン旅行記 清国・日本
(la Chine et le Japon au temps present)

ハインリッヒ・シュリーマン 
Heinrich Schliemann

講談社学術文庫 1998.04

旅行記を読むのは結構好きなんですが、これは、トロイアの発掘で有名なシュリーマンが1865年に清国と幕末の日本を訪れた際のことを書いた作品。

本の内容はタイトルのままなんですが、この本が面白いのは、シュリーマンの滞在目的が純粋な観光であるという点。商業的、政治的意図を持って江戸にやってきたわけではないということもあって、好奇心に満ちた着眼点で、自分の感じたことを素直にそのまま書いていて、容赦ない辛口批評あり、ものすごい勘違いあり、感動のあまり無駄にべた褒めありの無責任な旅行者だからこそ書ける旅行記で、特に、町民の暮らしが生き生きと描写されているのがとても面白い1冊です。

また、江戸に来る前に訪れた清国の印象が極めて悪かったためか、幕末日本をこれでもかというくらいに大絶賛して、褒めちぎっているのも特徴的。清国への厳しい眼差し、てか、もはや不衛生さに不快感を感じたことによる愚痴のオンパレードが前半にあるせいで、なおさら、後半の江戸絶賛っぷりが強調されているように感じます。やや上から目線な感じのコメントがたまにあるのも微笑ましいし。

ただ、ここで書かれている姿から、まだ150年も経っていないにも関わらず、現在の日本にはシュリーマンが絶賛した江戸の姿はカケラも残っていないように感じます。江戸から東京という名前に変わり、単なる欧米のコピーにすぎない街になってしまったのを知ったらシュリーマンはどのように感じるんだろうなぁなんて思いました。

続きを読む "「シュリーマン旅行記 清国・日本」 シュリーマン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

映画「ブルックリン物語」

movie movie

1978年

アメリカ

ちょっと前にテレビの深夜放送があったのを録画してたのを観ました。あまり前知識なしに観たんですが、はてさて・・・。

原題が示すように、古きよき時代の2本立て映画を意識して作られた1930年代のNYを舞台にした1時間弱の作品が2話収録(?)されている作品。最近の作品で言えば、「グラインドハウス」(USA版)みたいな感じの作品です、多分(←観てないからよく分からない)。

1話目は、盲目の妹の目の出術代をかせぐためにボクシングを始めた男が主人公で、隠れた才能が開花し、どんどん強くなっていくのだが・・・。という物語。

2話目は、余命わずかと宣告されたブロードウェーのプロデューサーが主人公で、彼の作る最後の作品の初演までを描く物語。

この作品、監督が「雨に唄えば」や「踊る大紐育」、「パリの恋人」、「シャレード」といった名作を数多く作っているスタンリー・ドーネン。主に50年代、60年代に名作を量産していた監督が、当時を懐かしく思い、わざと古めかしい演出をとったのか、それともそういう作り方しかできなかったのかは不明なのですが、78年の映画とは思えないくらいに、古めかしい作品だなぁという印象でした。

2話目のほうが断然に面白くて、流石は過去に名作ミュージカルをたくさん作っている監督だなという感じなんだけど、何せ尺が短いものだから、ストーリー展開も速いし、色々とつくりが甘い。2話目を2時間かけてじっくりとミュージカル映画として作ってくれたほうが嬉しかったかなぁ。素材が面白かっただけにね。

続きを読む "映画「ブルックリン物語」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

「泣かない女はいない」 長嶋有

泣かない女はいない (河出文庫 な 23-1)

泣かない女はいない

長嶋有

河出文庫 2007.10  

そういえば発売日に買ったのに読んでなかった1冊。長嶋作品は結構どれも好きなんですが、何でか読むのが遅れてしまいました。

舞台は1999~2000年の大宮。大手電気会社の下請けで伝票整理やら倉庫管理やら物流の中継をする小さな会社に勤めることになった女性を主人公に、会社での人間模様や同棲する恋人とのことなどを描く表題作と、愛人のもとに通う夫が延滞したAVを返しに行くことになった主婦を描く「センスなし」の2作品を収録。

どちらも面白かったのですが、個人的には表題作のほうが好きかなぁ。

ひと言で言うと、「乾いた」という形容詞がとても似合う作品だなぁと。主人公の人を距離をとるような人間関係の築き方、ものの感じ方がとてもドライ。ちょっとダメな雰囲気をかもし出している小さな会社の社員たちは、人間味のある面白い人々だけれど、主人公のフィルタを通して描かれる物語なので、全体的にはとても乾いた印象の物語になっています。この人の作品は、語り手のフィルタを通して世界を見せてくれるのが非常に上手いんですよね。

