« 「夕子ちゃんの近道」 長嶋有 | トップページ | 「パウル・クレー 東洋への夢」&「江戸浮世絵巻」
@千葉市美術館 »

2009年5月19日 (火)

映画「消されたヘッドライン」

Poster01

 

state of play

アメリカ

2009

2009年5月22日公開

試写会鑑賞

先日、試写会に当選して観にいってきました。

舞台はワシントンD.C.。あるとき、黒人少年が何者かによって射殺され、現場に居合わせたピザの配達員も撃たれ重症になるという事件が起きる。同じ頃、国会議員スティーヴン・コリンズ(ベン・アフレック)のもとで働く女性ソニア・ベーカーが出勤途中の地下鉄で謎の死を遂げる。

ソニアの死を受けて記者会見を開いたスティーヴンだったが、その会見で彼は泣き出してしまい、世間はスティーヴンとソニアが不倫関係にあったことを大きく報じる。

ワシントン・グローブ紙の記者カル・マカフリー(ラッセル・クロウ)は学生時代からの友人であるスティーヴンのことを気にかけていたが、たまたま取材をしていた黒人少年の殺害事件で、被害者の少年の携帯履歴にソニアの名前を発見し、この2つの事件の接点を求めて、ソニアの事件を取材していたWeb版担当の若い女性記者取材デラ(レイチェル・マクアダムス)と共に事件の核心を追い始めるのだが・・・。

実は応募したことさえ忘れていて、ほとんど前知識を入れずに観たのですが、タイトルに「state of play」と出たときに、「おや?」と思い、議員が記者会見で涙を見せる場面で確信。その後、調べたらやっぱりそうでした。

これ、昨年、NHKのBSで放送されてたイギリスのドラマ「ステート・オブ・プレイ 陰謀の構図」(2003年BBC製作)の映画化じゃないですか!

と、その瞬間、ストーリーを全部知ってることも同時に発覚してしまったので、弱冠モチベーションも下がったのですが、最後まで割と楽しく観ることができました。人間関係がすっきりしてたり、舞台がアメリカになったことで、裏に登場する会社なんかの設定がちょっとアメリカっぽく変わってたりしてましたが、ストーリーはほぼ同じでした(記憶もやや曖昧ですが)。

この物語は事件を追うのが刑事ではなくて、新聞記者だってのが面白いですよねぇ。自分の足で、他の新聞社や警察サイドと情報の攻防戦を繰り広げながら、真実を追う面白さは映画版でも健在。

ドラマ版は1時間番組の全6話だったものが、映画だと2時間ほどで描かれるので、ダイジェスト版のようになるのではないかとも思ったのですが、意外にも「第1話」部分をかなり丁寧に描いていて、逆に観ながら、「まだ、第1話の内容だけど、このペースで2時間でまとめられるのか?」と心配になってしまうような感じ。

ただ、このお話、結構地味でやや中だるみというか、テレビドラマのほうは面白いものの、ちょっと退屈な部分があったのも事実なので、意外と2時間でまとめちゃったほうが観やすかったようにも感じました。映画で初めて観る人はちょっと整理が大変かもしれませんが。

でも映画にするんだったら、もうちょっとスリリングな演出にしたほうが、画面映えしたかなぁと言う気がしないでもないです。やっぱり、全般的に面白いんだけどちょいと地味なんですよねぇ。

あと、ラストをドラマ版と変えてくるかと思いきやそのままだったのが意外といえば意外。

キャスト関係ですが、イメージがあまりにドラマ版と違う為、ものすごいギャップが。特にラッセル・クロウ(ドラマはジョン・シム)の髪型が・・・。ベン・アフレック(ドラマはデービッド・モリッシー)もスマートすぎる印象なんですよねぇ。キーパーソンとなるドミニクもドラマ版のマーク・ウォーレン(『華麗なるペテン師たち』にも出てましたよね~)とは似ても似つかぬジェイソン・ベイトマン。一方、女性陣はそこまでの違和感はなし。映画単独では結構良いキャスティングだとは思うんですけどね。

ヘレン・ミレンはドラマ版とは違って女性編集長を熱く演じてましたが、CMでよく流れてる場面以外は活躍どころも特になくって感じでしたねぇ。

Img003

 

主人公の片腕デラを演じるレイチェル・マクアダムスは先日見た「あぁ、結婚生活」のときよりも今回の役柄の方が好き☆

Img004

 

