« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

映画「バーン・アフター・リーディング」

Burn after Reading [Original Motion Picture Soundtrack]

burn after reading

アメリカ

2008

09年4月24日公開 

劇場鑑賞

旅先の奈良で、ぶらりと映画館の前を通りかかると、ちょうどレイトショーがはじまるところ。どうせ夜一人ですることもないので、ここぞとばかりに観てきちゃいました。

アカデミー賞受賞の「ノー・カントリー」が記憶に新しいコーエン兄弟の新作で、なにやら楽しげな感じのコメディのような感じの予告編を見て気になっていた作品です。

CIAを辞めたオズボーン(ジョン・マルコヴィッチ)はCIAの暴露本となるような回顧録の執筆を決意し、その構想を練る日々を過ごしていた。

オズボーンの妻ケイティ(ティルダ・スウィントン)は財務省連邦保安官のハリー(ジョージ・クルーニー)との情事を重ねていた。

そのハリーは目下ネットの出会い系サイトにハマリ中の変態プレイボーイ。

そして、ハリーと同じく出会い系サイトでの出会いを求めているスポーツジム勤務のリンダ(フランシス・マクドーマンド)は全身整形に憧れを抱いていた。

あるときスポーツジムでCIAの極秘情報の入ったCD-Rの落し物が発見され、ジムで働く陽気なチャド(ブラッド・ピット)は大興奮。持ち主を脅せば大金が手に入るのではないかとリンダと2人で作戦を練りはじめる。

微妙にすれ違う人間模様が最後にはとんでもない大事件へと発展していく・・・。

予告の感じからもっとアメリカンなコメディだと思ってたんですが、そこはコーエン兄弟、一筋縄ではいきません。コテコテのコメディを期待していくと、多分、かなりの肩透かしを食らうことになるのではないかと。笑いの質がちょっと曲者なのです。

てか、これさ、TVとかであんなに大量にCM流して全国公開するような作品じゃないですよねぇ。ミニシアターとかで、ひっそりと上映したほうが良いと思います。あのCMや予告編で期待して、ブラピ主演のコメディとか思って観にいくと、ガッカリする人が多いのではないでしょうか。

この作品の笑い、ちょっとブラックで皮肉たっぷりで、癖のあるキャラがたくさん出てきて、意外なキャストに意外な台詞を言わせたり、細かいネタで笑わせようとするところも多くて、雰囲気としては邦画のコメディのテイストだよな~と思いました。「時効警察」なんかの三木聡とか、クドカンとか。

ただ、台詞の意外性とかが字幕だとどうしても伝わりにくい。頑張って翻訳してるんですが、それが逆に、寒い感じになってしまっているんですよね。これは多分、英語での台詞回しと、その喋り方なんかがキーになっているので、字幕の限界なのではないかと。

でも映画としては嫌いじゃありません。笑いどころをちゃんと押さえた上で改めて見ると多分、もっともっと楽しめるんじゃないかと。

続きを読む "映画「バーン・アフター・リーディング」"

| | コメント (4) | トラックバック (17)

奈良に行ってきた

そんなわけで、先週の金曜からこの月曜まで奈良に行ってました。

Img_2557

30年近く生きてきたにもかかわらず初の奈良観光ということもあって、行くところ、見るところ、「おー、ここが噂に聞く!」とか、「あー、これが教科書に載ってた!」とか色々な感動がたくさんありました。

全般的な印象としては、奈良はどこもかしこも広かったです。奈良公園も、平城宮跡も、法隆寺もみんな広々として気持ちよかったです。これは京都にはない特徴ですよね~。高校の修学旅行で訪れた飛鳥もそんなだったと記憶してます。

そんなわけで以下、雑感&写真集。

なんか、うまくまとめられず読みにくいし、本当はもっと違うことをたくさん書きたかったんですが・・・。

続きを読む "奈良に行ってきた"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

ひょっこりと

Img_2090

なにやらひょっこり奈良にやってきました。

高校の修学旅行で訪れた際には、僕の強い希望もあり、われわれのグループは飛鳥観光をし(班別行動だったのです)、数年前、1度訪れた時は、京都旅行の際に京都の宿がいっぱいだったからという理由だった為、夜到着の朝出発。

そんなわけで、ついに昼間に闊歩するシカと遭遇することができました!!

