« 映画「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」 | トップページ | 「デカルトの密室」瀬名秀明 »

2008年6月19日 (木)

映画「JUNO ジュノ」

JUNO/ジュノ

Juno

2007年

今年のアカデミー賞のダークホース的存在だった作品がついに公開になりました。日本では重々しいドラマの題材として扱われるような問題を明るく爽やかに描く作品ということで、ちょっと気になっていた作品です。

主人公ジュノは極普通の16歳の女の子。彼女は、近所に住む友人のポーリーとの何気ないはじめての経験で、妊娠してしまう。はじめは中絶を考えるジュノだったが、自分の中に芽生えた命を大切にしようと、子供を里子に出そうと決意し、フリーペーパーで見つけた養子を欲しがっている上流階級の完璧な夫妻マーク&ヴァネッサに連絡をいれるのだが・・・。

高校生の女の子が妊娠に気づき、出産するまでの1年間を、周囲の人々との温かなやりとりを交えてポップに描く作品。

予想通りにとても良い映画でした。インディペンデント系でアカデミー賞ノミネートということで、『リトル・ミス・サンシャイン』なんかともよく比べられてますけど、こちらのほうが僕は好きですね。

オープニングがとてもポップで、実写を取り込んだアニメーションで描かれるんですけど、最後までその雰囲気を壊すことなく、ティーンの少女に起こった出来事を暗くなることなしに、けれど、決して軽くなく描いた作品でした。このオープニング、結構好きです。

ちょっと背伸びした感じのジュノちゃんが、しっかりと前を見据えてまっすぐに自分自身を持っているんだけれど、養父希望の男との関係などに、彼女の子供っぽさもしっかりと描かれていて、思春期の主人公の描き方がとても好きな作品です。

ちなみにこの映画に出てくる男たちはみんな、これでもかってくらいに「お子様」というか、なんというか。どんな形であれ「母は強し」というのを実感させられる作品でもありました。ただ、男性目線で見ると、彼らの気持ちも分からないでもないので、この辺りのコメントは差し控えさせていただきます。(←ブーイングが怖い)

どうせ僕は、ドーナツも投げたいし(むしろ食べたいけど)、ロフトのある部屋に住みたい子さ。伝わらないかもしれないけど、彼らだって、彼らなりに一生懸命考えてるはず。と、フォローだけしてみた。

この映画の女性たちは皆、誰かのために生きることを選択しているんだけど、逆に男たちは常に自分のことばかりなんですよね。ただ、映画の最後近く、ポーリーがジュノのために行動するところに、彼の成長も感じられてちょっと微笑ましかったです。逆にマークは一体・・・という感じですが。

日本で同じテーマを扱うと、こうは描かないだろうなぁという、10代の妊娠という問題ですが、この作品のアプローチ、周囲の大人たちの理解の良さにちょっとビックリしちゃいました。逆に学校では色々とあったようだし、ジュノ自身も色々と考えるところがあったようなことを匂わせるけれど、その辺のシビアな面はほとんど描かずに、この作品で伝えようとする部分に焦点を絞ったのも面白いつくりだなぁと思いました。しかもそれでいて、性の問題を軽く扱っているわけではないのがこの映画の深いところなんでしょうね。

ただ、その辺を「甘い」と感じることも確かなので、全体的に、こういうできごとが美化されちゃった感じが強いのも事実だと思います。

演出面では、前面に出てくるやり取りの中ではなくて、ふとした瞬間に見せるちょっとした表情の中に、登場人物たちの本心を垣間見せてくれるのも良かったなぁと思います。

主演のエレン・ペイジは本当にはまり役で、なかなか素直に自分の心を見せない感じの斜に構えた思春期少女JUNOの喜怒哀楽を見事なまでに表現してましたね。ポーリーの家の前でパイプくわえて座ってる姿が結構好きです。

なんとなくアクション系のイメージの強いジェニファ・ガーナーも現代的な養母希望の女性を好演。壁紙の色のシーン、僕は彼女の夫目線で見てしまい、かなりツボでした。あと、ジュノの継母さん、「ザ・ホワイトハウス」の報道官ですよね!継母だからこそなんだろうけど、それでも彼女の温かさも良い感じでした。ジュノの親友も良かったし、なんか全体的に女性陣が輝いている映画でした。

音楽もベルセバとか使われてて、アコースティックな曲調が多くて好きな感じなんですが、キミヤ・ドーソンの"tire swing"って曲がかなり気に入っちゃいました。アメリカではサントラも大ヒットしたとのことですが、それも納得。