ところで、ラッセル・クロウとベン・アフレックが学生時代からの友達ってのは、ちょっと年齢設定的に無理があるような・・・。

Img002

そうそうエンドロールの新聞印刷映像が結構ツボでした♪

余談ですが、この映画の宣伝で「アメリカの闇」などの言葉が結構使われているんですが、もともとのBBCのドラマがイギリスを舞台にしていたので、その辺りにもちょっと違和感が。国に関係なく「現代社会の闇」って感じで、似たようなことはどの国でも起こりそうですよねぇ。

* * *

今回の試写会、試写の前にザ・ニュースペーパーがネタの披露をするイベントがあったのですが、なんと試写会当日朝のニュースを早速ネタにしていて、時事ネタがメインなのだから当然なのかもしれませんが、ネタの新鮮さに驚いてしまいました。結局一人二役な結果になっちゃいましたが、今後どうされるんですかねぇ。

* * *

試写会時に宣伝をしていたので、ついでにこちらにも登録してみました。

記事中の写真はこちらから提供していただいたものを利用しています。どうもありがとうございます。

映画『消されたヘッドライン』ワシントン・グローブ社日本支社発 市民ジャーナリスト・サイトバナー

|

« 「夕子ちゃんの近道」 長嶋有 | トップページ | 「パウル・クレー 東洋への夢」&「江戸浮世絵巻」
@千葉市美術館 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

TB/コメントありがとうございます。

年齢的違和感、やはり感じますよね。
きれい汚いはいいんですけど。

新聞製作もよかったですね。
電子入稿で、電子写植で、輪転機以外が見れたし。

>「アメリカの闇」
やっぱり戦争の国だからでしょうか。

投稿: KGR | 2009年5月19日 (火) 13時49分

これね。映画化されると、日本での放送時から知ってたんです。
その時から、「なんで、ラッセル・クロウだぁ?」と思ってたら、
散々シネコンでかかる予告で「アメリカの闇」って言われて、
いや、元は英国ですけど、とツッコミ入れたり(笑)
さて、観るべきかどうしたものか、とわが家で先日もお喋りしてたんですが…
だって、あまりにも主役のイメージ違うし。
ビル・ナイ、ヘレン・ミレンになってるし。
しかも、ジェームズ・マカヴォイの役がない~?
(これは、まぁ、仕方ないと理解できますけどね)
まだちょっと迷いつつも、やめとくかな?に傾いてます。。。

投稿: 悠雅 | 2009年5月19日 (火) 22時25分

>KGRさん

コメントいただきましてどうもありがとうございます。

もともとはブラピとエドワード・ノートンが
キャスティングされていたようなので、
そちらのほうが年齢的にも役柄的にもしっくりきたように思います。

新聞製作の映像は思った以上にしっかりと見せてくれたのが
嬉しかったですね!

 
* * *

>悠雅さん

コメントどうもありがとうございます!

やっぱり、「アメリカの闇」は気になりますよね~。

応募したことさえ忘れていた試写会だったので、
なんとなく行って、
議員が記者会見で泣く場面を見た瞬間、
思わず声を出しそうになってしまいました。

映画としては悪くはないのですが、
キャスティング含めちょっと地味な印象でした。

いっそのこと、ドラマ版のキャストで映画化してくれれば
良かったのになぁなんて思います。

ジェームズ・マカヴォイは存在すら
いなかったことになってしましたね・・・。

劇場鑑賞はパスされても、
そのうちテレビ放送などもあると思いますし、
何かの機会でご覧になられても
そこまで酷く損することはないと思います。

投稿: ANDRE | 2009年5月21日 (木) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/45059090

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「消されたヘッドライン」:

» 消されたヘッドライン [LOVE Cinemas 調布]
イギリスの大人気サスペンスドラマをハリウッドでリメイクした作品。主演ラッセル・クロウをはじめ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレンと実力ある俳優がそろったサスペンスムービー。監督はドキュメンタリー映画の鬼才ケヴィン・マクドナルド。米国でも1週間前に公開されたばかりというこの作品、試写会で鑑賞してきました。... [続きを読む]

受信: 2009年5月19日 (火) 02時21分

» 『消されたヘッドライン』 [ラムの大通り]
(原題:State of Play) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 「う〜ん。 これは困ったなあ」 ----えっ。どうしたの? なにか問題でも? 「いや、実はこの映画、 観ている間はけっこう気に入っていて、 ある意味、感動すら覚えていたんだけど、 観終わった後、ある人に 『最初から、筋が読めちゃって そうなったらもうオモシロくなくなった』と言われて…。 ぼくなんか、まったく予想がつかない展開だったか... [続きを読む]

