« 映画「昼下りの情事」 | トップページ | 「お化け屋敷で科学する! 恐怖の研究」@日本科学未来館 »

2009年5月 7日 (木)

映画「情愛と友情」

情愛と友情 [DVD]

brideshead revisited

イギリス

2008

日本未公開

DVD鑑賞

どう見ても、当初は劇場公開用に準備していたとしか思えないやたらと立派な公式サイト(コチラ)のある未公開英国作品。英国文芸モノ映画ファンとしては見逃せない1本です。

原作はちょっと前に読んだイーヴリン・ウォーの『回想のブライズヘッド』(『ブライズヘッドふたたび』)。英国では80年代にBBCが製作したドラマが大好評を博したそうで、今回の映画化は、エマ・トンプソンが出演しているということで、ちょっと楽しみにしてたのにまさかの未公開。ちなみに監督は『キンキー・ブーツ』のジュリアン・ジャロルド。

ロンドンのパディントンに父と2人で暮らす主人公のチャールズ(マシュー・グード)はオックスフォード大に入学することになり、そこで自分とは身分の違う侯爵家の子息であるセバスチアン(ベン・ウィショー)と知り合い2人は親友となる。やがてリチャードはセバスチアンの実家であるブライズヘッドという豪邸を訪れるようになり、魅力的なセバスチアンの妹のジュリア(ヘイリー・アトウェル)にひかれていく。

ブライズヘッドに暮らすフライト家では、敬虔なカトリック教徒である母親(エマ・トンプソン)が強い影響力を持って君臨しており、4人の子供達の中でもセバスチアンとジュリアはその呪縛からは逃れようと、カトリックから離れた生活をしようとしていた。あるとき、同じように母の呪縛から逃れるように愛人と2人でヴェネチアで暮らしているセバスチアンの父親のもとで過ごしていたリチャードはそこでジュリアと急接近するのだが、その場面をセバスチアンに目撃されてしまう。同性愛的愛情でつながれたセバスチアンとの関係や、美しい妹のジュリアとの関係の中で、そして、ブライズへッドを支配する母によるカトリックの影響下で無神論者であるリチャードが目撃するこの家族の辿る数奇な運命を描き出す。

うーん、原作どおり宗教色の強い作品なので、全国公開はちょっと厳しかったかもしれませんが、立派なお屋敷やヴェネツィアなど映像も楽しませてくれるので、ミニシアターでも公開して欲しかったですねぇ。

原作を読んでから観たのですが、全体的にセバスチアンとの関係とこの作品の肝であるカトリックの信仰問題の部分に大きく焦点をあてた映像化で、エピソードの選択もなかなか上手かったと思います。ただ、セバスチアンがメインになってしまって(確かに彼は面白いキャラクターなのですが)、ジュリアとの物語が割とあっさりしてしまったのがちょっと残念。ま、2時間程度で収めるとなると仕方ないのかもしれませんが・・・。

原作本は上下巻だったのですが、上巻エピソードは結構しっかり描かれたものの、下巻エピソードはラストのブライズヘッドでのクライマックスを描くために、かなり大胆にカットされてしまっていて、あまりのカットっぷりに内容が分からなくなる人もいるのではないかと思うくらいでしたね・・・。

しかしながら、ブライズヘッドのお屋敷映像をたっぷりと堪能できたのは英国好きとしてはこの上ない至福の一時でした。あの素晴らしすぎる邸宅は外観も内装もため息が出るほどに美しかったです☆

セバスチアンを演じたベン・ウィショーは、それはそれは見事なセバスチアンっぷりで、危い感じの青年を熱演していましたね~。でもテディベア君が思ったよりも可愛くなかったのがちょい残念。

あと、エマ・トンプソンは期待を裏切らない堂々たる存在感で映画を引き締めてくれました!ここまで厳しい彼女はなかなか観ることができないですからね~。

うーん、タイトルの「情愛と友情」というのは恐らく同じく英国作家のオースティンの作品である「高慢と偏見」や「感性と知性」などと同じ感覚でつけたんだろうけど、まるで作品の内容を表していませんよね。この作品は宗教的な要素が強いので、せめて「情愛と信仰」とかが良いのではないでしょうか。ま、そんなタイトルだと見る人が一気に減ってしまいそうですが。ここは素直に「ブライズヘッド再訪」とかで良かったように思います。

* * *

参考過去レビュー

原作本「回想のブライズヘッド」 イーヴリン・ウォー

* * *

監督のジュリアン・ジャロルドの前作

映画「キンキー・ブーツ」

|

« 映画「昼下りの情事」 | トップページ | 「お化け屋敷で科学する! 恐怖の研究」@日本科学未来館 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。またまたお邪魔します。
WOWOWで放送してくれたので、ありがたく録画してやっと観ることができました。
これは保存版決定です。

本当に、何でわざわざな妙~な邦題になっているので、内容を勘違いしそうです。
序盤の印象とは全く違うところに主題があって、静かな描き方なのに目が離せない気分になって、
ずっろ画面を凝視しながら観ていた気がします。
如何にも小説らしい展開でしたが、終盤には「そんなに簡単に大事なことが進んじゃうの?」と多少戸惑いも…
でも、主人公ならずとも惚れ惚れと見蕩れる美しい邸宅に、美しい青年たち、
個性と役割が際立った役者たちに衣装までも含めて、見所の多い作品でした。
これは、小説は読み応えがあるでしょうね・・・

投稿: 悠雅 | 2010年2月 2日 (火) 21時31分

>悠雅さん

コメントどうもありがとうございます。

ある日を境に急激に
この記事のアクセス数がアップしたのですが、
WOWOWで放送があったのですね。

俳優陣もほれぼれするような大邸宅も、
英国映画の醍醐味をたっぷりと味わえる作品ですよね。

割と映画化は成功しているように思うのですが、
原作はもっとキャラクターやエピソードが
深く掘り下げられていてとても面白かったので
映画がお気に召しましたら、原作のほうもかなりオススメです。

それにしても、
オースティン原作作品を意識し過ぎている邦題は
結局、本質をちゃんと捉えられていなくて、
何やらよくわからない感じになってしまってますよね・・・。

投稿: ANDRE | 2010年2月 3日 (水) 23時37分

再度お邪魔します。
先日、TBを送ったつもりだったんですが、届いていなかったみたいです。
もし今日も届いていなかったらごめんなさい。

おお、アクセス数、そうでしたか。
検索でもANDREさんの記事が上位に来てますものね。
DVDで観なくっちゃ、と思ってるうちにWOWOWの放送になってしまってました^^;

投稿: 悠雅 | 2010年2月 4日 (木) 09時16分

>悠雅さん

TB、管理人の承認が必要になっていましたので、
承認しておきました。
この承認が必要だったら必要でなかったりする理由が
よくわからずご迷惑をおかけして申し訳ないです。

未公開映画の記事を書いたときは
割と検索上位にくることが多いんですが、
今回はWOWOWでの放送に合わせて、
2週間ほどでこの記事だけかなりのアクセスがあったので、
放送をご覧になられた方が
かなり多かったのではないかと思います。

投稿: ANDRE | 2010年2月 4日 (木) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/44905359

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「情愛と友情」:

» 情愛と友情 [悠雅的生活]
美しいブライズヘッド・・・それは、カトリックの館。 [続きを読む]

受信: 2010年2月 2日 (火) 21時21分

« 映画「昼下りの情事」 | トップページ | 「お化け屋敷で科学する! 恐怖の研究」@日本科学未来館 »