« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月30日 (木)

映画「バンテージポイント」

バンテージ・ポイント コレクターズ・エディション

vantage point

2008年

アメリカ

ここのところドタバタ続きだったため、DVD・劇場を含めて映画を観たの自体が3週間ぶりくらい。

劇場公開時にやっていたTVCMがかなり面白そうな雰囲気を出していたので、観たいなぁと思っていた作品。時間も短いし、内容も重くなさそうだし、久々の鑑賞には丁度良さそうだと思い観てみました。

舞台はスペイン。5大陸首脳会議が開催されることになり、それに先立つ米大統領のスピーチを聞くために広場には大勢の人々が集っていた。そして、SPに守られながら大統領が登場し、スピーチのために、登壇したそのとき、大統領は何者かによって銃で撃たれ、その後、混乱した広場では大きな爆破が起こり、辺りは大惨事となってしまう。

全てを中継していたTV局、大統領を護衛するSP、たまたま広場に居合わせた観光客など、次々と視点を変えながら同じ事件を何度も辿り、その裏で起きていた事実を描き出していく作品。

この映画、複数の視点から同じ事件を描くということしか知らなかったんですが、観ていてビックリ、物語がある程度進んだところで、いきなり、キュルキュルと画面が巻き戻されて、同じ時間の別の人に焦点をあてるというのが6回ほど繰り返されるんですね。

ま、目新しい手法ではないものの、徐々に明らかになっていく事件の全貌にハラハラして、あっという間の90分でした。これで、もう少し巻き戻しが増えて、時間が長くなったら流石にくどいと思うので、この90分は映画を楽しめる絶妙の時間配分だったと思います。

なんか、結構序盤から、大事な部分をわざと映さないようにして、興味をひいていく作り方なんですけど、「真相が明らかになる」というよりかは、「事の顛末が明らかになる」という感じだったので、犯人は誰なのかみたいなドキドキ感がなくて、じれったく出し惜しみされる事実をヤキモキしながら見守るというタイプの映画なので、好き嫌いはあるかなぁと思うんですけど、僕は結構楽しめちゃいました。

続きを読む "映画「バンテージポイント」"

| | コメント (2) | トラックバック (9)

2008年10月25日 (土)

「ノリーのおわらない物語」 ニコルソン・ベイカー

ノリーのおわらない物語 (白水Uブックス 172 海外小説の誘惑)

ノリーのおわらない物語
(the everlasting story of Nory)

ニコルソン・ベイカー
(Nicholson Baker)

白水Uブックス 2008.9.
(original 1998)  

ニコルソン・ベイカーの作品は、同じくUブックスから出ている「中二階」という作品がとても好きなのですが、Uブックスの他の作品はちょっとお色気っぽい要素が強そうなので、勝手に読まず嫌いの状態だったのですが、そんな作品とはまた打って変わって少女を主人公にした物語ということで、早速読んでみました。

主人公はアメリカから英国の小学校に転校してきた9歳の少女ノリー。学校であったこと、弟や両親とのこと、友達とのこと、そして、大好きな空想の物語など、彼女の頭の中で繰りひろげられる思考の世界を綴っていく作品。

「中二階」とはまたアプローチが違いますが、一人の人の頭の中の思考を細かく描き出すという部分は似た感じですね。

作品ができ上がる過程で、実際に著者が娘を送り迎えしている車の中で聞いた話がベースになっているということですが、本当に、子供が話をしてきかせてくれているような語り口で、途中で話がどっかいってしまったり、一生懸命な感じが伝わったりするのが微笑ましくて、なかなか面白いです。

続きを読む "「ノリーのおわらない物語」 ニコルソン・ベイカー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