受信: 2009年5月19日 (火) 11時13分

» 映画「消されたヘッドライン」@スペースFS汐留 [masalaの辛口映画館]
今回の試写会は劇中に登場する新聞社“ワシントン・グローブ社”日本支社に登録した市民ジャーナリストを招いた試写会で、なんとマスコミ試写より早いブロガー試写会だそうだ。上映前には「鑑賞の心得」、超簡単な「カルトクイズ」があっての上映となった。客入りは満席。...... [続きを読む]

受信: 2009年5月19日 (火) 12時39分

» 試写会「消されたヘッドライン」(写真追加) [ITニュース、ほか何でもあり。by KGR]
2009/4/26、スペースFS汐留での開催。 プロガー限定。 最初に登壇したスタッフの言によれば、マスコミ試写より早い、とのこと。 本当かどうかは分かりませんが、「早く見せてあげる」というフレーズには滅法弱い。 映画本編開始前の出来事は別記事に書いた。 こちらは映画の感想。 ** ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、 ヘレン・ミレン、ロビン・ライト=ペン。 ** ある雨の夜。 街中を逃げる男。物陰に隠れ、追っ手を巻いたと思ったが、撃たれて倒れる。 そこへ通り... [続きを読む]

受信: 2009年5月19日 (火) 13時49分

» 『消されたヘッドライン』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
『消されたヘッドライン』俺たち!ジャーナリスト試写会っていうので試写会に当たって、昨夜は東宝東和さんの試写室で試写を観てきました。 東宝東和さんの試写室、確か2度目のはずなんですけど、めちゃくちゃ道に迷ってしまった方向音痴な自分。30分以上歩いて、しかも携帯... [続きを読む]

受信: 2009年5月19日 (火) 14時44分

» オーネット(o-net) 結婚 [オーネット(o-net) 結婚]
オーネット(o-net)での結婚、相談、出会い、お見合い、料金、指輪、リング、会員、冠婚、体験記、システム、結婚指輪、入会金、出会いなどの情報を掲載しています。 [続きを読む]

受信: 2009年5月19日 (火) 16時08分

» 消されたヘッドライン   試写会にて鑑賞 [レンタルだけど映画好き]
暴くのか、逃げるのか──。 それは、一人の新聞記者が見た“現代アメリカ最大の闇”。 巨大権力VS.新聞社 果たして、本当にペンは剣よりも強いのか。 何の関係もない2つの殺人事件がひとつの糸で結ばれた時、”現代アメリカ最大の闇”がその姿を現す。 2009年 アメリカ... [続きを読む]

受信: 2009年5月20日 (水) 00時18分

» 消されたヘッドライン [Peaceナ、ワタシ!]
暴くのか、逃げるのか-。 それは、一人の新聞記者が見た“現代アメリカ最大の闇”。 週末『消されたヘッドライン』の試写会へ行ってきました! なんと! 「ブロガー限定」の試写会だったんです! (マスコミ関連の試写より早いんだって…) わ~、招待されるとは光栄だわ~と内心ドキドキ・笑 この作品の魅力をブログで伝えようと、記者さながらに熱心にメモをとっているブロガーさんもいらっしゃって、試写開始前から気分が高まりました。 ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、ヘレン・ミレン、レイチェル・マクア... [続きを読む]

受信: 2009年5月21日 (木) 19時19分

» いろんな題材がてんこ盛り。『消されたヘッドライン』 [水曜日のシネマ日記]
殺人事件を切っ掛けに新聞記者の目線を通して様々なアメリカの闇の部分が見えてくるサスペンス映画です。 [続きを読む]

受信: 2009年5月23日 (土) 12時23分

» [映画『消されたヘッドライン』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆仕事が遅番だったので、朝一で観てきました。  ラッセル・クロウの変な髪形(欧米の裁判官のカツラ風)が印象的な作品だ^^;  明日は早番で、朝早いので、短いレビューで終わりますぜ^^;  主人公の新聞記者カルを演じたラッセル・クロウだが、メタボが極まっている。  てっきり、『ワールド・オブ・ライズ』の時は、デ・ニーロなみの役作りで太ったのかと思っていたのだが、普通に肥えていたらしい。  でも、つい最近までモテ男で通っていたので、デブだけど、自信満々で格好いい。  デブの私は、自分の目指す... [続きを読む]

受信: 2009年5月23日 (土) 18時27分

» 消されたヘッドライン [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[消されたヘッドライン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.0/10点満点 2009年50本目(45作品)です。 国会議員のスティーヴン・コリンズ(ベン・アフレック)のもとで働く美人職員のソニア(マリア・セイヤー )が、出勤途中に駅のホ..... [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 11時08分

» 消されたヘッドライン [だらだら無気力ブログ]
イギリスのBBCテレビのテレビドラマを舞台をアメリカに変更して リメイクしたサスペンス。 関係のない2つの事件から巨大な陰謀を嗅ぎ取った新聞記者が真相を めぐって奔走する様をスリリングに描く。ワシントンDCでドラッグ中毒の黒人少年が射殺される事件と。 国会..... [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 18時49分

» 『消されたヘッドライン』 (2009)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:STATEOFPLAY監督:ケヴィン・マクドナルド出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、ヘレン・ミレン、レイチェル・マクアダムス、ジェイソン・べイトマン試写会場 : 一ツ橋ホール公式サイトはこちら。<Story>ワシントンD.C.で相次いで起こった二つの事...... [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 21時40分

» 消されたヘッドライン [★YUKAの気ままな有閑日記★]
観ようか、、、観まいか、、、悩んだのよ〜コレ。・・・・・ラッセル・クロウったら、、、太り過ぎじゃないポヨ〜ンいや、、、笑顔はキュートだけどサ【story】ワシントン・グローブ紙の敏腕記者カル(ラッセル・クロウ)は、旧友の国会議員コリンズ(ベン・アフレック)と亡くなった女性とのスキャンダルを調べるうちに、もう一つの殺人事件との奇妙な関連性を発見する。カルは、編集長(ヘレン・ミレン)の指示のもと、後輩記者デラ(レイチェル・マクアダムス)とともに事件の真相を探るが―     監督 : ケヴィン... [続きを読む]

受信: 2009年5月25日 (月) 14時02分

» 消されたヘッドライン 戦争とはお金儲けのためのものなのか・・・ [労組書記長社労士のブログ]
【 31 -8-】 スタートレック{/m_0058/}がどうしても観たくて{/m_0084/}、で、見に行くなら日曜日になるんで、少しでもお安く{/m_0186/}観るために、公開日{/m_0167/}前日ギリギリで前売り券{/m_0065/}をゲットしてきた。 するとちょうど「消されたヘッドライン」がまもなく上映だったんで、ついでなんで観てしまった。ラッセルクロウ、大好きなもんで。  ワシントンD.C.で相次いで起こった二つの事件。ひとつはドラッグ中毒の黒人少年の射殺事件、そしてもうひとつは、気... [続きを読む]

受信: 2009年5月29日 (金) 13時10分

» 「消されたヘッドライン」派手さは無いが、ほど良い緊張感が心地良い [soramove]
「消されたヘッドライン」★★★☆ ラッセル・クロウ 、ベン・アフレック 、レイチェル・マクアダムス 、ヘレン・ミレン 主演 ケヴィン・マクドナルド 監督、2009年、127分、アメリカ、 イギリス 「大学からの親友同士、 ひとりは新聞記者に、もうひとりは議員となり それぞれの分野で活躍していたが ある事件がきっかけで、ふたりの人生が 再び交錯する、 心地良い緊張感が途切れることなく 上質のサスペンス映画が出来上がった」 ラッセル・クロウ扮する新聞記者側から... [続きを読む]

受信: 2009年6月 2日 (火) 08時10分

» 消されたヘッドライン を観ました。 [My Favorite Things]
ベン・アフレックはやはり相性が悪いかも…。 [続きを読む]

受信: 2009年6月 8日 (月) 09時53分

» 「消されたヘッドライン」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                         「消されたヘッドライン」 ラストの解りにくさを除けば素晴らしい作品ですね! コンピューターなどに押されて情報媒体としては斜陽的な位置づけにある「新聞」というメディアを扱ったクライム・サスペンスであります。 ラッセル・クロウ、期待を裏切らずいい味出してますねぇ(^^♪! 「ワールド・オブ・ライズ」で太ったのをそのままに、長髪のひげ面で昔ながらの ブンヤさんを力みなく好演しておりました。 この映画のめっけものは、ワシントン・グローブ紙のweb版担... [続きを読む]

受信: 2009年6月13日 (土) 13時41分

« 「夕子ちゃんの近道」 長嶋有 | トップページ | 「パウル・クレー 東洋への夢」&「江戸浮世絵巻」
@千葉市美術館 »