« 「溺れる人魚たち」 ジュリー・オリンジャー | トップページ | ちょっと一言 »

2008年9月24日 (水)

映画「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋

Mr. Magorium's Wonder Emporium

2007年

アメリカ

映画館で観るまでもないかなぁとか思いつつ、ちょっと気になっていた1本。DVD化されたので早速観てみました。

モリー(ナタリー・ポートマン)は、かつては天才ピアニストと呼ばれていたが、今は作曲が思うようにできず、自信をなくしていた。彼女は自称243歳というマゴリアム氏(ダスティン・ホフマン)の経営するおもちゃ屋で働いていたが、そこはただのおもちゃ屋ではなく、おもちゃたちが自由に動き、たくさんの不思議に溢れた魔法の店で、広い店内は子供たちで賑わっていた。ある日、マゴリアム氏は引退を考え、モリーに店を譲ろうと考えるのだが・・・。

おもちゃ屋の資産の計算のために雇われた「魔法」信じない現実的な会計士のヘンリーや、おもちゃ屋を手伝う友達ができずに悩んでいる少年エリックらとの交流とともに、モリーの成長を描いていく。

とにかく映像が素晴らしい作品でした。「魔法のおもちゃ屋」というのをこれでもかっていうくらに再現した映像は一見の価値があります。オープニングのアニメも結構好き。あとは、普通の少女みたいな役はかなり久々ではと思われるナタリー・ポートマンと、ダスティン・ホフマンの安定した名演技も見逃せません。

登場人物たちはちょっとステレオタイプな感じのキャラ設定が気になりはするけれど、たとえば、自身をなくした音楽家なんていう設定もなかなか良いなぁと思うんです。

しかし、しかし、しかし、材料も映像も最高級だったのに、全体にどこか微妙だったというのが正直な印象です。素晴らしい素材が生かされてないっていうか。

ちょっと物足りなかったところ。

以下ネタバレなので反転させてどうぞ。

・マゴリアムおじさんが引退を決意した理由がはっきりとしなかった。

・モリーのピアノ問題の扱い。結局、彼女は自分の夢をあきらめるという展開だったのが残念。個人的には、モリーには音楽で大成してほしかった。個人的には、モリーじゃなくて、エリック&ヘンリーの2人が店を継ぐのかなぁとか思ったんだけどねぇ。

・エリックには同年代の子供の友達を作ってあげて欲しかった。そもそも、だったらモリーとはすでに友達だったんじゃないのか!?っていう。

・細かいところだけど、章立てにする構成は別になくても良い気が。子供を飽きさせない工夫なのかなとも思ったんですが、最後のほうは章のタイトルが結果的にその後の展開のネタバレみたいになってしまっていたので。

(ネタバレ終了)

以上のような点がどうしても気になってしまったんですよねぇ。結局、映像だけの映画になってしまったような気がしてしまって・・・。

監督・脚本は「主人公は僕だった」を書いたザック・ヘルム。「主人公は僕だった」の感想を書いたときにも、映像は素晴らしいのに何かが物足りないと書いたので、ザック・ヘルム作品はアイデアやら設定やらはとても好きなんだけど、最後の最後で相性が悪いみたいです・・・。

全然気づかなかったけれど、会計士さんを演じるジェイソン・ベイトマンは「JUNO」のガキっぽさが抜けない養父希望の男だったみたいですね。今回は真逆のキャラでしたね~。

<参考過去レビュー>

上述のザック・ヘルム氏が脚本をてがけた作品。

映画「主人公は僕だった」

|

« 「溺れる人魚たち」 ジュリー・オリンジャー | トップページ | ちょっと一言 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/42559020

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」:

» ★「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今月は地味に「ファンタジー特集」に突入してる感のあるひらりん。 ナタリー・ポートマンのカジュアルな服装はキュートだし・・・ 木村カエラちゃんが歌ってるテーマソングはポップだし・・・ ダスティン・ホフマンは、オチャメだし・・・ こりゃーーーー、観るしかないでしょ・・・というワケで鑑賞することに。... [続きを読む]

受信: 2008年9月24日 (水) 01時27分

» マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋/Mr.MAGORIUM'sWONDER EMPORIUM [我想一個人映画美的女人blog]
マゴリアム"おじいさん"でしょ、 といいたくなるくらい、白髪になってすっかりお年を召したダスティン・ホフマンと、 ショートカットが定着しつつあるナタリー・ポートマンの豪華初顔合わせ{/hikari_pink/}{/kirakira/} 今月公開に先駆けて試写での鑑賞{/presents/} 監督は、ウィルフェレル主演でダスティン・ホフマンも出演した『主人公は僕だった』の脚本を務めたザック・ヘルムでこれが監督デビューとなる。 『主人公は僕だった』は楽しめたので、この作品ではどんなファンタジッ... [続きを読む]

受信: 2008年9月24日 (水) 12時33分

» マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋 [映画鑑賞★日記・・・]
【MR. MAGORIUM'S WONDER EMPORIUM】2008/02/16年公開(02/20鑑賞)製作国:アメリカ 監督・脚本:ザック・ヘルム出演:ダスティン・ホフマン、ナタリー・ポートマン、ジェイソン・ベイトマン、ザック・ミルズ ホフマン、ポートマン、ベイトマン・・・不思議な?マンつなが...... [続きを読む]

受信: 2008年9月24日 (水) 13時25分

» 『マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
ダスティン・ホフマン、ナタリー・ポートマンが共演した、とても可愛らしい感じのファンタジック・ムービー。 243歳のマゴリアムおじさんのおもちゃ屋は、すべてのおもちゃが魔法で動く不思議なおもちゃ屋。マゴリアムおじさんが支配人のモリーに店を譲って引退することを決めた... [続きを読む]

受信: 2008年10月 9日 (木) 23時27分

» マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋 [映画、言いたい放題!]
ナタリー・ポートマンとダスティン・ホフマンの ファンタジー? キャストに魅かれて観ました。 かつては天才ピアノ少女と呼ばれたけれど、 作曲ができずに自信をなくしたモリーは、 マゴリアムおじさんのおもちゃ屋で雇われ支配人をしている。 都会の一角にあるこのおもち... [続きを読む]

受信: 2010年7月 5日 (月) 01時15分

« 「溺れる人魚たち」 ジュリー・オリンジャー | トップページ | ちょっと一言 »