« シルク・ドゥ・ソレイユ「ZAiA」 | トップページ | 「真鶴」 川上弘美 »

2009年11月10日 (火)

映画「ジュリー&ジュリア」

ジュリー&ジュリア [DVD]

Julie & Julia

アメリカ

2009

2009年12月公開予定

国際線機内鑑賞

旅行ついでの国際線で観た映画第2弾。日本での公開がまだまだ先な作品が割とあったので、何を観ようか結構迷ってこれを選択。英語音声に中国語字幕だったので全てを完全に理解できてるとは言い難いですが、頑張って鑑賞しました。

2002年NY。電話係のジュリー(エイミー・アダムス)は、30歳を目前にし何か新しいことを始めようと、「The Julie/Julia Project」というブログを作り、料理研究家ジュリアのレシピ本に掲載されている524のレシピを1年間で制覇し、その様子を綴りはじめる。

1949年パリ。外交官の夫とともにパリで暮らし始めたジュリア・チャイルド(メリル・ストリープ)はとにかく食べることが大好きで、本格的なフランス料理を学ぼうと料理の専門学校へと通い始める。やがて、彼女は友人らとフランス料理のレシピ本の出版に向けて動き始める。

半世紀前のパリに過ごしたジュリアとのあいだに深い絆を感じながらブログを続けるうちに、ジュリーのブログは次第に評判となっていくのだが・・・。

2つの時代を交互に映しながら、2人の女性が夢を実現させていく姿を描いていく。

「恋人たちの予感」の脚本や、「めぐり逢えたら」、「ユー・ガット・メール」などの監督・脚本を務め、メグ・ライアンの黄金期を支えたノーラ・エフロンが監督・脚本というだけあって、作品全体の雰囲気にとても安心感があって、心地よく楽しめる作品でした。

でも、ちょいとストーリーにパンチが足りないかなぁ。

大女優の貫録たっぷりのメリルがとても楽しそうに演じているジュリアも良いし、若手の中では今後が楽しみなエイミーの演技もとても良い。

演出やキャスト陣の良さにストーリーがついていってないような印象が残りました。まぁ、ブログの映画化(しかも料理ブログ)だし、本人も生きてるから、仕方ないんだろうけど。むしろここまで仕上げたことを評価した方が良いのかも。

そう、この作品、実在するブログ(更新ストップしてますが、今でも普通に閲覧可能です。)を映画化したものなのですよ。ジュリーがブログを始めて、つけられたコメントに一喜一憂して、少しずつブログの世界にはまっていく様子はとてもリアルで、自分でもブログをやってる身としては、その点、非常に面白かったです。

あと、1年で500以上のレシピ作るって普通にハードだよね。1年間、同じ料理を2度作らないって感じになることを考えると、純粋にスゴイ。そんでもって新婚でラブラブとはいえ夫は普通に大変だったんだろうなぁと思う。2人の女性の物語だけど、2人の夫の物語としてもなかなか面白い。

ストーリーで割と物足りなかったのは実はメリル・ストリープが非常に好演しているジュリアのパート。ジュリーのパートの息つぎ的に挿入されるんですけど、そこまで魅力的な物語ではないんですよねぇ。

ただ、ジュリアとジュリーの人生が交差するラストの場面は非常に現実的で、明るくハッピーなサクセスストーリーに終わらせなかったところは、思わずうーんと唸ってしまいました。

う~ん、美味しい料理が食べたくなりますね☆

オマール海老、家で調理するの大変そうだけど、友だちとかワイワイしながら作ってみたらちょっと楽しそうかなとか思ってみたり。

ブログも、料理研究家も、グルメ映画であまり扱われてこなかった題材だと思うので、そういう意味では女優さんたちの熱演もあって、まさに1粒で2度美味しい作品だったと思います。

Bon Appetit♪

|

« シルク・ドゥ・ソレイユ「ZAiA」 | トップページ | 「真鶴」 川上弘美 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/46708205

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ジュリー&ジュリア」:

» 「ジュリー&ジュリア」人生、ポジティブ・クッキング! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[メリル・ストリープ] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年11月20日22:00 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  “名女優”メリル・ストリープ、実在の料理家に挑戦!「ジュリー&ジュリア」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。あ、アメリカでは有名な女性だそうです。吾輩は、知りませんでしたが。しかもこの人、デカイんだわ。  1949年。身長185cm、甲高い声の女性ジュリア・チャイルド(メリル・ストリープ)は、外交官である夫・ポール(スタ... [続きを読む]

受信: 2009年11月20日 (金) 22時03分

» ジュリー&ジュリア/ JULIE & JULIA [我想一個人映画美的女人blog]
料理で人生が変わる{/hikari_blue/} またまた実話の映画化 監督は「めぐり逢えたら」「ユー・ガット・メール」のノーラ・エフロン。 近年は、トラさん&リサ・クドローの「ラッキー・ナンバー」やメグ・ライアン「電話で抱きしめて」、 ニコール・キッドマン&ウィル・フェレルの「奥さまは魔女」とか どれもヒットというよりハズしてしまってるのだけど、、、 お料理のお話だしメリルだしってことで気になってた作品。 全米では8月末から公開。予想より早く12月上陸です〜。何日か前、試写で鑑賞。 アメリカ... [続きを読む]

受信: 2009年11月22日 (日) 01時21分

» 『ジュリー&ジュリア』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
1949年、ジュリアは外交官の夫の転勤でパリにやって来る。そこで食に目覚めた彼女は名門料理学校ル・コルドン・ブルーのプロ養成コースに通い、やがて料理本を執筆するまでになる。その50年後、ジュリーはジュリアの524のレシピを1年で制覇し、ブログに載せるという無謀な計... [続きを読む]

受信: 2009年11月26日 (木) 22時55分

» 『ジュリー&ジュリア』(2008)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:JULIE&JULIA監督・脚本・製作:ノーラ・エフロン出演:メリル・ストリープ、エイミー・アダムス、スタンリー・トゥッチ、クリス・メッシーナ、リンダ・エモンド(TOHOシネマズ1か月フリーパス鑑賞 22本目)公式サイトはこちら。<Story>1949年、ジュリア...... [続きを読む]

受信: 2009年12月22日 (火) 21時23分

» DVD:ジュリー&ジュリア コンテンツの誕生を×2でみせる。これを評価しない総てを疑え! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
飛行機内でみた映画、ジュリー&ジュリア JULIE & JULIAを今度はDVDで。 年末の2009年映画ベスト10で、この作品が最後にランクインした作品ということもある。 それには「明確」な理由があった。 <もちろん作品自体のテーマともいえる、「人生」、特に「夫婦」の有り様が見事に描かれていて素晴らしい。 <かつ、ニコニコみれる、料理ジャンルものではある。 <メリル・ストリープの演技も、今回もまたまた素晴らしい(後述) <が、最大の理由は...... <この映画が「初」の「ブロガー映画」だか... [続きを読む]

受信: 2010年6月24日 (木) 03時26分

» 「ジュリー&ジュリア」(JULIE&JULIA) [シネマ・ワンダーランド]
「恋人たちの予感」(脚本)、「めぐり逢えたら」「ユー・ガット・メール」の3部作で知られる米国女流監督、ノーラ・エフロン(1941年~)がメガホンを執ったグルメを題材にしたヒューマン・ドラマ「ジュリー&ジュリア」(2009年、米、123分、製作・脚本=N.エフロン、コロンビア映画配給)。この映画は実話に基づき半世紀前、米国家庭にフランス料理を紹介した料理研究家ジュリアと、彼女の料理本のレシピを1年間作り続けたOLジュリーの生きざまをハートフルに描く。主演は「ソフィーの選択」「マディソン郡の橋...... [続きを読む]

受信: 2010年8月11日 (水) 22時13分

» ジュリージュリア [映画、言いたい放題!]
妹が試写会で観て来て 「観てみて」というので観ました。 妹はブログ「あまいヒトトキ 」にも記事を書いてました。 たぶん、妹が推さなかったら観なかったと思う映画です。f(^^;) 1949年、アメリカ人のジュリア・チャイルドは、 外交官の夫・ポールの転勤でパリにやっ... [続きを読む]

受信: 2010年9月 4日 (土) 00時42分

» 映画『ジュリーとジュリア』を観て [KINTYRE’SDIARY]
9-67.ジュリーとジュリア■原題:JulieJulia■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:123分■鑑賞日:12月28日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■予告編□監督・脚本・... [続きを読む]

受信: 2011年2月12日 (土) 14時02分

« シルク・ドゥ・ソレイユ「ZAiA」 | トップページ | 「真鶴」 川上弘美 »