ちなみにこの作品でアカデミー賞の脚本賞を受賞したディアブロ・コディ。ブログの評判が良くて、脚本を書くことを勧められたという新人脚本家さんなんですよね。ブロガーの憧れですねぇ。

バーガー電話が個人的には結構ツボでした。まさか通話口もあそこについていたとは・・・。こういうデザイン電話ってやっぱり通話には不便なんだね。

<参考過去レビュー>

映画「リトル・ミス・サンシャイン」
この作品と同様のヒットの仕方をして、昨年のアカデミー賞で話題になったインディペンデント系作品。

|

« 映画「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」 | トップページ | 「デカルトの密室」瀬名秀明 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

P.S コメントもいただき、ありがとうございました。

投稿: ryoko | 2008年6月22日 (日) 19時20分

ANDREさん、こんにちは。
TBありがとうございました。
>ふとした瞬間に見せるちょっとした表情の中に、登場人物たちの本心を垣間見せてくれる
そうでしたね。マークとの関係がおかしくなって、家に帰って泣きじゃくるところなんて、いつも突っ張っているけれど16歳の女の子ってところが出ていて、愛しくなりました。

投稿: ryoko | 2008年6月22日 (日) 19時24分

>ryokoさん

こちらこそTB&コメントありがとうございます。

なんでも自分で決めることができて、
しっかりと自分の意思を持った強い子のように見えても、
やっぱりまだまだ16歳なんですよね。
そういう子が子供を生んでしまうってのは、
やっぱり日本だと重い作品にしかならない気がしますが、
この作品の爽やかな切り口はこれはこれでありだなぁと思えてよかったです。

投稿: ANDRE | 2008年6月22日 (日) 23時16分

こちらにもお邪魔します。
先ほどは届いたTB,今回は迷子になってしまいました。。。

わたしはご存知のような年齢と立場なんですけど、
男たちの気持ちがわからないではないと思いましたよ。
壁の色だってどっちだっていいし、
何でも「本によると」という言葉に不安も感じました。
でも、そんなところでしか情報や確信が得られない彼女が
ちょっと痛々しくもありました。

女は、自分の体型の変化と、胎内の成長と共に
母としての感情が自然に芽生えますが、
男性は、その実感も何もないまま、
いつ父親としての感情を抱くのだろうと、よく想像しました。
そういう意味では、
男性が父親になることのほうが難しいんじゃないか、と。

ジェニファー・ガーナー、実生活ではお母さんなんだな、と感じさせる、
子育て経験者ゆえの何気ない仕草が見えたのは、ご愛嬌でした。
といっても、これは未婚男性には見抜けないかも(笑)

投稿: 悠雅 | 2008年10月 8日 (水) 20時35分

>悠雅さん

コメントありがとうございます。
TB、反映させておきましたのでご安心ください。

映画の中で、男たちがあまりに不甲斐なく描かれていて、
きっとこれはダメ男として見られてるんだろうなぁなんて思いつつ
でも、彼らの気持ちはよーく分かるんだよなぁと思って観てました。

また自分に子供ができたりしたら変わるんですかねぇ。
ポーリーもちょっと成長してたようですし。

ジェニファー・ガーナーに子育て経験者の仕草を見出されたとは
もう流石としか言いようがありません。
自分、全く持って、なーんにもそんなものには気づきませんでした・・・。
どんな仕草なのかが気になります。

投稿: ANDRE | 2008年10月 8日 (水) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/41581536

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「JUNO ジュノ」:

» JUNO ジュノ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『そのつもり。』  コチラの「JUNO ジュノ」は、アメリカでわずか7館での公開から、女子高生のジュノ(エレン・ペイジ)の妊娠と同じように”予期せぬ”大ヒットとなり、ついにはインディペンデント映画としては最大の1億ドルヒット、全世界ではなんと2億ドルヒットと....... [続きを読む]

受信: 2008年6月22日 (日) 18時53分

» ジュノ JUNO [映画の話でコーヒーブレイク]
アカデミー賞複数ノミネート、最終的には脚本賞受賞の本作、前評判も良く 公開されたら見に行こう{/m_0086/}楽しみ〜と思っていたのに・・・ いつの間に公開始まっていたの{/panda_2/}? というわけで、レディースデイに{/dododo/} @@@@@@@@@@@@@@@@@@       ジュノ        JUNO @@@@@@@@@@@@@@@@@@ 主人公の名前「ジュノ」はローマ神話のジュピターの妻、光・誕生・女性・結婚の女神、 ギリシャ神話ならゼウスの妻ヘラということにな... [続きを読む]

