« 「お化け屋敷で科学する! 恐怖の研究」@日本科学未来館 | トップページ | 「アジア新聞屋台村」 高野秀行 »

2009年5月12日 (火)

映画「あぁ、結婚生活」

あぁ、結婚生活 [DVD]

married life

アメリカ

2007

2008年公開

DVD鑑賞

GWに気軽に見ようと思ったらそこまで軽くもなかったっていう・・・。

舞台は1940年代のアメリカ。会社を経営しているハリー(クリス・クーパー)は美しく若い未亡人のケイ(レイチェル・マクアダムス)と親しくなり、親友のリチャード(ピアーズ・ブロスナン)に彼女のことを紹介する。ハリーは長年連れ添った妻のパット(パトリシア・クラークソン)には自分しかいないと思うと、なかなか離婚を切り出せず、そんな状況を打開するために、ある日彼は妻の殺害を決心する。一方、リチャードもまたケイの美しさにひかれ、ハリーの目を盗んで彼女に近づくのだが・・・。

古きよきアメリカを舞台に描かれるちょっとスリリングなサスペンスかと思いきや、そうでもなくて、もっと捻ってくるのかなぁと思ったストーリーもかなりストレートに終わってしまった為、可もなく不可もなくといった印象で終わってしまいました。

もうちょっとヒッチ・コック的なものを期待したんですけどねぇ。それか、「エデンより彼方へ」みたいなのとか。

レイチェル・マクアダムズは「きみに読む物語」のときは綺麗だなぁと思ったのですが、今回は男達を虜にする未亡人にしてはイマイチ魅力不足な印象。スカーレット・ヨハンソンあたりに演じて欲しかったかなぁ。

役者さんたちは全般的に派手さはないけれど、堅実で良かったと思います。

未亡人とかそのあたりがもっと伏線になってくるのかと思いきやそうでもなく、あれこれと勝手に自分の中でストーリーを膨らませすぎちゃったのが悪かったのかもしれません。

でも皮肉をこめた内容ではあるものの、そこまで笑えなかったんですよねぇ。皮肉に徹するならやはり最後はもうちょっとブラックに〆て欲しかったですね~。

テーマは「人の不幸の上に幸せは築けない」ということなのですが、果たしてそれは真実なのでしょうか・・・

|

« 「お化け屋敷で科学する! 恐怖の研究」@日本科学未来館 | トップページ | 「アジア新聞屋台村」 高野秀行 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/44985190

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「あぁ、結婚生活」:

» 試写会「あぁ、結婚生活」 [ITニュース、ほか何でもあり。by KGR]
2008/8/22、新宿、明治安田生命ホールでの開催。   クリス・クーパー、ピアーズ・ブロスナン、 パトリシア・クラークソン、レイチェル・マクアダムス。 ** ** (結末は書いていませんが、ストーリー展開の大部分を書いています) ** ここから オープニング・タイトルは、1950年〜1960年代を彷彿とさせる。 それもそのはず、物語の舞台は1949年。 リチャード(ピアーズ・ブロスナン)が 親友のハリー(クリス・クーパー)を語る形で物語が進行す... [続きを読む]

受信: 2009年5月19日 (火) 14時00分

» 映画『ああ、結婚生活』を観て [KINTYRE’SDIARY]
76.ああ、結婚生活■原題:MarriedLife■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:90分■字幕:古田由紀子■鑑賞日:9月17日、ル・シネマ(渋谷)スタッフ・キャスト(役名)... [続きを読む]

受信: 2011年1月13日 (木) 20時56分

« 「お化け屋敷で科学する! 恐怖の研究」@日本科学未来館 | トップページ | 「アジア新聞屋台村」 高野秀行 »