« 「Nocturnes」 Kazuo Ishiguro | トップページ | 「きつねのはなし」 森見登美彦 »

2009年9月20日 (日)

映画「オー!マイ・ゴースト」

オー!マイ・ゴースト スペシャル・エディション [DVD]

ghost town

アメリカ

2008

日本未公開

DVD鑑賞

アメリカで公開されていたときに、面白そうだなぁと思い日本での公開を楽しみに待っていたのに、まさかの未公開DVDリリース。最近こういう作品が多くてちょっと寂しいです・・・。

人間嫌いの歯科医ピンカース(リッキー・ジャーヴェイス)は腸の検査をした際の全身麻酔により7分間だけ死亡し、それ以降、幽霊が見えるようになってしまう。彼が幽霊を見ることができることを知り、生前に思い残したことがあり成仏できずにいる幽霊たちがNY中から集ってくるが、そもそも人間嫌いであるピンカースはそんな彼らの願いを無視し続けていた。

そんな中、彼は同じマンションに暮らすグウェン(ティア・レオーニ)の夫だったというフランク(グレッグ・キニア)の幽霊から妻の再婚を阻止して欲しいと頼まれる。グウェンに一目ぼれしたピンカースは、フランクの頼みを聞きつつ、この機会を利用して彼女に近づこうとするのだが・・・。

とても面白かったです。確かにキャストも豪華ではないし、内容も地味目なんですが、アメリカのこの手のコメディ作品としては珍しく下ネタもほとんどなく、作品のテンポもゆっくりめなので、秋の夜長なんかに大人がゆったりと鑑賞して楽しむには丁度良い佳作だったと思います。大爆笑するような場面はないんだけど、全体的にゆるい感じで楽しめました。

未公開ってことで、多くの人に知られないまま埋もれてしまうにはちょっともったいないなぁ。アメリカではそこそこにヒットしてたのにねぇ。

主演のリッキー・ジャーヴェイスといえば、BBCの「The Office」のKYなボスでたっぷりと笑わせてくれたのが印象深いですが、今回は人間嫌いな主人公を好演。この人は真面目な顔しながらちょっと仕草で笑わせるのが本当に上手いですよね~。てか、彼が主演てのがこの作品を観たかった一番の理由なので、もうこれだけで大満足です。

ティア・レオーニの美しさも非常に上手く引き出されていて良かったですよ☆

 

幽霊が見える主人公が幽霊たちの願いをかなえるために奔走するというと、「ゴースト」やら「シックス・センス」をはじめ、割とやりつくされた感のある内容なんですが、人間嫌いなために、全ての願い事を無視し続ける主人公や、お願いをしてくるフランクの方も別に良い奴ではないというキャラ設定のおかげで、オリジナルな面白さがある作品だったと思います。

登場人物たちに人間味があるんだよねぇ。まぁ、「人間味」ってのがある意味この作品の大きなテーマでもあるので当然なのかもしれませんが。

登場人物に無駄がなくて、一人一人のキャラクターがちゃんと意味を持って活躍していたのも良かったですね。

幽霊たちがぞろぞろとついてくるのが面白いんですが、彼ら、やろうと思えば、全員で常に主人公につきまとうことも可能だろうに、割と律儀に順番待ちをしていたりするところがなかなか微笑ましかったです。

あとジョン・メイヤーの主題歌をはじめとして劇中で使用されてる曲もなかなか良い感じでした♪

別に悪いところも指摘すれば出てくる作品ではあるけれど、見終わった後の余韻も良かったし、あまり観る人も多くない作品だと思うので、とりあえず一通り褒めたところで今回のレビューは終わりにしておきます。

 

参考過去レビュー

リッキー・ジャヴェイスといえば!

BBCドラマ 「The Office」

好き嫌いの分かれる作品だと思いますが、DVDで何度も観ては笑ってます。

|

« 「Nocturnes」 Kazuo Ishiguro | トップページ | 「きつねのはなし」 森見登美彦 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。
ハロウィンの日にDVDをレンタルしてみました。
主演のリッキー・ジャヴェイスの新作が、現在アメリカでランクインしてましたよ。
BBCのドラマは見てないのですが、この方「ナイトミュージアム」で自然史博物館の館長役だったのお気づきでした?私は全く気付いてませんでした。

幽霊ものってなかなかいい映画が多いですね。
この映画がお好きなら、「愛が微笑む時」もお薦めです。

投稿: ryoko | 2009年11月 7日 (土) 00時13分

>ryokoさん

コメントどうもありがとうございます。

ハロウィンの日に幽霊モノとは風情がありますね~。
リッキー・ジャヴェイスは、BBCの「The Office」が好きなんですが、
ファンタジー映画の『スターダスト』にも出てましたね~。
彼が出てくると真面目な役でも全てが面白く見えてしまって困ります。
新作、流行ってるんですね!日本でも公開されるといいな・・・。

「愛が微笑む時」、名前だけは知ってますが、
未見なので(多分)、機会があったら見て見たいと思います。
オススメありがとうございます♪

投稿: ANDRE | 2009年11月 8日 (日) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/46256488

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「オー!マイ・ゴースト」:

« 「Nocturnes」 Kazuo Ishiguro | トップページ | 「きつねのはなし」 森見登美彦 »