« 「図書館の神様」 瀬尾まいこ | トップページ | 来日公演 「A Chorus Line」 »

2009年8月28日 (金)

映画「地球が静止する日」

地球が静止する日 <2枚組特別編>〔初回生産限定〕 [DVD]

the day the earth stood still

アメリカ

2008

2008年12月公開

DVD鑑賞

我が家のテレビが故障してしまい、しばらく家でTVが観られない状態だったのですが、最新式の液晶TVが導入されたので、迫力のある映像が楽しめそうな作品を観ようと思い、だったらSFか!ということで借りてきました。

あるとき、NYのセントラルパークに巨大な宇宙船が現れる。亡き夫の連れ子だったジェイコブと暮らし、地球外生物を研究しているヘレン(ジェニファー・コネリー)は政府の対策チームに呼ばれ、そこで、宇宙船から現れたクラトゥという男(キアヌ・リーブス)と出会う。クラトゥは地球を救う為に来たと語るのだが・・・。

なんかもうちょっと「インディペンデンス・デイ」っぽい作品かと思っていたんですが、派手なバトルシーンなんかはほとんどなくて、割と地味な作品でしたね・・・。

テレビが大きくなったので、多少の迫力もついて、映像のほうは満喫できました。

クラトゥの目的が明らかになってくると、途端に説教臭い話になってしまったんですが、全体的にどうも納得のいかない場面も多くて、ちょっと微妙な印象です。

なんか、最後、クラトゥがあることを悟るんですけど、一体何を持ってその結論に至ったのかがどうもよく分からず、いまいち説得力に欠けてたんですよねぇ。「え?それを受けて、その結論?飛躍しすぎじゃないっすか??」という感じで。

しかも、そこでプツリと終わってしまった為、もう最後はポカ~ンとして終わってしまいました。

てかさ、一般市民からしてみれば、何故彼らがやってきたのかも分からず、いきなり町が破壊され、勝手に宇宙人たちが去っていったという状況なのだから、今後何かが変わるとはとうてい思えないのですが・・・

これ、オリジナルは白黒のロボット映像が有名な1951年の巨匠ロバート・ワイズ監督の作品。ちゃんと観たことはないのですが、調べてみたところ、冷戦時代が反映されたちょっと骨太なメッセージの感じられる作品だった様子。現代的なテーマに置き換えるのは良いのだけど、なんか、もうひと頑張りしてほしかったところです。

キアヌ・リーブス&ジェニファー・コネリーは言わずもがなですが、貫禄あるキャシー・ベイツはやっぱりいつ観ても素敵な女優さんだなぁと思います。

あと、少年は「幸せのちから」にも出演していたウィル・スミスの息子さんでしたね。親の七光りが多少はあるかもしれませんが、なかなか良い子役さんだと思うので、今後の活躍に期待したいですね~。

|

« 「図書館の神様」 瀬尾まいこ | トップページ | 来日公演 「A Chorus Line」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/46048833

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「地球が静止する日」:

» 地球が静止する日 [LOVE Cinemas 調布]
今週から注目のお正月映画が次々と封切られます。と言う訳で、今日はキアヌ・リーブス主演の本作を早速観てきました。共演のジェニファー・コネリーは日本でも“ジェニコネ”の愛称で大人気をとしましたね。予告編でやっていたスタジアムが崩れたりする迫力ある映像はどんなシチュエーションなのでしょうか。... [続きを読む]

受信: 2009年8月28日 (金) 02時05分

» 地球が静止する日 (The Day the Earth Stood Still) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 スコット・デリクソン 主演 キアヌ・リーヴス 2008年 アメリカ/カナダ映画 106分 SF 採点★★★ ウチにはわんさか猫がいるんですが、あいつらなかなか態度がデカイ。ちょっと目を離せばソファーを占拠し、油断をすれば晩のオカズをかっさらう。夜中だろう…... [続きを読む]

受信: 2011年4月14日 (木) 18時01分

« 「図書館の神様」 瀬尾まいこ | トップページ | 来日公演 「A Chorus Line」 »