« 「モノレールねこ」 加納朋子 | トップページ | 映画「真夏の夜の夢」 »

2009年7月15日 (水)

奇想の王国 だまし絵展 @Bunkamura

ちょっと前になりますが、渋谷の文化村で開催されている「だまし絵」展に行ってきました。

だまし絵、かなり好きです。

もうちょっとトリックアート系が多いのかと思ったのですが、特にそういうわけでもなく、結構広いくくりで、東西の様々な「だまし絵」を歴史を追って紹介するという内容でした。

一言で感想を言うと、だまし絵は本物を見るべし!

といったところでしょうか。やっぱり画集なんかで見るのとは全く違います!(ま、これは、だまし絵じゃなくてもそうなんですが。)

ものすごく写実的でうっかりすると絵が本物のように見えてしまうというスタイルの作品は、「うーん、やっぱり、これは絵だよね・・・」と思ってしまうものが多く(特に古い時代の作品)、コンセプトは面白いけれど、どこか微笑ましい印象です。意外と木目とガラスって昔の作品でもかなりリアルに描かれてて、ちょっとビックリした作品もあったけれど。

一方で、今回の目玉でもある野菜だけで顔を作ったり、江戸の人間だけで人の顔を作ったりといった、アイデアが面白い作品群は見ていて、とても楽しいです。

でもって、なんだかんだで一番楽しんだのは、マグリット&ダリ&エッシャーなんですが、これらは個別の展覧会に行って大いに楽しんだことがありますが、やっぱり面白いですよね~。

あと個人的大ヒットは最後のほうにあった現代作品の動くように見える絵です。これ、もともと仕組みも知っていたんですが、実物を見たの初めてだったため、無駄に何度も絵の前を行ったり来たりして、かなり満喫しちゃいました。自分で作っちゃおうかなぁ。

今回面白かった点に東西の作品を同時に見ることができるというのがあったのですが、絵の中に額縁を描くような作品なんかは、日本の掛け軸の中に掛け軸という作品のほうが西洋のものよりも味わい深くて、自分としては日本の作品に軍配が上がるかなという印象。

そうそう、幽霊の絵、普通にメチャメチャ怖かったです・・・。

あと、終わりのほうにあった、風景写真をジオラマのように加工するっていうのは、以前自分もちょっと挑戦したことがあります。なかなか面白いですよね。

僕がちょっと作ってみた作品↓(やっぱりちょっと微妙ですね・・・・)

Jio

そんなこんなで、芸術性という面ではちょっともの足りないかもしれませんが、コンセプトを楽しむという点で、なかなか楽しい展覧会でした。

|

« 「モノレールねこ」 加納朋子 | トップページ | 映画「真夏の夜の夢」 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

だまし絵は面白いかったですね。

ANDREさん作のジオラマ加工、凄いです~!
これってどうやるのですか?カメラにフィルターみたいなのを付けるのか、写真に加工をするのですか?

「水の都」はできました?
自分でやってみるという発想はまったくありませんでした。
できたらアップしてくださいといいたいところですが、3Dだから無理かぁ~。

投稿: ryoko | 2009年8月21日 (金) 18時10分

>ryokoさん

コメントありがとうございます。

ジオラマ加工は数年前に存在を知り
やり方を調べて自分で遊んで作ってました。
普通に撮った写真を、
Photoshopなどの加工ソフトを使って簡単に作れますよ。

前景と背景をぼかして、
ちょっとコントラストを強めにして、
色調の補正をする感じです。
ネット検索などでやり方が出てくるかと思いますので、
お時間があれば挑戦されてみると面白いかと思います。

「水の都」は、
あまりの面白さに自分で作りたい!
と思ったのですが、未だ着手せずです。
意外と自分でも作れちゃいそうな原理でしたが、
その前に絵が苦手という壁が・・・。
でも写真加工でもできるかもしれませんね。


投稿: ANDRE | 2009年8月22日 (土) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/45637465

この記事へのトラックバック一覧です: 奇想の王国 だまし絵展 @Bunkamura:

» だまし絵展 [映画の話でコーヒーブレイク]
6月半ばから渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「だまし絵展」にやっと行ってきました。 7月19日の時点で10万人突破!とか、人気のほどがうかがわれます。 4月11日から6月7日までは名古屋市美術館で開催されていたんですね。 名古屋では「視覚の魔術 だまし絵   あなたは見破れるか?」 渋谷では 「奇想の王国   ルドルフ2世、待望の初来日!」            名古屋のポスター         渋谷のポスター  この方、神聖ローマ帝国のルドルフ2世。唇や髪に刺したさくらんぼが... [続きを読む]

受信: 2009年8月21日 (金) 18時11分

« 「モノレールねこ」 加納朋子 | トップページ | 映画「真夏の夜の夢」 »