本当に普通にたくさん歩いてる!!ビックリです。

そして、あのキャラが各地で我が物顔で立っていることにビックリです。キャラグッズとか売れてるの!?

でもって、夜は平城京跡へ。

続きを読む "ひょっこりと"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

「man in the dark」 Paul Auster

Man in the Dark

man in the dark

Paul Auster

 2008

(未邦訳)

国内ではようやく2002年の傑作『the book of illusions』が『幻影の書』として邦訳が刊行されましたが、こちらは昨年刊行されたポール・オースターの最新作。書店の洋書コーナーにフラフラっと立ち寄ったらペーパーバック版が出ていたので購入しました。オースターだけはあまりに好きな作家のため、翻訳の刊行を待ち切れず原書派なのです。

主人公は年老いた文学評論家August Brill。彼は自動車事故に遭い、現在、娘の家で孫娘と3人で療養をしている。Augustの妻はすでに亡くなっており、孫娘は恋人が無残な形で殺され、家族たちは孤独で眠れぬ夜を過ごしていた。そんな夜、Augustは頭の中で1つの物語を妄想していた。

その物語では、ある日、突然主人公のOweb Brickが、見知らぬ土地に自分がいることに気づき、そこが、「9・11テロの起こらなかったアメリカ」であることを知る。その世界では、2000年の大統領選挙の結果を受けてブッシュ政権に異議を唱えたものたちが合衆国から独立をせ宣言し、アメリカ国内が内乱状態にあり激しい戦いが続いている。そんな中、Owenはある男を暗殺するよう指令を出されるのだが・・・。

眠れぬ夜の暗闇の中で、同じく人生の暗闇でさまよう家族たちを抱えた一人の老人が、物語を紡ぎ、そして、家族たちと会話を重ねていく物語の中に現在のアメリカに対する鋭いメッセージをこめた小説。

とても読み応えのある1冊。

ここのところオースターはすっかりお気に入りになってしまったのか、またまたまた「作中作」です。しかも、近年の他の作品同様に、「作中作」のレベルが高すぎて、普通に面白すぎで、単独の小説として十分に刊行できる内容。

今回のオースターはわりと真摯に現実と向き合っている印象で、メインのストーリーは寓話性もほとんどなく、場面もずっと家の中で、主人公の思考ととその家族の対話が中心になって展開するのですが、設定が設定なだけに、割と重めの内容です(読みやすい語りで、実際はそんなに重さは感じないのですが)。

あと、『リヴァイアサン』以上に社会的な描写、メッセージがとても強く出た作品で、寓話的な作中作を含め、現実のアメリカ社会を強く風刺した作品になっていました。

続きを読む "「man in the dark」 Paul Auster"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

映画「グラン・トリノ」

グラン・トリノ (クリント・イーストウッド 監督・主演) [DVD]

gran torino

アメリカ

2008

09年4月25日公開予定 

4月10日試写会鑑賞

イーストウッド監督作品は「チェンジリング」が非常に素晴らしかったので、立て続けに公開される新作も非常に楽しみにしていたところ、試写会に当選したので、一足早く観にいってきました。

この作品、驚くほどの傑作です!!

主人公ウォルト(クリント・イーストウッド)はかつて朝鮮戦争に従軍し、その後はフォード社に勤め、自宅ガレージにある72年製の愛車グラン・トリノをこよなく愛していた。頑固で昔気質、偏屈者の彼は、妻を亡くし、子供や孫達からは疎まれ、愛犬とともに余生を過ごしていた。