ご無沙汰してしまいました。

あまりに多忙を極めていたため、2週間ほど更新がストップしてしまいました。

またマイペースに更新していきますので、よろしくお願いします。

とりあえず、多忙の中行った、人生初登山で撮った写真から1枚どうぞ。

Img_0317_2

続きを読む "ご無沙汰してしまいました。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

ノーベル文学賞2008

今年のノーベル賞は邦人受賞が続いていて、研究者の端くれとしてはとても刺激的なんですが、僕の興味はやっぱり文学賞は誰が受賞するのかってところに。

村上氏なんて声も上がっていましたが、蓋をあけてみれば、ル・クレジオ。

自分が読んだことのある作家の受賞だとちょっと嬉しいですね~。

以前、大学の一般教養の「フランス文学入門」という授業の課題で、自分で好きな作家の短編を1つ選んでその作品について論じるってのがあって、映画化もされた「モンド」という短編について小論文を書いたのですが、これが、かなりの高評価を頂いて、ちょっと嬉しかったという思い出のある作家です。

そんなに沢山読んだことがあるわけでもないし、どれも結構昔に読んだきりで、ブログ記事もないのですが、ちょっとメモ程度に記事に書いてみました。

実はそこまで好きな作家というわけでもないんですけどね・・・。

* * *

文庫で手に入るのは多分この1冊だけ。
今回の受賞を機に、文庫化が進むと嬉しいですね。

海を見たことがなかった少年―モンドほか少年たちの物語 (集英社文庫)

* * *

読書は苦手だけど、どんな作品を書くのか気になるって人は、上記の短編集に原作が収録されている映画をオススメします。風景の綺麗な作品です。

↓ 映画「モンド 海をみたことがなかった少年」

モンド ~海をみたことがなかった少年~

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年10月 9日 (木)

映画「落下の王国」

Raice
関連商品画像が無かったので
劇中にも登場するバリのライステラスを。
昨年の旅行のときに撮影したものです。

the fall

2006年

アメリカ

13の世界遺産を含む世界各地24カ国でロケされた作品ということで、絶景マニアとしてはどうしても観たかった作品。劇場の大画面で見て大正解です。

舞台はサイレント映画全盛時代のアメリカ。主人公はオレンジの木から落ちて骨折をしたために入院をしている5歳の少女アレクサンドリア。ある日、彼女は同じく病院に入院しているロイという青年と出会う。映画のスタントマンをしているロイは撮影中の事故で落下し入院中だったが、恋人を俳優にとられた失恋の痛手を味わっていた。

失意のロイはとある計画をたて、アレクサンドリアの気をひくために、彼女に物語を語って聞かせるようになる。それは残虐な総督オウディアスに復讐するために立ち上がった5人の男たちの物語だったのだが・・・。

オープニングのモノクロ映像からはじまって、とにかく終始、映像がとてつもなく美しい作品でした。これは期待以上です。

世界各地の絶景を舞台に描かれるのは、ロイが語って聞かせる壮大な叙事詩で、この映像は本当に素晴らしかったです。上に写真を載せたバリ島のライステラスが出てきたときには、思わず、「あ!バリだ!!」と声を出しそうになってしまいました。バリの部分は、ケチャまで出てきて、雰囲気たっぷりでしたね~。

他にも、街やら、建造物やら、自然やら、とにかく見ごたえのある絶景が続いて、それを非常に上手く生かした映像には完全に見入ってしまいました。もう、世界各地を旅して回りたい気分になりますよー。

この物語の部分は、「想像の映像」て設定なので、人間のイマジネーションが作り出す世界の美しさを、できる限り映画というメディアで再現しようとしている感じがして、もう、映像美には文句のつけようがありません。

しかしながら、メインの病院を舞台にした少女とスタントマンの物語のほうがちょっと物足りない。てか、この部分も映像や衣装は文句のつけようがないんですが、最後のほうのまとめかたがなんだかよく分からない感じになってしまったんですよねぇ。

続きを読む "映画「落下の王国」"

| | コメント (6) | トラックバック (13)

2008年10月 8日 (水)

tokyo PICASSO

「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」@ 国立新美術館
「巨匠ピカソ 魂のポートレート」@ サントリー美術館
2008年10月4日~12月14日

