« 「ミーナの行進」 小川洋子 | トップページ | 09年いろいろ大賞(音楽編) »

2009年12月30日 (水)

09年いろいろ大賞(その他編)

21世紀がはじまってもう10年!早っ!

00年代最後の年も、いろいろなエンタメに接しましたが、毎年恒例の「いろいろ大賞」を今年も勝手にランキングさせていただきます。

色々大賞のほうも5年目なんですね。早っ!

とりあえずは「その他部門」。

TVドラマやら、舞台やら、展覧会やらのまとめです。

■ TVドラマ編

この数年、個人的にはTVドラマ冬の時代が到来しています。世間的にはそこそこのヒット作が出ていますが、どれもこれも自分にはあまり面白いとは感じられず・・・。好きな作品が割と近いドラマ好きの知り合いの方も自分と同じようなことを言っていたので、この数年の傾向がどうも合わないみたいです。

★ 09年好きだったドラマ

次点 「ウェルかめ」

現在放送中の朝ドラ。未完なので順位は低めですが、「ちりとてちん」以来に録画してまで毎回観てます。これまで朝ドラではあまり描かれなかったようなことがチラホラ描かれたりして、割と意欲作なんですが、それでいて正統派な作り方をしているのが好きで、久々に楽しめる作品。

3 「名探偵の掟」

数々の探偵モノをパロディ化した作品。多分原作が面白いんだろうけど、ドラマ化したことで、サスペンスドラマをパロディ化するという要素が加わり、とても楽しめる作品でした。

テレ朝深夜枠のゆる~い探偵モノシリーズはどれもクオリティ高いですよね。

2 「JIN」

もともと原作ファンだった自分からしてみれば、ようやくこの作品の面白さが日の目を見たという感じで、まさかまさかの大ヒットには本当に驚いてしまいました。これはやっぱりキャスティングが良かったですよね~。特に中谷美紀。

最終回がいろいろと波紋を呼んでいるようですが、そもそも原作において、タイムスリップ関連は未だなーんにも謎解きがされていないので、ドラマのほうもどうしようもなかったんじゃないですかねぇ。ここでオリジナルの謎解きをすると、失敗したら作品そのものの価値を大きく損ねかねないので、ある意味潔い英断だったと思いますよ。

1 「ヴォイス」

このドラマはなんといっても、「雰囲気」が良かった!メインであるべきの謎解き云々は正直、どうでも良いと思う感じだったんだけど、主人公たちのちょっとした会話とか、彼らの絆の描き方がとても自然で青春ドラマとして非常に好きな作品でした。

原作モノばかりの中、オリジナル作品だったので順位は1位にしてみました。

 

★ 09年好きだった海外ドラマ

・「デスパレートな妻達4」

第3シーズンはスーパーマーケットのエピソードなど非常に面白い回もあったんだけど、全体的にマンネリがいなめず、あまりハマれなかったんですが、第4シリーズは再び盛り返しましたね。面白かったです。でもって、相変わらず、引っ掻き回すだけ引っ掻き回して、用済みになったら殺される新キャラクターの扱いの悪さ(笑)。

第5シーズンは5年後に舞台変更ってことなので、これまた楽しみですね。早く放送してくれないかなぁ。NHKさん、来年も4月から是非是非!

 

・「マーリン」

BBC製作のドラマ。アーサー王の物語を、世界観と登場人物の一部設定だけを使って、大胆な脚色で描く作品。

最初の2話くらいは、ちょっと微妙な感じもしたんですが、見続けているうちに、本家アーサー王とのニヤリとさせるリンクや、それぞれのキャラクターの性格もたってきて、なかなか面白い作品だと思います。モルガーナ姫がカッコイイっす。

実は最後2話をまだ観ていないので、年末年始のお楽しみにします♪

 

あと、今年は最後を見ていなかった「the OC」の第1シーズンを無事見終え(数年がかり・・・)、第2シーズンをちょっと見始めました。第1シーズンのラストをたった1話で全てリセットする第2シーズンの第1話目にビックリ。

他には、「Dr ハウス」や「ナンバーズ」もちょこちょこっと見ていたんですが、どちらもたまに1話見る分には楽しめるんですが、この手の1話完結モノはマンネリを感じやすくて、なかなか連続で見る気にはなれないんですよねぇ。

 舞台編

今年はなんといっても、夏のミュージカル来日ラッシュでしょ!

ウエスト・サイド・ストーリー、コーラス・ライン、RENT

どれもミュージカル史に残る傑作揃いなので、本当に嬉しい年でした。

夏のまとめ記事は(コチラ

3つの中で一番を選ぶとしたら今年はコレ!

・「RENT」

これまで何度となくCDで聴いて、映画DVDで観てきたオリジナルキャストが目の前にいる!それだけで感動の涙が出そうになってしまう貴重な来日公演でした。他のキャストも、まさにオールスターキャストで、この先の人生で二度とRENTを観ることができなくても多分悔いは残りません。(と言いながら、復活公演とかあったらまた観にいったりしそうですが)

さらに、この公演期間中、某オリジナルキャスト氏とレストランで半相席状態になるという、ミラクルすぎる幸運にも恵まれまして、忘れえぬ夏となりました。

  

来年は、既に「ドリーム・ガールズ」や「イン・ザ・ハイツ」の来日公演が決まってるんですよねぇ。こちらも楽しみすぎる!!

 

 展覧会編

今年見て印象に残った展覧会はやはりコチラ。

・「メアリー・ブレア展」レビュー

ディズニーのアニメーターの中でもとりわけ個性の強いタッチのイラストで知られるメアリー・ブレアの描いた作品を集めた非常に貴重な展覧会でした。ディズニーファン必見。「カールじいさん」は明らかにメアリー・ブレアの影響を受けたタッチで描かれてましたよね~。 

 

展覧会といえば、今年は批判しまくったこちらの記事が何気にかなり閲覧数でした。

|

« 「ミーナの行進」 小川洋子 | トップページ | 09年いろいろ大賞(音楽編) »

2009年色々大賞」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
また今年もこの時期が来ましたね。
TVドラマはちょびっと、舞台作品は全て放送、という記事で申し訳ないですが
TBを置いておきます。
生の舞台に強く惹かれながらも、いろんな理由でTV放送オンリーになってるけれど、
観ないよりはいい、と腹を括ってもいます。

この後にくるはずの、映画や書籍編も楽しみにしています。

投稿: 悠雅 | 2009年12月30日 (水) 23時04分

>悠雅さん

すっかりお返事が遅くなってしまい
申し訳ありませんでした!!

舞台はあれもこれも面白そうだと思うものが多いのですが、
時間もお金も必要なので、
なかなか沢山観に行くことができないのが辛いところです。
最近は話題作は結構TV放映があるので嬉しいのですが、
なかなかアンテナがそちらまで回らないことも多いので、
今年はちゃんとチェックしていこうかなと思ってます。


投稿: ANDRE | 2010年1月 3日 (日) 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/47141885

この記事へのトラックバック一覧です: 09年いろいろ大賞(その他編):

» 悠雅的TV生活2009 [悠雅的生活]
今年のTVドラマはこれから始まりました [続きを読む]

受信: 2009年12月30日 (水) 23時01分

« 「ミーナの行進」 小川洋子 | トップページ | 09年いろいろ大賞(音楽編) »