昔から住んでいる地域は気づけば、アジア系移民のフン族たちが集うようになり、人種差別主義者である彼は隣家に暮らすフン族の家族のことも気に食わない。

そんなとき、隣家の長男タオ少年がごろつきの従兄らにそそのかされ、ウォルトの愛車グラン・トリノを盗む為にガレージに侵入したところを見つかってしまう。やがて、あるできごとを機にタオの姉スーと知り合ったウォルトは、彼女のまっすぐな人柄を気に入り、会話を交わすようになる。スーは気が弱く地域になじめていない弟のことを気にかけており、ウォルトはグラン・トリノの件の償いとして、タオに自分の家の仕事を手伝わせるようになるのだが・・・。

「チェンジリング」は今年見た作品の中で1位かなぁと思っていたのですが、イーストウッド監督自信が、それを上回る傑作を作ってくれたことに、もうただただ脱帽です。

いつものイーストウッド節のきいた重い映画なんだろうと思って観始めたのですが、鑑賞開始からまもなく、試写会の会場は幾度となく笑いに包まれ、今回は何かが違うと認識。なんと、全編を通して温かな人情味溢れるユーモアに満ち溢れた作品ではないですか!

割とステレオタイプな登場人物が多くて、ウォルトの頑固っぷりも、子供や孫達のウォルトへの態度も、不良たちの悪っぷりも、おせっかいなアジア人たちも、癒し担当の動物も、どれもこれも、典型的な描かれ方で、それを上手く笑いに繋げているあたりが非常に上手いです。

しかし、それでいて、様々な深いテーマを盛り込み、容赦なく悲劇を描き、ラストはいつものイーストウッド節炸裂な賛否両論分かれそうな展開に。

鑑賞後は様々なことを考えながら、いつまでも映画の余韻が残り、自分の価値観などを見つめることになるのですが、それとともに、全編に溢れていた微笑ましいユーモアの数々も同時に思い返され、1つの映画としての完成度はすさまじいものだったと思います。

続きを読む "映画「グラン・トリノ」"

| | コメント (7) | トラックバック (34)

2009年4月14日 (火)

映画「チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室」

 Charlie Bartlett

charlie bartlett

アメリカ

2008

09年4月公開 

劇場鑑賞

なんとなく面白そうだなぁと思っていた作品ですが、このタイトルはちょっと・・・な気が。

主人公チャーリー・バートレットは大豪邸に母と2人で暮らす超セレブ高校生。彼は行く先々で様々な問題行動を起こし、私立高校を転校して回っていたのだが、ついに地元の公立高校に通うことになってしまう。

はじめは周囲から浮いた存在だったチャーリーだったが、自宅まで往診にくるホームドクターの精神科医に処方された薬が副作用でハイになれることを知り、その薬を学内で転売し、一儲けしようと企てるようになる。やがて、チャーリーは男子トイレをオフィスとして、個室の中で友人たちの悩みを聞き、その悩みをあたかも自分の悩みのようにホームドクターに話し、薬を手にいれることで、それを転売し、やがて学内の人気者となっていく。

同じころ、学校では校長(ロバート・ダウニーJr)が、風紀の乱れを取り締まるため学生用ラウンジに監視カメラを設置し、学生たちはこれに大反発。チャーリーが転校して以降、学内の様子がますます乱れていくのを危惧する校長は・・・。という物語。

どういう方向に転ぶのかが全然読めなくて、なかなかひねりのきいた面白い青春映画でした。上映館数が非常に少ない上にこの邦題なのが本当に悔やまれます。これだと、良く分からないお色気系青春コメディみたいな感じがしますが、かなり繊細な物語でした。

問題児というチャーリー少年が、不良学生というわけでもないし、セレブ少年だからと言って、どこかのホテル王の孫娘のように派手に遊びまわるわけでもなく、頭脳派な問題行動を起こすというのがなかなか面白かったですね。

ピアノでジャズを陽気に弾き語り、頭脳明晰なチャーリー、無理をしなくても、彼の良さを理解できる仲間達はすぐにでも集りそうなものですが、孤独な少年が、人気者になりたいという一心で、危うい方向に向かう姿は見ていてちょっと気の毒でしたね。しかし、実行しているときの彼はとても生き生きしているんですが・・・。

続きを読む "映画「チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室」"

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2009年4月12日 (日)

映画「アメリカン・ティーン」

 アメリカン・ティーン [DVD]

american teen

アメリカ

2008

08年10月公開 

DVD劇賞

アメリカの高校生たちの密着ドキュメントということで、面白そうだなぁと思っていた作品。自分、高校生活を描く映画が結構好きだということに気がついた今日この頃。

アメリカ、インディアナ州のごくごく平均的な地方都市ワルシャワに唯一ある高校に通う3年生の生徒達の中から5人に密着し、彼らの高校3年生の1年間を映し出していくドキュメンタリー。5人は以下の通り。

メーガン(女王様):
様々な課外活動をこなす学校のアイドル、名門ノートルダム大を目指す。

コーリン(スポーツ選手):
バスケ部の花形スター選手。

ミッチ(人気者):
顔良し、性格良しのバスケ部レギュラーはみんなの人気者。

ジェイク(オタク):
マーチングバンドに所属するも、練習以外は自宅でTVゲームに熱中。

ハンナ(変わり者):
アートを愛する個性の強い少女。

とても面白い作品ではあったのですが、ドキュメンタリーでカメラで撮られているにもかかわらず、皆さんがあまりにも開けっぴろげで、多少の演出はあるんだろうけど、君達そんなことして、全世界で上映されちゃうけど大丈夫?な場面が多数あるのにビックリ。

そんなちょっとした「やらせ」感があるのは事実なんですが、この映画は、これが完全にフィクションであったとしても、なかなか見ごたえのある作品になっていたと思います。様々なタイプの青春が詰まっていて、ドラマチックでスリリングで、ほろ苦い高校3年生の学生生活をたっぷりと味わうことのできる作品でした。

このドキュメンタリーを見ていると、アメリカの高校生活を描いた色々な青春映画の背景がとてもよく分かりますね。あの映画のアノキャラクターはこういうポジションの子なのか~、のような感じ。でもって、「ハイスクール・ミュージカル」がヒットするってのもよく理解できました。

続きを読む "映画「アメリカン・ティーン」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

映画「ベッドタイム・ストーリー」

Bedtime Stories (Junior Novelization) 
<画像は洋書ノベライズより>

bed time stories

アメリカ

2008

09年3月公開 

字幕版劇場劇賞

感想が4つほど貯まっていて大混乱中なのですが、マイペースに更新させていただきます(試写会で観た作品が間違いなく今年1位の内容だったので、早くその感想を書きたいのですが、ぐっと我慢)。

さてさて、ディズニー大好きな自分としては、「魔法にかけられて」の完成度の高さもあり、とても楽しみにしていた作品。絶対に字幕版で観たかったので、数少ない上映劇場を探して観てきました。新宿ピカデリーさん、もうちょっと大きなスクリーンで観たかったです・・・。

家族で経営していたホテルが大手ホテルチェーンに買収されてから数十年、買収の際、「やがては息子を支配人に」という口約束があったのを信じながら、主人公スキーター(アダム・サンドラー)は、オーナーの娘バイオレットに憧れながら、自分の生まれ育った場所に建てられたホテルで設備係をしていた。

あるとき、シングルマザーの姉がしばらく家をあけることになり、スキーターはその間2人の子供達を預かることになる。しつけの厳しい母に育てられた子供達を相手にお調子者のスキーターは手を焼くが、眠る前に子供達にスキーター自身をモデルにした物語を即興で創作して聞かせたところ大喜び。

ところが、その翌日、物語で語ったできごとが次々と現実に起こってしまう。このことに気づいたスキーターは自分に都合の良い物語を作って聞かせて自らの夢を実現させようと企むのだが・・・。

子供達が語った物語が現実世界で実現するということで、もっと「ジュンマンジ」や「ザスーラ」みたいな映画なのかと思っていたんですが、実現の仕方はあくまでリアルな世界で起こりうる範囲内だったので、その点ちょっと予想と違いましたね。

で、全体的な感想としては、かなり物足りなかったです。この設定、絶対もっと面白く作れよー、と思ってしまいました。これは決して、ディズニー製作で健全なコメディだったから物足りなかったわけではなくて、全体的に物足りない作品だったんですよねぇ。

ただ、CGだったのは目だけというのが信じられないハムスター君は可愛かったです☆彼の存在自体は完全に「空気」でしたが・・・。

続きを読む "映画「ベッドタイム・ストーリー」"

| | コメント (2) | トラックバック (9)

2009年4月 9日 (木)

映画「ハンコック」

 ハンコック エクステンデッド・コレクターズ・エディション 【Amazon.co.jp 限定リバーシブル・ジャケット仕様】

hancock

アメリカ

2008

08年8月公開 

DVD劇賞

昨年の話題作(?)。てか気になるのは、このところ、ウィル・スミスは主演作品が公開されるたびに来日してません??

主人公ハンコック(ウィル・スミス)は超人的な力を持ち、様々な事件を解決するヒーローだったが、あまりにも雑な活躍っぷりに、毎回数々の2次被害を引き起こすため、人々からは疎まれ、酒におぼれる毎日を過ごしていた。

あるとき、ハンコックの活躍によって一命をとりとめた広告マンのレイ(ジェイソン・ベイトマン)はその御礼として、彼のイメージアップのためのPRを買って出ることとなる。レイの妻メアリー(シャーリーズ・セロン)はハンコックに近づく夫を好ましく思っていなかったのだが・・・。という物語。

うーん、なんか惜しい映画でした。

まず、手持ちカメラみたいな感じのぶれる映像が見づらい。もっとストレートに撮影したほうがこの作品には合ってる気がします。

そして、ハンコックのキャラがどうも生きてない。ヒーローなのに様々なものを破壊するから町の嫌われ者って内容は、とっくに「Mr.インクレディブル」が扱っているし、そちらのほうが上手かったように思います。ハンコック活躍が大雑把なのも、そこまで面白く感じられず、個人的には序盤はかなり退屈でした。

しかし、この映画、後半になって、あまりに予想からかけ離れた展開を見せ、着地点が見えなくなり、俄然面白くなりました。(なんか、序盤は良かったのに後半がつまらなかったという意見が多いようですが、自分は逆です。)いや~まさかね~。そして、映像的な面白さも後半の方が面白かったです。もっともっと遊んでも良かったのでは?と思ってしまったくらい。

続きを読む "映画「ハンコック」"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年4月 6日 (月)

「沖で待つ」 絲山秋子

沖で待つ (文春文庫)

沖で待つ

絲山秋子

文春文庫 2009.2.
(original 2006)

芥川賞の受賞の表題作を含む3作品を収録した作品集。

一番面白かったのは、芥川賞作品かなぁ。

全体的な印象としては、働く人々を主題にすえているので、学生の自分にはちょっと入り込みづらい部分もあるんですが、表題作にはかなり共感できる部分があったので結構お気に入りです。

ただ、ちょっと文体が説明的すぎる気がしないでもありません。情景だけで十分描写されているのに、わざわざその描写が何を示しているのかを丁寧に書いてしまうんですよねぇ。

以下作品ごとに感想。

続きを読む "「沖で待つ」 絲山秋子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

千鳥ヶ淵に行ってきた

ちょっと前になりますが、3日の金曜に陽気に誘われて出かけついでにふらりと千鳥ヶ淵に立ち寄ってみました。

今年は21日に開花宣言があって、その後、2度もお花見を企画したのですが、22日は雨だった上に桜は0.3分咲くらい、その1週間後の29日もさっぱり咲いていなくて、外しまくっているのですが、そろそろ咲いていても良いだろうということで、いわゆる「お花見」はできないまでも、散歩をしてきました。

桜の名所というだけあって、平日の昼間にもかかわらずそれはそれはものすごい数の人で賑わっていたのですが、頑張って人ごみにもまれながら桜見物。

 

Img_1842_4

金曜の時点で、8分咲くらいだったので、この週末で満開になって、この先1週間くらいは楽しめるのではないでしょうか。

以下、千鳥が淵の桜フォト。(クリックで大きくなります)

 

続きを読む "千鳥ヶ淵に行ってきた"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

映画「パラノイドパーク」

パラノイドパーク [DVD] 

paranoid park

アメリカ フランス

2007

08年4月公開 

DVD劇賞

ガス・ヴァン・サント監督が「エレファント」同様にちょっと重めのテーマを扱っている作品ということで、これは是非とも観てみたいと思っていた作品です。

主人公は16歳の少年アレックス。かわいいガールフレンドはいるけれど、どこかしっくりとはこないし、家では両親が離婚の危機にあり、弟はそれにストレスを感じている様子。そんな折、彼は友人に誘われて、パラノイドパークと呼ばれるスケボー場に通うようになる。

あるとき、1人でパラノイドパークにいるところを不良グループに声をかけられ、公園の近くにある線路で貨物列車を使った遊びに誘われる。その数日後、授業中に呼び出されたアレックスは線路で発見された警備員の死体に関して何か知らないかと問われるのだが・・・。

うーん、思ったほどではなかったけど、やっぱり良い作品でした。

素行の良くない少年たちが集まるスポットに通ってはいるものの、アレックス自身は決して不良少年ではなくて、まだまだ容姿にも言動にもあどけなさをたっぷりと残している16歳。そんな彼が、大きな秘密を抱えてしまい、それでも、自分の日常を生き続けていく姿を淡々と静かに、印象的な映像と音楽とともに映し出す作品で、「エレファント」の監督ならでは!と思わせてくれる1本だったと思います。

特に饒舌なセリフなどもなしに、主人公の不安、焦りなどの葛藤を、ふとした表情やしぐさ、そして、クリストファー・ドイルの見事なカメラワークの中に見事なまでに再現してみせたのは素晴らしかったです。

続きを読む "映画「パラノイドパーク」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ヤッターマン」

 

ヤッターマン

日本

2009

09年3月公開 

劇場劇賞

オリジナルの世代ではないものの、子供の頃、再放送などで慣れ親しんだヤッターマンが実写化ということで、気になっていた作品。果たしてその完成度やいかに!?

泥棒の神様ドロンボーの手下であるドロンジョ(深田恭子)、トンズラー(ケンドー・コバヤシ)、ボヤッキー(生瀬勝久)の3人はドクロストーンを探すため、ロボットを作っては様々な悪の限りを尽くし、それを阻止しようとするヤッターマン1号(櫻井翔)と2号(福田沙紀)の2人と毎週毎週熾烈なバトルを繰りひろげていた。

あるとき、ドクロストーンを発見した考古学者の海江田博士が行方不明となり、その博士の娘(岡本杏理)と出会ったヤッターマンたちはドクロストーンを狙うドロンジョたちを阻止すべく、オジプトへと向かうのだが・・・。

いや~、思ってたのよりもずっと面白かったです!これ、完全にヤッターマン世代の大人向きですよね。そういう意味ではお子様達にはちょっと申し訳ないし、人気アイドルを主演にして春休みに公開するのもいかがなものかと思わないでもない作品だったと思います。

開始早々、次々に画面に現れるタツノコプロのキャラクターたちに喜び、これまた次々と現れるお約束の数々に歓喜し、くっだらないコネタに笑い、実写化すると妙に生々しくなる下ネタのオンパレードに失笑し(これかなりエグかったので、嫌悪感を覚えてしまうと辛いかも)、素晴らしいまでのCGで再現されたヤッターマンの世界にどっぷりと浸かれる2時間でした。

特撮ドラマみたいな安っぽさがあるんじゃないかと思ったんですが、ここまでの映像でみせてくれたことは本当に感謝感謝です。

ちなみにこの映画、あくまで「毎週放送されているアニメ」という世界観を崩していないところもかなりの見所です。そのため、映画の内容がちょっとダラダラしてしまってるような部分も、30分のアニメを4話続けて見ているような気分で鑑賞すれば、一気にほほえましくなります。

続きを読む "映画「ヤッターマン」"

| | コメント (2) | トラックバック (11)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »