« 「顔のない裸体たち」 平野啓一郎 | トップページ | 映画「ベガスの恋に勝つルール」 »

2008年8月20日 (水)

映画「ナンバー23」

ナンバー23 アンレイテッド・コレクターズ・エディション

the nunmber 23

2007年

アメリカ

怪しげな空気を感じつつも、予告編でずっと「結局その謎は?」と思ってしまった作品をようやくレンタルで。てか、観る前から、テレビでやるの待っても良いかなという感じでもあったんですが・・・。

主人公ウォルター・スパロウ(ジム・キャリー)は動物管理局に勤め、犬の保護を仕事としていた。誕生日の日、終業時間ギリギリに入った通報のせいで、妻との約束に遅れるが、彼を待つ間、妻は書店で1冊の本を見つけ、それを彼にプレゼントした。

真っ赤な表紙のその本には1人の探偵を主人公にした物語が書かれていたが、ウォルターはその主人公がどうも自分と似ているような気がしてならなかった。やがて、物語中で主人公が数字の23に秘められた謎にとりつかれるようになると、ウォルターもまた自分の身の回りに23に関するできごとがあまりに多いことに気づき、その謎にとりつかれていく。果たして本に書かれた物語が持つ真の意味とは!?という物語。

監督がジョエル・シューマッカーであることと、ジム・キャリーのシリアス演技に期待して観てみたものの、やはり、物語はちょっと微妙でしたね・・・。

23に関しては「こじつけ」って凄い!と改めて思いました。無駄に自分の周りの数字を23にこじつけて遊んでみたり。

ジム・キャリーは熱演なんですが、どっちかというと、主人公を演じているときよりも、本の中の探偵を演じているときのほうが似合ってる気が。

ストーリー的にはオチは一般的なもののそこそこ楽しめるんですが、その直前の妻の心理が分かるんだけど、共感できないんだよなぁ。てか、気の毒な登場人物が多すぎて、妻の言い分を納得しづらいっていう。

この作品では本の中の物語と現実とが交互に描かれるんですが、本の中のパートは映像がちょっと凝っていて面白かったです。とりわけ少年時代を描くあたりでカメラの動きにあわせて、次々と場面転換していく映像なんかはかなりお気に入り。

* * *

参考過去レビュー

シュマッカー監督作品を並べてみました。

映画「オペラ座の怪人」

映画「フォーンブース」

シュマッカー作品は、割と多く観てるんですよね。特に90年代の「依頼人」、「愛の選択」、「フォーリング・ダウン」あたりは特に印象的です。旧バットマンシリーズの後半の監督もされていますが、個人的にバットマンはティム・バートン版が一番です。

|

« 「顔のない裸体たち」 平野啓一郎 | トップページ | 映画「ベガスの恋に勝つルール」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/42216996

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ナンバー23」:

» ナンバー23 [みるき~うぇい]
角川エンタテインメントより¥3990で発売中 2007年度作品/アメリカ <監督> ジョエル・シューマカー(「オペラ座の怪人」、「ヴェロニカ・ゲリン」) <出演> ジム・キャリー(「ブルース・オールマイティ」など) ヴァージニア・マドセン ローガン・ラーマ..... [続きを読む]

受信: 2008年9月10日 (水) 17時47分

» 過ぎたるは及ばざるが如し●ナンバー23 [Prism Viewpoints]
惜しいのはシナリオのマズさ。 『Number Twenty Three』 ナンバー23 - goo 映画 動物管理局に勤めるウォルターは自らの誕生日である2月3日に、 ... [続きを読む]

受信: 2008年9月11日 (木) 02時00分

« 「顔のない裸体たち」 平野啓一郎 | トップページ | 映画「ベガスの恋に勝つルール」 »