この秋、東京の美術系展覧会はやたらと充実していますが、たまたま六本木方面に行く用事があったので、ついでにピカソを見てきちゃいました。

世界的に巡回してる企画を、日本ではサントリー美術館と国立新美術館の2会場に分けての展示。

確かに1会場でやるにはちょっと量が多い気もしますが、正直、2つに分ける必要はあったのかなという気もします。入場料も倍かかりますし。(共通券とかあればいいのに、一方の半券を持っていくと、もう一方が200円安くなるだけでした・・・)

まぁ、人が分散されたのか、始まって1週間も経っていないにも関わらずあまり混雑していなくて、両会場共に落ち着いて自分のペースで鑑賞できる具合だったのは嬉しかったです。

続きを読む "tokyo PICASSO"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

映画「パコと魔法の絵本」

パコと魔法の絵本 オリジナル・サウンド・トラック

パコと魔法の絵本

2008年

日本

これは予告編を見たときから、絶対に映画館で観たいと思っていた作品。こういう映像が命の作品はやはり劇場の大スクリーンのほうが見ごたえがあります。

舞台はとある病院。貧しい出身から独りで会社を大きくし、周囲のものを誰も信じない偏屈もの入院患者、大貫(役所広司)は、誰かの記憶に中に自分が残ることを嫌がり、他人に名前を覚えられることさえ、忌み嫌っていた。

ある日、大貫は病院に入院している少女パコ(アヤカ・ウィルソン)と出会う。毎日同じ絵本を声を出して朗読するパコを鬱陶しく感じる大貫だったが、彼女が事故で両親を亡くし、自らもその後遺症で記憶が1日しか持続しないということを知る。

やがて、大貫は、ふとした動作で、パコが前に自分と会っていたことを思い出してくれることに気づき、1日しか記憶の続かない彼女の心の中に、少しでも何かを残してあげようと、ある行動を起こすのだが・・・。

悪魔のような看護婦(土屋アンナ)や、ディズニーのコスプレをする医師(上川隆也)、大貫の遺産を狙う大貫の甥(加瀬亮)の妻である吸血鬼的看護婦(小池栄子)といった風変わりな病院スタッフたちと、チンピラ(山内圭哉)、消防士(劇団ひとり)、おかま(国村準)、謎のハイテンションな男(阿部サダヲ)、自殺志願の役者(妻夫木聡)といった個性豊かな入院患者たちを巻き込んで、大貫とパコの交流をポップな演出で描き出す。

こういうおもちゃ箱をひっくり返したような映画、大好きです。

前半は結構な数いる濃いキャラを1人1人印象付けるために、濃いネタが多く展開されて、観ていてお腹いっぱいになりそうになったんですが、それをちょっと我慢して乗越えた中盤以降、パコと大貫の交流がメインになってからは俄然面白くなりましたね。

なんといっても、ラストのクライマックス、絵本の中の物語をこの豪華キャストたちによる体を張った熱演の演劇とこれまたポップで見事なCGとが本当に神業的に融合されていて、画面を見ながらこんなにワクワクするのもかなり久しぶりでした。自分は割とCG否定派なんですが、こういう使い方なら大歓迎です。てか、邦画でここまでのCGアニメが見られるとは思わなかったよー。

個人的には阿部サダヲのハイテンションなノリは結構好きなので(さすがに「舞妓~」ではお腹いっぱいになってしまいましたが)、要所要所で良い具合に登場してくれるサダヲさんにたっぷりと笑わせてもらいました。

続きを読む "映画「パコと魔法の絵本」"

| | コメント (7) | トラックバック (11)

2008年10月 6日 (月)

「パレオマニア 大英博物館からの13の旅」 池澤夏樹

パレオマニア―大英博物館からの13の旅 (集英社文庫 い 52-3)

パレオマニア
大英博物館からの13の旅

池澤夏樹

集英社文庫 2008.8.
(original 2004)  

大英博物館は7年ほど前に訪れたことがあるのですが、それはそれは見ごたえたっぷりでとても面白かったのをよく覚えています。でもって、そんな大英博物館をテーマにした池澤氏の旅行記。これはかなり面白そうです。

主人公の「男」が大英博物館で気に留めた品々について、それが元々あった場所に実際に行ってみようと、世界各地を旅する様子を描く全13の旅を収録した、擬似小説風文体の旅行記。

大英博物館といえば、世界の盗品博物館なんていわれることがあるくらいに、大英帝国が世界各地で見つけたものを勝手に持ってきて展示しちゃってる場所ですが、展示品の1つ1つが本当に興味深くて、1日中だって入られちゃう場所です。実際、僕も2日に亘って訪れましたし。

で、そこに展示されてるものが元々はどういう場所にあったのかを実際に見に行ってみようなんてのは、誰もが思うけれど、本当に実行してしまう人はほとんどいないことだと思います。

そんな、「夢」の旅行を集めた旅行記なので、それはそれは面白いだろうと思っていたんですが、期待してたほど旅行記としての面白さはなかったかなぁ。

ただ、そこら辺のお気楽旅行記のような内容の無いものではなくて、知的好奇心に満ち溢れた1冊なので、そういう点では非常に読み応えもあって面白い1冊。文体も固すぎず、軟らか過ぎずで、読みやすいし。

続きを読む "「パレオマニア 大英博物館からの13の旅」 池澤夏樹"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

映画「20世紀少年」

映画「20世紀少年」オリジナル・サウンドトラック

20世紀少年

2008年

日本

どうも、実は浦沢直樹の大ファンです。正直、映画化を知ったときは期待よりも不安の方が大きかったのですが、やっぱり気になってしまったので劇場で鑑賞しちゃいました。

主人公ケンヂは蒸発した姉が置いていった姉の娘のカンナを育てながら母親と2人でコンビニを経営していた。ある日、小学校時代の同窓会に参加したケンヂはそこで、とある新興宗教の噂を耳にする。

「ともだち」と呼ばれる男が教祖となっているその宗教で使われているシンボルマークが小学校時代にケンヂたちが作った秘密基地の中で仲間たちとともに考えたのと同じマークだったことから、ケンヂは当時の仲間の誰かが「ともだち」なのではないかと疑いはじめる。

やがて、世界各地でウィルステロが発生。そして、そのテロ事件が、ケンヂたちが秘密基地の中で皆で考えた「よげんの書」に書かれた内容と一致。ケンヂは小学校時代の仲間たちを集め、「ともだち」による世界支配を食い止めるために立ち上がるという物語。

これはなんとも評価の難しい作品。

漫画の映画化としては、原作ファンからの抗議がこないように、キャスティングも内容もとても無難にまとめていたように思います。ただ、原作の映像ダイジェストみたいになってしまって、1つ1つのエピソードの描き方がとても薄い。クライマックスの戦いの場面でさえ、たいした緊張感も無くサラリと過ぎ去っていくのには驚きました。

やたらめったら豪華なキャスティングは、原作のイメージのままなんですが、これって別に原作の顔に似た人を持ってくることに意味はないと思うんですよねぇ。ポイントとなる特徴だけあってれば(マルオが太ってるとか)良いのではないかって気も。(でも、これは、割と原作と顔が似てない人だったりすると、バッシングの嵐だったりすることもあるから難しいところですよねぇ)

もうちょっと「映画ならでは」を感じさせてくれると嬉しかったかなぁ。原作が完結している作品なので、大胆にストーリーを構成しなおすとか。冒頭から、かなり原作に忠実な展開でしたからねぇ。

続きを読む "映画「20世紀少年」"

| | コメント (0) | トラックバック (9)

映画「うた魂♪」

うた魂♪フル!!!(初回限定生産2枚組)

うた魂♪

2008年

日本

高校の合唱部を舞台にした映画です。実は、高校時代に合唱部員だった自分としては見逃せない1本でして、DVD化にともない早速観てみました。

主人公かすみ(夏帆)は合唱部に所属する北海道の女子高生。歌っている自分が大好きで、その歌声も、姿も周囲の人々を魅了してやまないものだと信じていた。ある日、恋心を抱いていた生徒会長の牧村の撮影した写真の自分の顔にショックを受けているところに、追い討ちをかけるように歌っているときの顔が鮭の産卵のときの顔のようだと言われてしまい、歌を歌うことができなくなってしまう。

合唱祭での演奏を最後に退部を考えたかすみだったが、合唱祭で見た不良学生たちの魂のこもった演奏に感動したかすみは、彼らのリーダーの権藤(ゴリ)と出会い再び歌う喜びを見出し、コンクールに出場する決心をするのだが・・・。

この映画、「合唱なめてんじゃねぇぞ」ていう台詞が出てくるんですが、元合唱部員からしてみれば、大変申し訳ないのですが、この映画が合唱をなめてるんじゃないかと・・・。

こういう青春部活ものって、ちゃんと作ればかなり良い作品になりうるのに、前半部分の妙なコメディ具合があまり面白くないし、後半の部活を頑張る部分は上述の感想を持つに至ってしまったために、あまり楽しめませんでした。

こうしてみると、「スウィング・ガールズ」やら「ウォーター・ボーイズ」やらの矢口監督作品は上手くできてるよなぁというのを改めて実感しちゃいました。ま、でもこの辺は、テーマの持ってきかたもちょっと違うから一概に比べるのもどうかなって感じですが。

続きを読む "映画「うた魂♪」"

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2008年10月 3日 (金)

「魔王」伊坂幸太郎

魔王 (講談社文庫 い 111-2)

魔王

伊坂幸太郎

講談社文庫 2008.9. 

伊坂幸太郎の文庫新刊が出たとなれば、読まないわけにはいきません。

安藤兄弟の兄を描く「魔王」と、その5年後の弟を描く「呼吸」の2作を収録。

「魔王」は、自分の心の中で思った言葉を、目の前にいる人間の口から発することのできる「腹話術」という超能力があることに気づいた主人公の話。世間では犬養という政治家の全体主義的な思想が受け入れられはじめ、「集団」の恐怖を感じ始める主人公が、「腹話術」を使って起こす行動とは・・・。

「呼吸」は、やたらとじゃんけんに勝つ安藤潤也が主人公。犬養が政権を握り、世間が国民投票に揺れる中、自分の「運の強さ」に気づいた主人公がとる行動とは・・・。

なんかこれまでの伊坂作品よりも、社会的なネタが強くてちょっとビックリな作品。でも、アメリカを敵視するくだりは「砂漠」を彷彿とさせますね。

全般的には「集団」の恐怖を描いた作品で、自分も結構、それについて考えることが多いので、テーマとしてはなかなか読み応えのある作品でした。

伊坂作品としては、ちょっと新しいテイストでしたが、個人的には、そこまで好きになれない世界観だったかなぁ。それでも面白いんですけどね。

続きを読む "「魔王」伊坂幸太郎"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年10月 2日 (木)

「わたしを離さないで」 カズオ・イシグロ

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫 イ 1-6)

わたしを離さないで
(never let me go)

カズオ・イシグロ
(Kazuo Ishiguro)

ハヤカワepi文庫 2008.8.
(original 2005)  

イシグロ氏の6作目の長編作品の文庫版。これで、ハヤカワepiで、イシグロの全長編作品が文庫で読めるようになりました。そんなわけで、文庫派の自分が、唯一未読だった長編をようやく読むことができました。

主人公キャシーは「提供人」たちの世話をしている介護人。物語は彼女が回想をする形式、彼女が生まれ育ったヘールシャムという施設での青春時代を描いていく。

教育は受けられるものの、施設の外の世界を知らずに育てられる主人公達の学校生活や、友情関係、教師達との複雑な関係、そして思春期の恋愛的な関係などを描きながら、物語の背景に隠された事実が徐々に明かされていく・・・。

イシグロ作品としてはなんとも意外なSF的な背景の登場にちょっと驚きつつ、淡々としながらも先へ先へと物語を読ませてくれるイシグロ氏の語りの上手さに見事にはまり最後まで一気に読んでしまいました。

この作品には大きな「謎」があって、読み始めてまもなく気づいてはしまうものの、ネタバレしないで読んだほうが面白いと思うので、感想がちょいと書きにくい作品ですよねぇ。

続きを読む "「わたしを離さないで」 カズオ・イシグロ"

| | コメント (6) | トラックバック (2)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »