« 「リズム」/「ゴールド・フィッシュ」 森絵都 | トップページ | 映画「ブロークン・イングリッシュ」 »

2009年10月15日 (木)

映画「プール」

プール

2009

日本

2009年9月公開

劇場鑑賞

 

『かもめ食堂』も『めがね』も劇場鑑賞しているので、やっぱり気になるこのシリーズ(?)。今回は監督・脚本が違うのでちょっと不安ではあったのですが、もうすぐ公開も終了しそうな中、滑り込みで観にいってきました。

京子(小林聡美)はタイのチャンマイでゲストハウスを営み、近所に住む、市尾くん(加瀬亮)や菊子(もたいまさこ)、そして、母親を探しているタイ人の少年ビーらとおだやかな日々を過ごしていた。あるとき、さよ(伽奈)が日本からやってきて・・・。

PascoのCMがアジアっぽいのに変わったときは、「バリ島かな?」と思っていたんですが、あれはチェンマイだったんですねぇ。自分が以前バリ島行ったときに宿泊したヴィラもプールがあって、のんびりまったりと過ごしていたので、そのときのことがちょっと思い出されました。

なんかこの映像を見て、自然の音を聞いているだけで、ゆったりまったりと癒されてしまいますねぇ。

でもってたびたび画面に登場する美味しそうな料理の数々。鑑賞後に昼食を食べようと12時10分からの回を観たんですが、途中から本格的にお腹が鳴り始めてしまい、静かなシーンの多い映画なだけにちょっと気まずかったです。劇場には似たような状況に陥ってる人が多数いましたが。鑑賞後はタイ料理を食べよう♪と思ってレストランに行ったんですが、勘違いしてしまいそこはベトナム料理屋だったというオチが・・・。

なんて話は置いといて、映画の感想です。

出演者達のあまりに自然な演技や、作品全体を包み込むまったり感は退屈な人には極めて退屈なのではないかと思うんですが、ポカポカと日向ぼっこをしているような感じで僕は結構好きでした。

ただ、せっかく監督が違うのに、『かもめ』&『めがね』の萩上直子の空気感を変に模倣しているような気もして、もしかしたらこれが大森美香の作風なのかもしれないけれど(ドラマ脚本を見る限り違うと思うんだけど)、そんなところがちょっと残念でした。この作品、ちょっと物足りなかった点がちらほらあるんですが、それは恐らく、ここに起因しているんだろうなぁと思うんです。

監督・脚本の大森美香はTVドラマの脚本家のイメージが強い方で、僕がこれまで観てきた中でも1、2位を争うほどに好きなドラマである『ニコニコ日記』や、朝ドラ『風のハルカ』など、NHKでの仕事がとりわけ印象的なのですが(民放だと『漂流教室』とか『不機嫌なジーン』とかが印象深い)、今回の映画、個人的には、作品のまったり感に対してちょっと饒舌すぎたと思います。

『かもめ』や『めがね』は語らないところに作品の良さがつまっていたと思うんですが、この作品は色々なことを語りすぎてしまっていて、個人的にはもうちょっとさりげない感じでストーリーは薄っすらと感じられる程度でも良かったかなぁと。

ただ、大森美香脚本のドラマは『ニコニコ』や『風のハルカ』なんかで顕著ですが、親子関係を描く作品が上手いと思っているので、今回も特にビーのエピソードは『ニコニコ日記』を彷彿とさせてしみじみしちゃいました。ビー君、かわいかったです。

一方、京子&伽奈は、2人が鍋を食べながら話をする場面の京子のあっけらかんとしたところは、嫌いではなかったのですが(恐らく彼女の中に色々なことがあったけれど、最終的にはあの一言に集約させるしかなかったんだろうな、と感じた。何を言っても娘は納得できないだろうし。)、あの場面がもうちょっとあっさりとしてても良かったかなぁとも。この作品で最も饒舌だと思ったのはここなんですよねぇ。こんなこと、今さらここで語らなくてもそれまでの場面で十分描かれていたし、あの場面だけがちょっと作品から浮いてたようにも思いました。

この場面自体は全然悪くは無かったので、ここは萩上作品の空気感の模倣とのアンバランスさが強く出てしまった場面なんだと思います。

物足りないついでなんですが、今回は、食べ物の映り方がちょっとあっさりしていたのも実はちょっと物足りなかったです。『かもめ』や『めがね』と比べてしまうと美味しそう度合いが大分下がったというか。といいつつ、上述のような状況だった上に揚げバナナが食べたくなったんですが・・・。

キャストは文句のつけようがない個人的には超豪華スターキャストなんですが、新人の伽奈さんが大御所の皆さんに全くひけをとることのない自然さを見せてくれていて、今後の活躍が楽しみになりました。

あ、そうそう、プールサイドでの歌、ポカポカした感じで良かったですね♪

参考過去レビュー

小林聡美&萩上直子作品を。

映画『かもめ食堂』

フィンランド行きたい・・・。

 

映画『めがね』

メルシー体操のインパクトが今でも頭から離れない。

 

TVドラマ『つくし図書館』 (『2クール』より)

30分ドラマですが、萩上&小林&もたい作品第3弾。流れ的にはこのドラマがシリーズ3作目という感じですよね。異国や南の島ではなくても、しっかりとあの独特の空気感を出している隠れた名作だと思います。2クールは、『つくし図書館』も良かったけど、『めがね』のキャストたちによる同窓会の回も面白かったです。『プール』の主題歌の「タイヨウ」は「2クール」同様にハンバートハンバートでしたね~。

|

« 「リズム」/「ゴールド・フィッシュ」 森絵都 | トップページ | 映画「ブロークン・イングリッシュ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

滑り込みでもご覧になれてよかったです~。
母が家を出た理由が詳らかでなければ納得できない、という方が多い中、
これでも語りすぎだ、と仰るANDREさんの感想は新鮮に感じます。
わたしなどは、娘がなるだけ近くに居てほしいと思うものだから、
あのお母さんは余程のことがあったんだろうな、と少ない言葉の裏を想像してばかりでした。

それにしても、昼食抜きでご覧になったとは、なんと無謀な!(笑)
でも、確かに今回は前2作(?)に比べて、お料理は控えめでしたよね。
わたしは、『南極料理人』のほうが、拷問状態でした(笑)

投稿: 悠雅 | 2009年10月16日 (金) 21時59分

>悠雅さん

お返事が大変遅くなってしまい
本当に申し訳ありませんでした。

自分はそれまでの場面で、
どうやら母が勝手に家を出たということも、
娘がそれを快く思っていないことも、
だけど母は決して娘が嫌いになったとか
そういうわけで出てきたのではないことも、
しっかりと伝わってきていて、
その時点で「めがね」や「かもめ」よりも
過去を語る作品だなぁと思っていたため、
あそこまではっきりと台詞にして述べられてしまったことに
ちょっとビックリしてしまったんですよね。

市尾がビーと共にいなくなった後は、
そのまま市尾&ビーの場面に切り替わって、
あの後母娘が何らかの話をしたであろうことだけが
やんわりと伝わるような感じのほうが好きだったかなぁと。

昼食抜きは本当に辛かったです・・・。
『南極料理人』も美味しそうな作品ですよね。
映画もとても気になってるのですが、
原作のほうも読んでみたいなぁと思っている今日この頃です。


投稿: ANDRE | 2009年10月20日 (火) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/46488401

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「プール」:

» プール [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。桜沢エリカ原作、大森美香監督、小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮、伽奈、シッティチャイ・コンピラ。眠っているのは菊子(もたいまさこ)だけではない。映画そのものが睡眠薬のようで、眠気を誘い、登場人物も、風景も皆嘘っぽく、嘘の自然の中で嘘の睡眠で憩って....... [続きを読む]

受信: 2009年10月15日 (木) 11時35分

» 『プール』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「プール」□監督・脚本 大森美香 □原作 桜沢エリカ □キャスト 小林聡美、加瀬亮、伽奈、もたいまさこ、シッティチャイ・コンピラ■鑑賞日 9月12日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) チェンマイのプール付きのゲストハウスで働く京子(小林聡美)の周りには、不思議に人が集まってくる。 プールを中心にして、その場所が気持ちいいのか、京子やオーナーの菊子(もたいまさこ)、庭の手入れを手伝っている(加瀬亮)、そしてタイ人の少年(シッティチャイ... [続きを読む]

受信: 2009年10月15日 (木) 12時04分

» プール [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
気持ちはいいが中身がない。それって映画としてどうなのか?!と問いかけたくなる作品だ。大学生のさよは、タイの古都チェンマイのゲストハウスで働く母の京子を訪ねる。自分や家族を置いてタイに渡った母は、ゲストハウスのオーナーやタイ人の少年、ハウスを手伝う青年らと....... [続きを読む]

受信: 2009年10月15日 (木) 23時52分

» プール [そーれりぽーと]
『かもめ食堂』、『めがね』を彷彿とするキャストとシチュエーションに期待をして、『プール』を観てきました。 ★★★★ なんだこの似て非なる違和感、それもそのはず『かもめ食堂』や『めがね』とは監督も原作者も違って、悪い言い方をすればバッタモン映画。 でもオリジナル(と言っていいのか?)の小林聡美ともたいまさこに加え、『めがね』に出ていた加瀬亮まで登場してるし、何よりスポンサーは敷島製パンって事で、スポンサー主導で3匹目のドジョウを狙って似たような映画を作ったかのような感覚。 これまで印象的だった美味... [続きを読む]

受信: 2009年10月16日 (金) 00時40分

» ■かもめ食堂・めがねのキャストが出演の「プール」見ました・・・〜くもっためがね [AKATUKI DESIGN ]
私の大好きな「かもめ食堂」「めがね」のキャストが出演している「プール」をシネスイッチ銀座で見てきました。 小林聡美、加瀬亮、もたいまさこといったいつものメンバーがゆったりとした時間を奏でてくれます。 しかし、コレまでの作品のファンとしては少し不満な出来栄え。 出来れば、高評価を与えて観客を動因して?次回作に期待したいところなんですが・・・ 結局キャストが「かもめ食堂」や「めがね」と同じっていうだけで、脚本も違ければ監督も違うんですよ。 キムタクを月9に出せば必ず面白いドラマが撮れるかどうかって... [続きを読む]

受信: 2009年10月16日 (金) 06時49分

» プール◇◆POOL [銅版画制作の日々]
かもめ食堂、めがね、そして今度はプール・・・・。 前回の“めがね”のメンバー、小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮が登場。そして今回初登場のモデルの伽奈は映画初出演だそうです。そしてそしてタイの男の子も登場しちゃいます。19日の土曜日に舞台挨拶があるそうですが、応募しても当たらず・・・。といことで早々に鑑賞してきました。 フィランドから日本、そして今回はタイのチェンマイに舞台は飛びます。どちらかと言えば、めがねに近い雰囲気でしょうか。お話も特に大事件が起こるでもなく、いつもようにのんびりまったりとした... [続きを読む]

受信: 2009年10月16日 (金) 10時47分

» プール [悠雅的生活]
曜日占い。コムローイ。君の好きな花。 [続きを読む]

受信: 2009年10月16日 (金) 21時50分

» プール [POCKET BASE]
桜沢エリカが原作、小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮が出演の映画『プール』を観てきた。 舞台は、タイの古都チェンマイ。郊外にある、小さなプールのあるゲストハウス。そこに集まった、5人の6日間の物語。 小林聡美、もたいまさこが出演とくれば、大好きな映画の『かもめ食堂』『めがね』から続く第3段という感じ。加瀬亮も、『めがね』に続いての出演だしね。ずっと楽しみにしていた映画が、やっと地元で公開した。できれば、もうすこし暖かい時期に観たかったかな。 今作の『プール』は、『かもめ食堂』『めがね』と監督・脚本が違... [続きを読む]

受信: 2009年11月10日 (火) 19時27分

» 「プール」 サチエへの共感、京子への反発 [はらやんの映画徒然草]
小林聡美さん、もたいまさこさん、加瀬亮さんという出演者で、まったりと癒し系な予告 [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 08時23分

» 『プール』 [シネマな時間に考察を。]
時にリビングのソファ、時にプールサイドのカウチに身を任せ、 ぼんやりとその辺りの風景や人を眺めているときの視線のような、 そんな自然に流れる動きを伴う、カメラ導線に癒されて。 『プール』 監督・脚本:大森美香  原作:桜沢エリカ 「プール」 フードスタ... [続きを読む]

受信: 2010年4月22日 (木) 15時32分

» mini review 10489「プール」★★★★★☆☆☆☆☆ [サーカスな日々]
漫画家の桜沢エリカが映画用に書き下ろした原作を、『ネコナデ』の大森美香監督が映画化したほのぼのとした癒し系人間ドラマ。タイの古都、チェンマイを舞台に、それぞれの事情を抱えた5人の男女の6日間の人間模様をさらりと映し出す。出演者も独特の空気感をまとう小林聡美やもたいまさこらベテラン勢に加え、若手実力派の加瀬亮や、新人の伽奈が見事なアンサンブルをみせる。自然体で生きる個性的な人々のシンプルライフが心地いい。[もっと詳しく] 大凡作なのか、あるいは「黄泉の国」の視線を繰り込んだ「傑作」なのか。 小林... [続きを読む]

受信: 2010年9月25日 (土) 05時02分

« 「リズム」/「ゴールド・フィッシュ」 森絵都 | トップページ | 映画「ブロークン・イングリッシュ」 »