« 映画「スター・トレック」 | トップページ | 「墨東綺譚」 永井荷風 »

2009年6月 5日 (金)

映画「ブーリン家の姉妹」

ブーリン家の姉妹 コレクターズ・エディション [DVD]

the other Boleyn girl

アメリカ イギリス

2008

2008年10月公開

DVD鑑賞

英国好きとしては外せない1本。英国史を語る上で絶対に外すことのできない(その割に日本での知名度は低めの)ヘンリー8世と彼をとりまく女性たちを描いた作品です。

劇場で観たかったのですが、タイミングを逃し、ようやくDVDで観ることができたといういつものパターンです。

16世紀の英国、新興貴族のブーリン家には美しい姉のアン(ナタリー・ポートマン)と心優しい妹のメアリー(スカーレット・ヨハンソン)の姉妹がいた。あるとき、世継となる王子が生まれないことから王妃との関係が悪化しているという国王ヘンリー8世(エリック・バナ)が訪れることになり、姉妹の父親は姉のアンを王様の愛人として差し出そうとする。しかし、国王は既に結婚していた妹のメアリーを気に入ってしまう。

一家は王宮で暮らすようになり、やがてメアリーは王の子供を妊娠する。プライドを傷つけられた姉のアンは不祥事を起こし、フランスへ追放されてしまうのだが、その後帰国した彼女は、国王に近づいていき・・・。

カトリックから離脱し、英国国教会を誕生させるきっかけとなった国王ヘンリー8世とブーリン姉妹の数奇な人生を描き出す歴史絵巻。

いやはや、最初からずっと心配顔だった姉妹の母親は、一体どのような思いで全てを見届けていたんだろうか、ということがとても気になってしまう程に波乱に満ちた姉妹の物語でした。

英国版『大奥』というのがぴったりな感じの宮廷を舞台にしたドロドロとした女の戦いが描かれるのですが、日本のものとは違って粘着質なイジメがあったりするわけでもなく、もうちょっと深い人間ドラマとして楽しむことができました。ま、でも、国は違えど、似たようなことはどこでも起こっていたんだなぁって感じですよね。

メアリーが最初はいやいやだったのに、いつの間にやら王様にひかれてしまっていたのですが、ヘンリー8世ってそんなに魅力的だったんですかねぇ。彼が音楽家として有名で作曲なんかをしているのは知っていたんですが、実際、どんな方だったのか気になります。

最終的な姉妹の行く末を観た後で、結局歴史に残ったのはアン・ブーリンのほうで、妹のメアリーはすっかり影に埋もれてしまったということを考えると、一度は敗れてしまったアンの執念の強さを思い知らされました。

ちょっと物足りなかったのは、実際の歴史でも姉妹と大きくかかわるジェーン・シーモアがおまけ程度の登場でそれゆえにアンの受けるショックがちょっと伝わりづらかった点ですね。彼女のことをもうちょっと深く描くとさらにドロドロ度が上がったんですが・・・。(その後、ジェーンが亡くなった際、アンの呪いだと噂されているらしいので、ブーリン姉妹を描く上では割と面白い人物だと思うのです。)

それにしても、英国国教会の誕生裏話は、なんというか、愛人と結婚する為に宗教を作ってしまうってのは、なんだか、コメントもできないような史実ですよね・・・。てか、この王様、これを良いことに、その後結婚しまくるってのは、もはや手の施しようがないというか。イギリス王室のスキャンダルが昨日今日にはじまったわけではないのがよく分かりますよね~。

ここのところ、偶然にも、『宮廷画家ゴヤは見た』、『マイ・ブルーベリー・ナイツ』とナタリー・ポートマン出演作品を観ていたのですが、彼女は本当に出演する作品ごとで全く違う演技を見せてくれます。今回も、アン・ブーリンの感情の機微を見事なまでに演じていて、フランスから帰国してちょっと雰囲気変わった感じとかそれはそれは素晴らしかったです。もともとかなり好きな女優さんでしたが、ここ数年の活躍でその株は上がる一方。

他の女優陣ももちろん見事で、スカーレット・ヨハンソンは言わずもがなですが、キャサリンを演じたアナ・トレントも溢れんばかりのオーラが素晴らしかった!!

これを観終えると、そのままの流れでケイト・ブランシェットの『エリザベス』を観たくなってしまいますね~。エリザベス女王の生母の生き方に彼女の強さの片鱗を感じました。

 

|

« 映画「スター・トレック」 | トップページ | 「墨東綺譚」 永井荷風 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/45208884

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ブーリン家の姉妹」:

» ブーリン家の姉妹 [LOVE Cinemas 調布]
いやぁ、やっと公開の日が来ました。なんといっても私の大好きな女優ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの二人が共演とあって、もうずいぶん前から首を長くして待っていた訳です。このチラシの写真もGOOD!元画像は永久保存しちゃおうかと思ったり。(笑)... [続きを読む]

受信: 2009年6月 5日 (金) 01時15分

» 姉妹の愛憎劇 「ブーリン家の姉妹」  [Zooey's Diary]
2008年アメリカ・イギリス映画、監督ジャスティン・チャドウィック。 新興貴族のブーリン卿は、一族繁栄のために才気あふれる美しい姉娘アン(ナタリー・ポートマン)を、国王ヘンリー8世の愛人に差し出すことを目論む。 ところが王の心を捉えたのは、アンの妹で凡庸だが気立ての良いメアリー(スカーレット・ヨハンソン)だった。 その後、二人の運命は二転三転して… 国王ヘンリー8世とその王妃の椅子を巡って、姉妹の愛憎が交差します。 英国史上における二人の数奇な運命もさることながら、私はこの姉妹の愛憎と... [続きを読む]

受信: 2009年6月 7日 (日) 14時30分

» ブーリン家の姉妹 [だらだら無気力ブログ]
16世紀のイギリスの宮廷を舞台にイギリス国王であるヘンリー8世を巡って エリザベス1世の母であるアン・ブーリンとその妹のメアリー・ブーリンの 数奇な運命を描いた歴史ドラマ。16世紀、時のイングランド国王ヘンリー8世には、王妃キャサリンとの間に 男子の世継ぎが生ま..... [続きを読む]

受信: 2009年6月 7日 (日) 16時25分

« 映画「スター・トレック」 | トップページ | 「墨東綺譚」 永井荷風 »