« 映画「愛を読むひと」 | トップページ | 「小学五年生」 重松清 »

2010年1月16日 (土)

映画「(500)日のサマー」

(500) Days of Summer

(500) days of Summer

アメリカ

2009

10年1月公開

劇場鑑賞

2010年劇場鑑賞第1弾。映像が面白そうなので、とても気になってた1本です。

主人公はグリーティングカード作成会社に勤めるトム(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)。入社してきたサマー(ゾーイ・デシャネル)に一目ぼれし、やがて好きな音楽の話題で意気投合するのだが・・・。時間を前後させながら、トムとサマーの500日間の間に起こったできごとを描いていく。

タイトルに括弧がついてますが、作中で、「(数字)日目」という風に、括弧内の数字がカシャカシャと動いて、2人の恋の様々な時期を並行して描いていくというちょっと面白いスタイルの作品でした。たまにアニメが入ったり、画面が分割したり、目新しくはないけれど、色々と凝っている映像も面白かったです。

で、今年は1月から観たい作品が目白押しすぎて、全ては観られないので、どうしたものかと作品選びに困っているんですが、その中でも当初の優先順位がやや低めだったこの作品が、かなりツボにはまってしまい、この何年かで観た映画の中でもかなり上位に入るくらいに気に入ってしまいました!

アラサー世代のUK系の洋楽&サブカル好きで、いわゆる草食系な人間には愛しくてたまらない作品に仕上がってました。

以下、微妙にネタバレ要素が入り混じりつつですが、反転させるほどでもないかなという感じなので、気になる方は気をつけてください。

まず何が良かったかって、音楽のセレクションですよ!!普通に今持ってるウォークマンに入れてる曲がちょいちょい流れるもんだから、曲が入るたびに、ちょっとしたイントロクイズ状態でした。昨年買ったCDの中でもかなりヘビロテになっているThe Temper Trapとか流れちゃった日にはUK音楽好きとしては否が応でもハマってしまいます。カラオケでThe Pixiesとか、最高すぎです。他も基本的に監督さんと趣味が合うのか、とにかく選曲が最高でした。音楽ネタだと、サマーが高校のイヤーブックにベルセバの詞を書いたとか、そんなところも絶妙にツボをついてきたし。

でもって、文化系音楽好きの純情青年という主人公の設定がまたたまらないんですが、何が良かったかって、喜びの絶頂で彼がしたことが、ディズニースタイルのミュージカルだったこと!!しかも無駄に完成度高いし。なんと、ミュージカル好きなツボまで攻めてくるとは!!(ちなみに自分は、実際に、誰もいない道とかでヘッドホンつけて音楽聴きながら踊ったりとか割と普通にやったことあります。)

さらにさらに、Wiiでテニスするは、IKEAで家族ごっこするは、喫茶店のゲームがドンキーコングだは(BGMが鳴った瞬間、「ドンキーコングかよ!」って突っ込みたくなった)、ナイトライダーだは、ネタがいちいち共感しやすいのですよ。(公園で叫んだりとかはちょっといかがなもんかと思うけど)

主演の2人が自分と年齢がほとんど変わらないってのも、嬉しかったですね~。キャスティングも絶妙すぎ!

そんなわけで、自分の趣味とあれこれ一致しまくったため、妙なテンションになっていて申し訳ないです。

でもって、ストーリーは結構酷いんですけどね。

てか、単に小悪魔に遊ばれちゃった男の話だし・・・。

サマーは「私は皆とは違って、本物の良さが分かるんだから!」ってタイプですが、文系オタク青年は、趣味が共通のそんなお嬢さんに出会ってしまったらそりゃ、ときめいちゃいますよ。そりゃ、ミュージカル踊っちゃいますよ。

そんな彼の気持ちをなんとなく察しつつも弄ぶサマーの小悪魔っぷり。パーティ呼ぶなよ!みたいな。そりゃ期待しまくって画面2分割しちゃいますよ。(ここ、『カンバセーションズ』みたいでしたね~)

てなわけで、サマーはかなり悪い娘さんですが、ラストの爽やかなオチのおかげで、鑑賞後の余韻はとても良かったです。無駄な出会いではなかったって感じでまとまってたし。

なんとなくサマーも憎めないんだよね~。うん、とっても草食系少年の妄想で溢れた作品で、そのためか、恋愛映画なのに劇場の男性一人客率が異様に高かったよ・・・。平日の昼の日比谷なのに・・・。

