« 映画「ゼロ時間の謎」 | トップページ | 映画「アクロス・ザ・ユニバース」 »

2008年8月13日 (水)

映画「崖の上のポニョ」

崖の上のポニョ サウンドトラック

崖の上のポニョ

2008年

日本

ジブリの宮崎駿最新作です。あのテーマ曲が頭から離れず、ついに劇場まで足を運んでしまいました。もともと観る予定だったけど。久々に記事が激長なので、適当に流しながら読んでください。

主人公はデイサービスで働く母親のリサと貨物船の船長をする耕一を父に持つ5歳の少年、宗介。ある日、町から離れた崖の上に建つ自宅近くの海辺で人のような顔を持つ小さな魚を発見し、彼女にポニョという名前をつける。海底に暮らすポニョの父親のフジモトは地上に出てしまったポニョを海に連れ戻そうとあの手この手で宗介に近づくのだが・・・。

そして、魔法後からで人間になり、宗介のもとにいたいと願うようになるポニョが巻き起こす騒動とは。という物語。

はじめに言いますが、僕は「ジブリ世代」といっても良い世代で、小学校の頃に、「トトロ」~「豚」の5作品が公開され、今でも自己紹介代わりに「好きなジブリ何?」という話題で皆が盛り上がれる環境で育ちました。

で、まぁ、周囲で共通する意見は、「近年のジブリはちょっと・・・」というものなんですが、今回のポニョはどうやら様子が違う感じだということでかなり期待してました。ちなみに一番好きなのは「ラピュタ」&「魔女」がほぼ同率。

しかーし、今回の宮崎監督、80年代を軽く飛び越えて、「パンダコパンダ」時代まで遡ってしまいましたね・・・。でもって、近年のメッセージ性の強さもちらほら見え隠れ。

観ながらストーリーの色々な部分に疑問を感じてしまい、とりわけ、未曾有の大惨事が起きていて、死者さえいるのではないかという状況を、あまりにのほほんと描いているのが気になってしまった自分は、きっと「子供」の視点を持ってないんだろうなぁと思ってしまいました。

ま、小学生時代から僕はそういうのを気にして突っ込むタイプの子供だったけど・・・。「え、水道水?」とか、「あれ、帽子も?」とか確実に突っ込んだだろうね。

でもね、ポニョはとにかく可愛い!ずるいくらいに可愛い。個人的には魚のままでいてほしいけど。キャラとしてはメイとトトロを足して2で割ったような感じだけど、全体に、ポニョのキャラだけで最後まで押し切ってしまったような印象のある作品でした。

あと、キャラとしては宗介が面白い。メイを守ろうとしたサツキでさえ、わんわんと泣いてしまったのに、5歳のこの子は、リサをしっかりとサポートし、母親を助けるために大海原に漕ぎ出す勇気を持って、魔法がなくなってもポニョを守りながら前へ進む力を持っているんですから!でもって、こんな彼が追い詰められたときに、その一筋の光となったのが、ちょっとした誤解を含んでいたとはいえ、トキさんであったというのもなかなか面白かったです。

「子供向けに作りました」なんてわざわざ言う作品は大抵の場合、「子供向け」を履き違えていることが多いんですが、なんとなくこの作品もそんな例な気がします。子供が喜ぶような瞬間瞬間の動きや会話を重視して、浅くなってしまってはいけないんです。

色々な設定も、小難しい話を全部避けてしまったために、なんだかよく分からなことがあまりに多いのも気になるところ。子供向けだからって説明不足はやはり良くない。トンネルが怖いのは単に暗いからってだけなのか?とか。海関係全体の設定とか。

しかもそうしたにもかかわらず子供に分かりづらい箇所が多かったようで、後ろの座席に座っていた小学校低学年くらいの子供は観ている間中、親に「ねぇ、○○って何?」「これ、誰?」を連発。そもそも両親を名前で呼ぶということを理解できず、リサと宗介の関係でさえ把握できてなかったっぽいです。

なんか、パンフを読んだら、フジモトは海底2万里の登場人物という設定だとか。むしろ、フジモトが海で暮らすようになった物語を冒険活劇的に描いて欲しかったなぁとか思ったのは僕だけでしょうか・・・。

あと、この作品はハッピーエンドだと言われているけれど、僕にはそうは思えません。実際問題、5歳の子供なんて、それこそ、将来を見通して返事をすることなんてないはずで、作中で「試練」なんて呼ばれ方をしているものだって、宗介の返事なんて聞かなくても容易に想像できます。しかし、それにしては、彼らの課しているできごとの責任があまりに大きすぎるように思ったのです。

恐らく、リサとポニョの母が長時間話をしているというのは、割と現実的な大人の問題に関してなんだろうけど、リサは夫を抜きにして、えらく大胆な決断を独りでしてしまったんだなとか。

ま、そもそも、何が「試練」なのかよく分からなかったんですが・・・。しかも最後はポニョのほうから勝手に動いてしまってるので、もはや宗介の覚悟がどうのこうのって話でもないし。

