« リンクに関して | トップページ | 「トム・ゴードンに恋した少女」 スティーブン・キング »

2008年6月 8日 (日)

映画「4分間のピアニスト」

4分間のピアニスト

vier minuten

2006年

ドイツ

昨年、ピアノ関連の映画が相次いで公開されていたのですが、その中でもとりわけ気になっていた1本。自分も趣味でピアノを弾くので、こういう映画はやっぱり気になってしまいます。DVD化されたということで、早速観てみました。

刑務所にピアノの教師としてやってきた老婦人クリューガーは、そこで、天才的なピアノの才能を持った受刑囚のジェニーと出会い、彼女にピアノのレッスンをつけ、コンクール出場を目指し始める。暴力的な性格で問題ばかり起こすジェニーと、若き日にナチスの収容所に務め、辛い分かれを経験していたクリューガーの孤独な2人は次第に打ち解けていくのだが・・・。という物語。

ピアノ演奏シーンがかっこいいです。特に序盤に弾くロック調の曲がかなり好き。あと、モーツァルトのソナタが大活躍なので、それだけで嬉しかったです☆

さて、この映画、個人的には色々と痒いところに手が届かないような感じでした。とりわけラストシーンがちょっと不満。なんだか中途半端というかなんというか、結局、冒頭の状況から何も改善されてないような気がしたんですが、どうなんでしょうかね。

あとは2人の過去がもうちょっと上手くからんでくると良かったかなぁ。

思った以上にシリアスな作品で、ずっと独特の緊張感が続く作品なので、見るにはそれなりの覚悟が必要ですが、主演2人の圧倒的なまでの重厚な演技は本当に素晴らしくて、見ているだけでぞくぞくしちゃいました。

さて、ちょっと不満だったと書いたラストですが、以下ちょっとネタバレなので反転させてどうぞ。

個人的には、あそこで、あの演奏は「なし」だと思うんです。いや、確かに凄い演奏だし、グッと迫るものもあったんですけど、ああいう演奏ではなくて、もっと普通のクラシックの曲を演奏して、その中に全ての思いをこめるってほうが好きだなぁと。

見ていて、ちょっと楽器が痛そうなのが気になってしまったというのもあるんですが、あのスタイルの演奏で彼女の思いを表現するなんてのは、ちょっとありきたりですよね。あそこで、彼女が物凄い執念のシューマンを弾いたほうが、かっこよかったと思うんですよねぇ。

ただ、それをするには、相応の腕を持ったピアニストさんが吹替えをしなきゃだめなんですけど、ジェニーの魂を全て背負った感情を再現できるように弾くことのできるピアニストを探すのは、恐らくかなりの困難だと思われるので、結局は、あのラストに逃げるしかないのかなぁとも。うーん、難しい。

ちなみに、オープニングとエンディングがモーツァルトのソナタ、K332の第2楽章でしたね♪このソナタ、モーツァルトの中でも一番好きで、この第2楽章も大好きな曲だったので、もうオープニングでいきなりこれが聞こえてきただけで、テンションが上がってしまいました。しかも、エンディングでまた流れた日には、もうたまらないっす。

あと、同じくモーツァルトのK331の第1楽章をオルガンで弾くとやたらと合うことが発覚。この場面、ジェニーが一緒に手を動かして弾いてるんですけど、実は見ながら僕も手が動いてました。自分が弾いたことある曲って、流れてると、一緒に手が動いちゃうんですよね・・・。

|

« リンクに関して | トップページ | 「トム・ゴードンに恋した少女」 スティーブン・キング »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/41451167

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「4分間のピアニスト」:

» 6/8 4分間のピアニスト(’06) [KYOKO〓]
先日新作DVDリリースのクリス・クラウス監督のドイツ作品。日本では昨年公開、無実の罪で女子刑務所に服役する天才的ピアノの才能を持つ少女と、かつて名ピアニストだった老女ピアノ教師との、葛藤、愛情の物語。 全体に抑えたトーンの映像、老教師が、少女の並ならぬ才能を開花させようと近付くものの、刑務所、という音楽に打ち込むには波紋の多い場、様々な過去の傷を負って、日常でも音楽に対しても、感情の激しさを露にする野生児のような彼女との、バトルのような日々。 ナチス時代の経験等、自分の波乱の年輪を秘めた教師役、... [続きを読む]

受信: 2008年6月 8日 (日) 18時33分

« リンクに関して | トップページ | 「トム・ゴードンに恋した少女」 スティーブン・キング »