と、一通り褒めておいてあれなんですが、いろいろと凝った演出は確かに面白いんだけど、やってみたいことを全部詰め込みましたって感じで、遊びすぎてるかなってがしないでもないし、共感しまくって嬉しかった音楽も、やや過剰だったような気も。趣味が合えば思いっきりにツボにはまるけど、合わない人には、小悪魔少女に振り回されるだけの何も面白くない映画なのでは・・・という気も。

あと、日数をカウントする場面、どうせなら夏っぽいイラストがラストは変化するってほうが面白いんじゃないかとか思ってみたり。

まぁ、でも自分はDVD購入決定ですね。アカデミー賞、どっかでひっかかると嬉しいな~。

|

« 映画「愛を読むひと」 | トップページ | 「小学五年生」 重松清 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/47297274

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「(500)日のサマー」:

» (500)日のサマー [小部屋日記]
(500) Days of Summer(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:マーク・ウェブ 出演:ジョセフ・ゴードン=レビット/ズーイー・デシャネル/ジェフリー・エアンド/クロエ・グレース・モレッツ/マシュー・グレイ・ガブラー/クラーク・グレッグ サマーに恋をした。 最低で最高の500日。 運命的な恋を信じる男と真実の愛など信じない女。正反対の2人がたどる500日間の恋の行方。2010年ゴールデングローブ賞作品賞・主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)ノミネート。 男性目線でみるラ... [続きを読む]

受信: 2010年1月16日 (土) 23時25分

» (500)日のサマー [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
センスの良さとユニークな個性を感じさせる小品である。トムは、運命的な恋を信じるロマンチスト。ある日、秘書として入社してきた魅力的な女性サマーに一目惚れしてしまう。音楽の話題で意気投合した二人だったが、サマーは、真実の愛など信じていない女の子だった。トムは....... [続きを読む]

受信: 2010年1月16日 (土) 23時47分

» (500)日のサマー [LOVE Cinemas 調布]
運命の恋を信じる青年と信じない女性のちょっとほろ苦い500日間を描いたラブコメディーだ。主演は『セントアンナの奇跡 』や『G.I.ジョー』のジョセフ・ゴードン=レヴィットと『イエスマン “YES”は人生のパスワード』のズーイー・デシャネル。監督のマーク・ウェブは映画初演出。男性目線で描かれている作品ながら、サマーの捉え方で賛否が分かれそうな作品だ。... [続きを読む]

受信: 2010年1月17日 (日) 00時35分

» (500)日のサマー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『運命の恋なんて、あるに決まってる。』  コチラの「(500)日のサマー」は、運命の恋を夢見るトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が愛を信じないミステリアスでエキセントリックな女性サマー(ズーイー・デシャネル)に恋をしたビタースウィートな500日間を描いたP...... [続きを読む]

受信: 2010年1月17日 (日) 00時56分

» 『(500)日のサマー』・・・サマーの“青”が印象的 [SOARのパストラーレ♪]
今年最初の鑑賞作品は、ほほえましくもちょっとほろ苦いボーイ・ミーツ・ガール。誰もが心の中で大切にしているであろう恋愛の思い出にきっと重ね合わせたくなるような、いい意味でごく等身大の恋物語だった。... [続きを読む]

受信: 2010年1月17日 (日) 01時14分

» 「(500)日のサマー」 心の傷にしみる・・・ [はらやんの映画徒然草]
アタタタタ・・・、心の傷がうずきます。 本作「(500)日のサマー」は冒頭にある [続きを読む]

受信: 2010年1月17日 (日) 08時30分

» 『(500)日のサマー』(2009)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:(500)DAYSOFSUMMER監督:マーク・ウェブ出演:ズーイー・デシャネル、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、クラーク・グレッグ、ミンカ・ケリー、ジェフリー・エアンド、マシュー・グレイ・ガブラー、クロエ・グレース・モレッツ観賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ公...... [続きを読む]

受信: 2010年1月17日 (日) 09時44分

» 『(500)日のサマー』 [めでぃあみっくす]
これは(恋)の物語。(恋をしたくなる)物語。恋をした人なら誰でも共感できる、スウィート&ビターで楽しくて切なくて苦しくて、でもかわいらしく思えるラブストーリー。 しかも終始男目線で描かれている以上に、サマーを演じるズーイー・デシャネルのかわいらしさに惚れてし....... [続きを読む]