淡々としているんだけど、小さな描写がとてもスリリングとでも言いましょうか、さらりとした日常のありきたりの風景の中に、ドラマをググッと詰め込むような書き方(しかもそれをそうと感じさせない)がとても上手だなぁと思います。

なんてことない作品な感じがするのに、読後の印象がやたらと強く残るのは「タンノイのエジンバラ」を読んだときと一緒です。

続きを読む "「泣かない女はいない」 長嶋有"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年3月19日 (水)

映画「魔法にかけられて」

魔法にかけられて オリジナル・サウンドトラック

enchanted

2007年

アメリカ

僕がひっそりと(?)ディズニー愛好家であることは、普段はとりたててこのブログで話題になることもないのですが、この映画だけは熱くならざるを得ません。製作の噂をネットで読んで知ったのは5年以上前じゃないのかなぁ。それからずーーーーーーーっと楽しみにしてた作品です。

主人公はアニメーションの世界、おとぎの国のアンダレーシアで、森の動物達と暮らし、素敵な王子様との出会いを夢みながら歌を歌うジゼル。ある日、夢に見た王子エドワードと出会い、すぐに恋に落ちた2人はそのままお城で結婚式を挙げることに。ところが、王子が結婚して王座を追われることを危惧した継母(実は悪い魔女)がジゼルを井戸に突き落としてしまう。

井戸に突き落とされたジゼルがたどり着いたのは現代のNY。何も分からずに街を彷徨い、お城を探すジゼルは、幼い娘を男手1つで育てている離婚弁護士のロバートと出会う。やがて、そこに、ジゼルを探してエドワード王子もNYへたどり着き、魔女の命令でやってきたナサニエルも交えて、おとぎの国の住人たちがNYで騒動を巻き起こすという物語。ストーリー的には「白雪姫」と「眠れる森の美女」がリミックスされた感じです。

ディズニー映画の中の「常識」をそのまま現実世界に持ってくると、どうなるのか。プリンセスは単なる不思議ちゃんなのではないかという、究極のつっこみをディスニーが自ら下す意欲作でしたね。それでいて、それをしっかりと「ディズニー映画」として成立させているのが、他ではマネできない技ですね。

おとぎの国の人々のアニメならではの動きを見事に再現してくれたキャストたちの熱演もあって、アニメの動きを現実世界でやられると、単に挙動不審な怪しいお姉さん(てかエイミー・アダムスは30歳過ぎてるんですね)&おっさんになってしまうという自虐的パロディがとにかく面白い。そう考えると、現実世界にありながら、このおとぎの国的な非日常を皆が自然に受け入れて満喫しているディズニーランドって実は本当に「夢と魔法の王国」なんじゃないかと思ってみたり。

てか、この作品さ、「ディズニー」というブランドを自ら「非現実」のものとして認めしてしまって、現実の世界にディズニー的世界は存在しないってことを大胆にアピールしてしまってるのはちょっとどうなんですかねぇ。

ストーリー的に、もうちょっと毒のある笑いを入れてくれたほうが楽しめるかなぁとか、エドワードとのデートシーンをもうちょっと効果的に使ったほうが終盤の流れが上手く運んだじゃないかとか、やや物足りなさは残るものの、僕は満足ですよ。はい。あ、掃除のシーンのあの生き物達はちょっとやり過ぎ感があってビジュアル的にきつかったけど。

ラストも女性の皆さんには「待ってました」といわんばかりの展開だったんじゃないでしょうかね。時代ですねぇ。

続きを読む "映画「魔法にかけられて」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年3月15日 (土)

映画「ラスト・キング・オブ・スコットランド」

ラストキング・オブ・スコットランド

the last king of Scotland

2006年

アメリカ

昨年のアカデミー賞で主演男優賞を受賞した作品。原作の小説もちょっと気になっている作品で、ちょっとハードな人間ドラマなのかなぁと思って、観るのをやや躊躇してたんですが、いざ観てみたらあっという間でした。

1970年台初頭、医学校を卒業したばかりのスコットランドの青年ニコラス・ギャリガンは、どこか新しい土地へ行こうとそれとなしに地球儀を回し、ウガンダの田舎町の診療所で働くことになる。折りしもウガンダでは、前政権が倒れ、アミン大統領による軍事政権が発足し、街は新政権への期待でにぎわっていた。

そんなある日、ニコラスは、ひょんなことから、遊説に来ていたアミン大統領の怪我の手当てをすることになり、それをきっかけに大統領の主治医として、彼の側で過ごすようになる。「人食い大統領」として知られるようになり、アフリカ史上でも悪名高い独裁政権を主導した実在の大統領の姿を、彼の側近であったスコットランド青年の視点から描く。