個人的には、宗介にも帰る家があるように、ポニョも家族のもとに帰るというほうがずっと良い話だと思うし、ポニョはなんらかの形で、叱れるような場面があってほしかったなと。わがまま放題な自分の欲求がとがめられることなく最後まで満たされてしまうってのはちょっと・・・。しかもあんな惨事まで引き起こしてるのに。

全体にファンタジーとして見れば良いんだろうけど、それにしては、他のディテールがあまりにも現実的に描かれすぎてるんですよねぇ。

なんか「人魚姫」って、ディズニーの「リトル・マーメイド」もラストが微妙で、やっぱりあの悲しいラストがあってこそ生きてくる話なのかもなぁなんてちょっと思ってみたり。

なので、全体的に後半の展開がちょっと微妙だったのですが(ポンポン船が大きくなるとか、そういうのはかなり楽しめましたよ)、ま、なんだかんだで楽しく最後まで観られたので良かったです。

後半では、ボートに乗った子連れの夫婦と会うシーンが結構印象的。

映画を通して一番好きな場面は父親とライトで通信する場面かなー。でもここは、字幕で表現した上に、ローマ字表記だし、通信の意味も分からないだろうし、最も子供を置いてけぼりにしている場面だってのがちょっと皮肉。

なーんてことをつらつらと書いてると、改めて、お前が子供心を持ってないだけだとか言われそうですが、僕は小学校低学年で観た「トトロ」はものすごく退屈で、20歳をすぎてはじめて面白いと感じたり、小学校時代には劇場鑑賞した「おもひでぽろぽろ」や「紅の豚」が大好きだったりしたので、子供の頃に観ても似たような感想を持った気がします。

あと、キャラとしてはリサの母親像はこれまでのジブリの母親の中では一番好きかも。山口智子の声もよく合っていたと思います。

声といえば、宗介の声は朝ドラ「芋たこなんきん」の隆くんの子でしたね。朝ドラのときから、非常に可愛い子役っぷりが印象的で、たくさんいる子役の中でもとりわけ印象に残る役でしたが、声の演技でも、その存在感は健在でした。

手描きアニメーションの方が良いなんてことは、CGアニメのことを記事で書く際に割とこれまでも触れてきたことなので、今さらどうこう言いませんが、個人的には「魔女の宅急便」や「ラピュタ」みたいな絵のほうが好きかなぁ。ディズニーの手描き復活作品「the princess and the frog」もかなり気になるところです。

同じような作品はたくさんあっても仕方がないというのも分かりますが、「ナウシカ」、「ラピュタ」、「魔女」、「豚」時代のテイストの作品を最後に華々しく作ってもらいたいなぁと思うんですが、宮崎さん、ダメですか??

なんてマイナスなことをたくさん書きつつ、鑑賞後は「ぽーにょ、ぽーにょ、ぽにょ」と歌ってしまう、素晴らしい主題歌を作った久石譲氏にはもう全く脱帽なのでした。僕もパペットを持ちながら歌いたい!!

|

« 映画「ゼロ時間の謎」 | トップページ | 映画「アクロス・ザ・ユニバース」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
TBいただき、ありがとうございました。
私は宮崎監督作品では、ナウシカとラピュタが同率くらいですね。オリジナルでなければ、カリオストロも大好きなのですが。
あのころの宮崎監督作品にもメッセージはありましたが、押し付けがましくなく、どちらかと言うとユーモアの方が大きく、本当に見ていて楽しかったですよね。
最近では、ピクサーアニメ(フルCGですが)の方が、ストーリーの中にメッセージと笑いを含んだ形は、むかしの宮崎作品に近い感じがしますね。

投稿: Matthew | 2008年8月14日 (木) 01時36分

>Matthewさん

コメントありがとうございます!

子供の頃に見ていたものが美化されているのかなと思うのですが、
初期のジブリ作品はやはり今観てもワクワクしてしまうんですよね。
カリオストロは文句なしの傑作です☆

ピクサー作品、確かにあのワクワク感はジブリに近いですね。
「wall e」の公開が今から待ち遠しくて仕方ありません。

投稿: ANDRE | 2008年8月14日 (木) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/42138044

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「崖の上のポニョ」:

» 崖の上のポニョ [Matthewの映画日記?]
崖の上のポニョ、観てきました{/m_0140/} あらすじは、 港町にある崖の上に住む宗介は、保育園へと向かう前に、家の下にある岩場へと下りて行った。 波打ち際に、瓶に詰まった金魚を見つけ、岩で瓶を割り、グッタリとしている金魚を、バケツに水を張り、飼うことに決めた。保育園に向かう時間となり、保育園へと金魚を連れて行くことにした宗介は、車で向かう途中、その金魚に“ポニョ”と名づけ、「僕が守ってあげるからね」とポニョに向かって言うのだった。しかし、園に連れて行ったものの、木の陰に隠した宗介はポニ... [続きを読む]

受信: 2008年8月14日 (木) 01時16分

» 崖の上のポニョ [Akira's VOICE]
大人に希望を。 子供に夢を。   [続きを読む]

受信: 2008年8月14日 (木) 10時22分

» 『崖の上のポニョ』 [めでぃあみっくす]
息子宮崎吾朗監督の『ゲド戦記』の作風に触発されてケツに火が点いたと言われている宮崎駿監督が原点に立ち返ろうとしているような感じがした、世代的にはとても懐かしさが漂う映画でした。確かに前評判通り感動作品ではなく、どちらかといえば小学生低学年向けの内容のため....... [続きを読む]

受信: 2008年8月14日 (木) 11時26分

» 崖の上のポニョ [金言豆のブログ ・・・映画、本について]
いや〜耳について離れませんあの主題歌のフレーズ。 ポ〜ッポポポポポポ〜ッポ〜、ポ〜ッポポポポポポッポッポポッポ〜♪ 全国で8千万人はや... [続きを読む]

受信: 2008年8月14日 (木) 17時40分

» 崖の上のポニョ [そーれりぽーと]
「もう映画は撮らない」 何度となく引退を宣言しながら撮り続けている宮崎駿監督。 今回は『ゲド戦記』の原作者を激怒させたいわく付きの最新作、『崖の上のポニョ』を観てきました。 ★★★★ 未曽有のセル画アニメ体験。 スクリーンを埋め尽くす優しいタッチの手書き画が動きまくる快感は、宮崎アニメファン必見でしょう。 テーマも中身も、『となりのトトロ』と同系のファミリー向けですが、だからこそ童心に帰って観れば、大人でもきっと心に響く内容です。 テーマ曲は、インストで最初のフレーズだけ聞くと『となりのトトロ』... [続きを読む]

受信: 2008年8月14日 (木) 20時19分

» 『崖の上のポニョ』 @新宿ピカデリー [映画な日々。読書な日々。]
海を臨む崖の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、瓶に入り込んで動けなくなっていたさかなの子・ポニョを助けた。一緒に過ごすうちにお互いのことを好きになる2人だが、ポニョの父親・フジモトによってポニョは海へ連れ戻されてしまう。それでも宗介を想い、人間になりたいと願... [続きを読む]

受信: 2008年8月17日 (日) 12時41分

» 崖の上のポニョ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
宮崎駿監督の作品は大好き持っているDVDやビデオを観る機会も一番多いかもしれないなぁ〜『ハウルの動く城』以来4年ぶりの新作を家族で楽しみにしていた―【スタッフ・キャスト(声優)】*監督・原作・脚本 宮崎駿 *音楽 久石譲*宗介の母・リサ(山口智子)         *宗介の父(長嶋一茂)*ポニョのママ・グランマーレ(天海祐希)  *ポニョの父・フジモト(所ジョージ)*宗介(土井洋輝)    *ポニョ(奈良柚莉愛)    *ポニョの妹たち(矢野顕子)*トキさん(吉行和子)  *ヨシエ(奈良岡朋子) 他... [続きを読む]

受信: 2008年8月17日 (日) 17時42分

» 完全に子供向け。『崖の上のポニョ』 [水曜日のシネマ日記]
5歳の少年が、さかなの子ポニョと出会う物語です。 [続きを読む]

受信: 2008年8月17日 (日) 19時03分

» 『崖の上のポニョ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「崖の上のポニョ」□監督・原作・脚本 宮崎駿 □キャスト(声優) 山口智子、奈良柚莉愛、土井洋輝、長嶋一茂、所ジョージ、天海祐希、吉行和子、奈良岡朋子、矢野顕子■鑑賞日 7月20日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 来たぁぁぁぁぁ〜 メイちゃんがおさかなになって戻って来たぁぁぁぁ〜〜〜 4年ぶりに宮崎駿監督が手掛けた作品は原点に立ち戻り、素朴で且つ心温まるファンタジー。 そのベースに置いたのはアンデルセン童話の「人魚姫」だと... [続きを読む]

受信: 2008年8月20日 (水) 08時15分

» 崖の上のポニョ 観てきました [よしなしごと]
 夏休みも終わりに近づいてきましたが、ようやく崖の上のポニョを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 17時44分

» 崖の上のポニョ−(映画:2008年47本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:宮崎駿 声の出演:山口智子、長嶋一茂、天海祐希、奈良柚莉愛、土井洋輝、柊瑠美、矢野顕子、吉行和子、奈良岡朋子 評価:80点 よくできたファンタジーと言い切るには、謎が多すぎる作品。 それでもポニョのかわいさにごまかされている?うちに、結構幸せ....... [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火) 22時31分

» Deep Ones [MESCALINE DRIVE]
その者、赤き姿をして大海原に降り立つべし。 てなわけで、グランマンマーレと王蟲は似ている、か?ん? [続きを読む]

受信: 2008年9月 6日 (土) 00時22分

« 映画「ゼロ時間の謎」 | トップページ | 映画「アクロス・ザ・ユニバース」 »