受信: 2008年6月22日 (日) 19時17分

» 「 ジュノ / JUNO (2008) 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
【ジュノ】2008年6月14日(土)公開 監督 : ジェイソン・ライトマン ... [続きを読む]

受信: 2008年6月22日 (日) 22時41分

» ★「JUNO/ジュノ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の週末レイトショウは・・・ 巷では「インディ・ジョーンズ〜」の先行上映がやってるけど・・・ 前売り券1300円で買っちゃったし・・・ 14日はTOHOシネマズは1000円の日だし・・・ オスカーの脚本賞を受賞した本作を先に観る事に。... [続きを読む]

受信: 2008年6月22日 (日) 22時59分

» 「JUNO/ジュノ」主人公の存在が映画を面白くする [soramove]
「JUNO/ジュノ」★★★ エレン・ペイジ 、マイケル・セラ 、ジェニファー・ガーナー 主演 ジェイソン・ライトマン 監督、2007年、アメリカ、96分 主人公のジュノは16歳の高校生、 たった一回のSEXで妊娠してしまう。 中絶しようと行った病院の入り口で ...... [続きを読む]

受信: 2008年6月23日 (月) 07時33分

» 「JUNO/ジュノ」 [アートの片隅で]
「JUNO/ジュノ」の試写会に行って来ました。 アカデミー作品賞にノミネートされた作品です。 「ノーカントリー」 「つぐない」 「フィクサー」 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 などの他のノミネート作品は、いかにも玄人好みといったセレクトなのに対して、何故この作品がノミネートされたのかが不思議でした。 「まぁ、ひとつくらい若者に受けた映画を入れときますかぁ」という感じだろうね(^o^) 上記のノミネート4作品は、どれも私的には、イマイチな作品ばかり、、、案外この映画が一番面...... [続きを読む]

受信: 2008年6月23日 (月) 11時32分

» JUNO/ジュノ [サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画]
     = 『JUNO/ジュノ』  (2007) = パンクロックが好きで、クールな性格の女子高生ジュノ(エレン・ペイジ)は、親友のブリーカー(マイケル・セラ)と興味本位のセックスをしたがために、「妊娠」をしてしまう。 中絶を思いとどまったジュノは、友達のリア(オリヴィア・サールビー)に協力してもらい、養子を希望している夫婦を探すことにする。 理想的な夫婦を見つけたジュノは、彼らに生まれ来る赤ん坊を「プレゼント」すると決めるのだが・・。 {{{: 製作国..... [続きを読む]

受信: 2008年6月29日 (日) 15時10分

» JUNO/ジュノ すべてはピンクの+から・・・・! [銅版画制作の日々]
ジュノクッキー♪鑑賞したらもれなくもらえます(*^_^*) ということで、6月16日京都シネマにて鑑賞しました。 観れば、きっと好きになる! う〜ん、別にそこまで思いいれするほどではありませんでしたが。アメリカでも、16歳で妊娠というのはやはりセンセーショナルな事件のようですね。そういえば最近ネットの記事で読んだのも、アメリカで妊娠したティーンエイジャーの同じようなお話。何でもそういう子ばかりが集まり、助け合うとか?そんな内容だったかな。 ジュノ(エレン・ペイジ)、16歳の彼女は友だち以上恋人... [続きを読む]

受信: 2008年7月 3日 (木) 21時08分

» 『JUNO/ジュノ』 [cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー]
せっかくの映画の日で、明日は休み。仕事が遅番とはいえ映画を観ずに終わるのはもったいないでしょーと思って、シネ・リーブル池袋でやってた『JUNO/ジュノ』をレイトショーで観てきました。 わずか16歳にして予期せぬ妊娠という事態に直面したヒロインが、中絶や養子縁組と... [続きを読む]

受信: 2008年7月 5日 (土) 00時27分

» JUNO/ジュノ [ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!]
この子は大物だねw 余裕のお気楽妊娠生活の顛末 [続きを読む]

受信: 2008年7月 6日 (日) 09時21分

» JUNO/ジュノ [悠雅的生活]
16歳。産む。でも、母にならないという選択。 [続きを読む]

受信: 2008年10月 8日 (水) 20時14分

« 映画「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」 | トップページ | 「デカルトの密室」瀬名秀明 »