予想以上に面白い作品でした。エンタメとシリアスの度合いも絶妙だし、内容も重厚だし、何より俳優が良い。ラストのほうは痛い場面が多くて、しかも外は雷が酷くて、ちょっと怖かったです・・・。

いやはや、とにかくアミン大統領を演じるフォレスト・ウィッティカーが素晴らしい。人懐っこい表情、独裁者としての恐ろしい表情、孤独を隠し力を見せる表情などがこれでもかというくらいに伝わってきました。しかも、それが表情だけでなく、画面を通して、すさまじいまでのオーラで伝わってくるんです。オスカー獲得も納得。

一方のニコラス青年。もうね、若気の至りというかなんというか。若いってことは怖いですね。70年代初頭の設定ですが、ニコラスの、なーんにも考えてません的な行き当たりばったり、怖いもの知らずで、とりあえず自分が楽しければ良いし、嫌になれば帰れば良いんだし、ってのが見え見えな姿が現代の若者にも共通するなぁと。彼だからこそ、アミンに近づけたんだろうし、彼だからこそ、終盤の悲劇もあったんだろうしで、見ようによってはただのバカな若者でイライラするかもしれませんが、個人的には、彼の若さは理解できるし、やはり彼というキャラがいなければこの作品は成立しないと思います。

続きを読む "映画「ラスト・キング・オブ・スコットランド」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

「夫婦善哉」織田作之助

夫婦善哉 (新潮文庫)

夫婦善哉

織田作之助

新潮文庫  

この前に読んでいたイシグロの「充たされざる者」があまりにハードだったので、今度はサクっと読めるものをと思い、積読されている本を眺めていたところ、オダサクが目に飛び込んできたので、読んでみることに。

収録されているのは「夫婦善哉」、「木の都」、「六白金星」、「アド・バルーン」、「世相」、「競馬」の6作品。短編の名手ということで、どれも読み応えのある作品ばかりです。

どれも大阪を舞台に、昭和前半の人情劇を描いているんですが、驚くべきは、作品の大半が戦時中に書かれているということ。戦争の影を感じる部分がたまに見えることもあるんですが、全体を通して、ほっこりとした感じで、それを感じさせない作風なのが面白いです。

関西弁を使って書かれた文体や(当時の流行言葉なんかも使っていて、現代ではよく意味の分からない言葉もちらほら)、ちょっと洒落っ気のある言い回し、短いながらに波乱万丈なストーリー、憎めないダメ登場人物たちがどれも良い感じでなかなかお気に入りでした。

以下作品ごとにちょこっとコメント。

続きを読む "「夫婦善哉」織田作之助"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

映画「舞妓Haaaan!!!」

舞妓Haaaan!!!

舞妓Haaaan!!!

2007年

日本

宮藤官九郎が好きです。ドラマはほとんど見てます。そんでもってクドカン作品に出ている阿部サダヲも好きなんです。そんなわけで、これは公開時からとても観たかった1本。

主人公の鬼塚公彦(阿部サダヲ)はカップ麺製造会社に勤めるサラリーマン。高校時代に修学旅行で訪れた京都にて舞妓たちの美しさにはまってしまい、現在では、舞妓をおっかけては自身のHPでそれを公開する日々を送っていた。

そんな折、鬼塚は左遷先として名高い京都支社への転勤が決まるが、舞妓の聖地への転勤とあって一人大喜び。恋人の富士子(柴咲コウ)にも別れを告げて、長年の憧れであったお座敷遊びに思いを馳せるのだが・・・。

鬼塚のライバルとなるHPの掲示板を荒らす野球選手の内藤(堤真一)や、鬼塚の務める会社の社長(伊東四郎)や上司(生瀬勝久)、舞妓さんたちといった様々な人間たちとのドラマを絡めながら展開する超ハイテンションコメディ。

前半のひたすらテンションの高い阿部サダヲの力技的なコメディシーンは、クドカン好きなら文句なしに楽しめるんですが、中盤以降、なんか物語が思わぬ方向に展開し始めて、最終的になんだかよく分からないテンションになり、ぐだぐだになってしまったような感じが・・・。

クドカン作品ってドラマだと、序盤に導入的にドタバタがあって、中盤に核となる事件が起きて、終盤、事件が解決してちょっとホロリする人情ドラマがあって、最後に落とすってのが大きなパターンだと思うんですが、45分のドラマだとそれで良いんですが、この作品は2時間かけてそれと同じ展開になってしまったので、中盤~終盤がどうしても長く感じられてしまいました。

なんだか詰め込みすぎ感が否めないので、むしろ連続ドラマでやったほうが面白かったかもしれませんね。

しかし、「舞妓」の撮り方が豪華絢爛な感じで、「SAYURI」に負けず劣らずの華やかな映像が多かったので、観ていてなかなか楽しかったです。

続きを読む "映画「舞妓Haaaan!!!」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

「充たされざる者」 カズオ・イシグロ

充たされざる者 (ハヤカワepi文庫 イ 1-5)

充たされざる者
(the unconsoled)

カズオ・イシグロ 
Kazuo Ishiguro

ハヤカワepi文庫 2007.05

イシグロ作品は割と好きなので、結構前に買っていて、何度か読もうと試みたものの、ちょっと躊躇してしまう1冊でした。その理由はなんといっても文庫の限界なのでは?と思うくらいの厚さ。950ページ近い作品で、片手持つと普通に手が痛くなります。

主人公は世界的ピアニストのライダー。演奏会を開くためにとある街に招待されたやってきた彼だったが、本番の日程以外の滞在中のスケジュールなどはどうもはっきりとしない。街をあげて彼の滞在に歓喜しているらしく、人々はライダーに出会うと、色々なことを話しかけてくる上に脈絡のない身の上相談を持ちかける始末。彼が肝心の演奏会に関しては何も分からないまま、街の人々に翻弄されていく姿を描く作品。

この物語で面白いのは、ライダーが出会う人々が、どうも初めて会ったような気のしない人物ばかりで、いつの間にやら、その人物とライダーの過去の思い出が繋がっていったり、街の空間がなにやらねじれた感じになっていたり、全体的に「夢か現か」という感じで物語が展開していくところ。

でもってそのせいでものすごーく不条理な展開の連続だし、人々の台詞がいちいち長くて読みづらかったりで、1冊900ページ以上の厚さがある上に、内容までもが非常にハードで、もはや、この文庫本の厚さも作品の不条理さをより強く実感させるための演出なのではないかと思ってしまうくらいでした。つまらなくはないんだけど、とーっても疲れる1冊。

いつまでたっても進まない物語と、「いい加減にしろ!」と思わず突っ込みたくなるような人々の長い長いお話&相談の数々に(てかもはやそれしかない物語だし)、カフカの「城」を感じさせるんですが、まだ「城」のほうがストーリーがあったような。主人公もお人よしにもほどがありますね。

続きを読む "「充たされざる者」 カズオ・イシグロ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

企画「自選 世界文学全集」

いつもお世話になっているP&M Blogのpiaaさんが池澤夏樹が選者になって刊行中の世界文学全集に寄せて、このような記事を書かれていました。自分が世界文学全集を作るならというのはなかなか面白そうなので、ちょっと便乗してみたいと思います。

せっかくなので、20世紀以降の作品で、なるべくジャンルと国に幅が出るようにして選んでみたいと思います。ただ自分の読書量がそれほど多くないので、かなり偏りがある全集が出来上がると思いますが・・・。しかも文庫派なので、どれもこれも文庫で手に入るものばかりなので、ちょっとつまらない感じになってしまいましたね。

一応テーマは「20世紀」。

続きを読む "企画「自選 世界文学全集」"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年3月 5日 (水)

08年1月2月に聴いたCDから

昨年の途中から書くの大変だからちょっと中断してたんですが、やっぱり個人的なメモとしても残しておいた方が役に立つので、復活させました。

といいつつ、1月、2月は特に個人的な注目作品があったわけではなくて、過去に買ったCDのお気に入りを色々と聞くことのほうが多かったんですが。

・アーティスト名 「タイトル」 (発売年月)

・椿屋四重奏 「TOKYO CITY RHAPSODY」 (08/2)

・ウルフルズ 「KEEP ON, MOVE ON」 (07/12)

・Scouting for girls 「Soucting for girls」 (07/9)

・Jeepta 「シナリオ」 (08/1)

・サイモン・ラトル指揮 ベルリンフィル 
        「2007年ジルベスターコンサート 展覧会の絵」(08/1)

続きを読む "08年1月2月に聴いたCDから"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

「てるてるあした」加納朋子

てるてるあした (幻冬舎文庫 か 11-2)

てるてるあした

加納朋子

幻冬舎文庫 2008.2. 

ドラマ化もされた加納朋子さんの長編が文庫化しました。「ささらさや」と同じ街を舞台にして、登場人物も被っているということで、ちょっと楽しみにしていた作品です。まぁ、「ささらさや」自体はそれほど好きな作品でもないのですが・・・。

両親が夜逃げすることになり、ついていくことを拒否した結果、遠い親戚が住んでいるという佐々良という街に1人で暮らすことになった中学生の少女、照代が主人公。照代が暮らすことになった家の主は久代という老女。久代の周りには、彼女の女学校時代からの友人たちや、幼い子供を抱えた未亡人のサヤなど個性豊かでおせっかいな人々が出たり入ったり。孤独な日々を過ごす照代だったが、ある日、彼女は幽霊のような少女を目にし、携帯電話には謎のメールが届き始めて・・・。という物語。

「幽霊」となってますが、決してホラーではなくて、「ささらさや」がそうであったように、心温まるファンタジー風ミステリーになっていました。ただ、読む前は「ささらさや」同様に加納朋子の真骨頂でもある連作短編だとばかり思っていたので、長編だったのはちょっとびっくり。

果してこれがミステリなのかどうかさえ、終盤にならないとはっきりしないんですが、個性豊かな登場人物たちが繰りひろげる人情物語がなかなか面白くて、個人的には「ささらさや」よりもこちらのほうが好きですね。印象的な台詞があちこちに散りばめられていて物語が生きている感じがしました。

続きを読む "「てるてるあした」加納朋子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

映画「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」

Mr.Bean's Holiday

2007年

イギリス

公式サイト

「Mrビーン」は中学~高校の頃、テレビ放映されていたのを録画して、何度も繰り返し見たシリーズ。10年前の映画版も、クラスメイト10人近くでワイワイと観に行った思い出があります。そして、昨年、まさかの映画2作目が製作されました♪これは観るしかないでしょ。

ある日、ビーンは抽選でカンヌ旅行と副賞のビデオカメラが大当たりしてしまう。綺麗なビーチに行くのを楽しみに、ロンドンからフランスへとやってきたビーンは、ビデオカメラ片手に色々撮影しつつ、なんとか駅まで到着。駅にてちょっとしたハプニングを起こし、ビーンはロシア人の少年ステパンと出会い、自分のせいで父親とはぐれてしまった彼とともに、カンヌを目指してドタバタ道中を繰りひろげることになるが・・・。という物語。

まず、観終わった後の第一の感想。テディが出てこなかった・・・。

「Mr.ビーン」という作品としては、前作のほうが、TV版の延長的なドタバタ路線映画でしたが、映画として単独で見た場合、今作のほうが圧倒的に完成度が高かったように思います。前作はアメリカ舞台で作品全体もちょっとそんな感じだったけど、今回はフランス舞台でちゃんとヨーロッパな香り漂うコメディ映画だったしね。

ビーンのサイレントコメディが炸裂する中、ステパン少年やビーンが出会うフランス娘サビーヌ、ウィリアム・デフォー演じるナルシスト映画監督など魅力的なキャラクターが登場し、かなり楽しめました。そして何よりも良かったのは、この映画が映し出すフランスの風景の美しさ!これは本当に素晴らしかったです。こんなに気持ちの良い風景が観られる映画はそうそうありませんよ。しかもカンヌでの映画祭の場面は実際の映画祭で撮影しているんだそうで。

あと今回の映画、なんといってもステパン少年とサビーヌ嬢の笑顔が素晴らしい。観ているこちら側までパーっと明るい気分になれます。ステパン君を演じる少年がまた、ロー・ワン・アトキンソンに一歩も引けを取らない熱演なんだよね。

いや~、気軽にビーンで楽しもうと思ったのにさ、風景もキャラクターも素晴らしくて、普通にロードムービーとしての完成度が高い作品でしたよ。

「ビーン」シリーズはTV版から主演のローワン・アトキンソンと共同で製作にあたっているのが、「ノッティングヒル」とか「ブリジット・ジョーンズ」、「ラブ・アクチュアリー」なんかのヒット作の監督や脚本をしているリチャード・カーティスで、今回も製作総指揮を担当しているんですが、相変わらず良い仕事をしているなという印象です。

ビーンのギャグは前回の映画版がTV版の焼き直しが多かったのに対して、新ネタ揃いだったし、前作とは違って英語圏ではない国を舞台にしたことで、サイレントなビーンを楽しめるようになっていたしで、ギャグの面白さで言えば、ちょっとパンチが足りないような気もしたけれど、結構笑わせていただきました。VIPカードがかなり好き。でも「ビーン」としては、もうちょっと笑わせてもらいたかったかなぁって気もします。その点でいうと、この映画は、映画としてあまり綺麗に作りすぎていて、「ビーン」である必然性がちょっと薄まってるようにも感じられます。

続きを読む "映画「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »