« 映画「インディ・ジョーンズ最後の聖戦」 | トップページ | 映画「俺たちダンクシューター」@試写会 »

2008年7月16日 (水)

映画「猫の恩返し」

猫の恩返し/ギブリーズ episode 2

猫の恩返し

2002年

日本

ジブリ作品はほとんど観ているのですが、その中でも珍しく今まで観てなかった作品。先日テレビ放映されたものを観ました。

主人公のハルはある日、道路でトラックに轢かれそうになった猫を助ける。その晩、猫の行列がハルの家の前に訪れ、猫王が王子の命を救ってくれたお礼をすると告げられ、翌日、大量のまたたびや、ネズミなど猫流のお礼が贈られてくる。さらに、猫王がハルを王子の結婚相手として迎え入れることを決め、ハルは猫の国に連れて行かれそうに。困ったハルは突如聞こえてきた声に従い、猫の事務所に助けを求めるのだが・・・。

これ、「耳をすませば」のスピンオフなんですよね。「耳すま」は結構好きなので、イラストのタッチが違うところが受け入れられず、当時観なかったんですが、ま、別物の作品として捉えれば、その辺はOKです。「耳すま」の曲が時折挿入されている音楽は結構好きです。

ただ、物語にあまりに既視感がありまして、助けたらお礼に無理矢理結婚させられそうになるって話は割と童話の定番ですよね。こういう自己中心的な人たちに好かれてしまうってのは本当に怖いです。子供向けなテイストの作品ではあるけれど、ストーリーは結構ダークで面白い。

物語としてはバロンのかっこよさをこれでもかとばかりに描く感じですが、「耳をすませば」のバロンのほうが個人的にはかっこよかったと思います。「耳すま」でバロンと空を飛ぶシーンはかなり好き。

既視感といえば、「猫の事務所」はまんま宮沢賢治だし、ハルとバロンが逃げるのを我侭な王が追うってのは「王と鳥」を彷彿とさせましたね。色々な物語の要素を上手い具合に取り入れてるといえば、聞こえが良いけれど、もうちょっと独創性が欲しかったかなぁと。

主人公ハルの声が池脇千鶴なんですが、しゃべるたびに池脇さんの顔が頭に浮かんでしまって、映像とのアンバランスな感じが最後までしっくりとこなかったのが残念。

逆に山田孝之がメチャメチャ上手い!王子が彼だとはエンディングで名前を見るまで全く気づきませんでした。声優業向いてるんじゃないでしょうか。

あと、濱田マリが、彼女と分かる声ではあるんだけど、なかなか良い感じで役にはまっていたと思います。

最後に、

僕も特製ブレンドの紅茶でシフォンケーキが食べたいです!!もちろんクリーム付。

|

« 映画「インディ・ジョーンズ最後の聖戦」 | トップページ | 映画「俺たちダンクシューター」@試写会 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

しょうがないなぁ。
でもあの体の大きさからいって、かなり小さめの一切れになると思いますが…(笑)。

投稿: とも | 2008年7月17日 (木) 01時10分

>ともさん

猫の国行っちゃえば、体小さくなるから!!

投稿: ANDRE | 2008年7月17日 (木) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/41879480

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「猫の恩返し」:

« 映画「インディ・ジョーンズ最後の聖戦」 | トップページ | 映画「俺たちダンクシューター」@試写会 »