受信: 2010年1月17日 (日) 13時24分

» (500)日のサマー [Movies 1-800]
(500) Days of Summer 監督:マーク・ウェブ 出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ゾーイ・デシャネル、ジェフリー・エアンド “運命の恋”を信じる男性トムが“恋は幻”と言い切る女性サマーに恋した500日を絵日記風に描いたロマンチック・コメディ。 最近は男女の立ち位置を逆にしたロマコメが流行りのようだが、本作もその1本で、アメリカではどう言われているのか知らないが、所謂「草食系男子」の視点で、気分に応じて時にポップに時にセピア調になる背景や、期待と現実を2分割画面で見せる演出、シュ... [続きを読む]

受信: 2010年1月18日 (月) 02時06分

» ★「(500)日のサマー」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、久しぶりにシネコンをはしごして2本。 こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年1月18日 (月) 02時22分

» (500)日のサマー [お萌えば遠くに来たもんだ!]
観てきました。 <日比谷 TOHOシネマズシャンテ> 監督:マーク・ウェブ 脚本:スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー グリーティングカードの制作会社に勤めるコピーライターのトムは、ある日社長のアシスタントとして入社した女性サマーに一目惚れしてしまう。トムにとっての運命的な恋の切っ掛けは、朝二人で同じエレベーターに乗り合わせたときに始まった・・・。 観始めたところでは、今作のズーイー・デシャネルをさほど魅力的とは思わなかったのですが、コピー室の一件で目を惹かれ、その後はすっかりト... [続きを読む]

受信: 2010年1月18日 (月) 07時50分

» (500)日のサマー [だらだら無気力ブログ]
運命の恋を信じる男と信じない女と対照的な恋愛観を持つ二人が繰り広げる 甘くてほろ苦い500日の愛の軌跡を描いた恋愛コメディー。 主演は『セントアンナの奇跡』のジョセフ・ゴードン=レヴィットと 『イエスマン quot;YESquot;は人生のパスワード』のゾーイ・..... [続きを読む]

受信: 2010年1月18日 (月) 23時32分

» 『(500)日のサマー』 (500) DAYS OF SUMMER [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
季節は巡る。そして、僕は恋をする。思い出はキラキラ。 ボーイ・ミーツ・ガールの物語。シネクイントでかかるこの系統の映画はとってもいいと相場が決まってる。『バッファロー'66』から『ラースとその彼女』にいたるまで。疑いの余地なく。 グリーティングカードの会社に勤めるトムはある日アシスタントとして入社してきたサマーに一目惚れ。観に行くことを決めている映画のレヴューは事前に読んだりはしないのだけど、twitterの140字以内の感想はついつい読んじゃって。本作公開初日にはTimeLineに次々と絶... [続きを読む]

受信: 2010年1月20日 (水) 02時12分

» 「(500)日のサマー」運命の出会いを信じますか [soramove]
「(500)日のサマー」★★★★★オススメ ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ズーイー・デシャネル主演 マーク・ウェブ監督、96分 、 2010年1月9日公開、2009年、アメリカ (原題:(500)DAYS OF SUMMER)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「運命の恋を信じる男トム(ジョセフ・ゴードン=レビット)と 信じない女サマー(ズーイー・デシャネル)が出会い、 恋愛ゴ... [続きを読む]

受信: 2010年1月20日 (水) 08時14分

» 『(500)日のサマー』 (500) DAYS OF SUMMER [*モナミ* SMAP・映画・本]
なんていうか男って…バカ(爆)。 私はサマーの気持ちが、よく分かる。 束縛されたくないというか、型にはめられたくないというか、 そういう関係がウザいというか。 一緒にご飯を食べる。 一緒に映画を見る。 ショッピングに行く。 SEXもする。 それのなにがいけないの... [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 17時59分

» (500)日のサマー [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:(500)日のサマー 制作:2009年・アメリカ 監督:マーク・ウェブ 出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ゾーイ・デシャネル、ジェフリー・エアンド、マシュー・グレイ・ガブラー あらすじ:グリーティングカード会社で働くトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、新入りのサマー(ゾーイ・デシャネル)に一目ぼれしてしまう。ある日、好きな音楽をきっかけに意気投合し、いいムードになった二人。そんな中トムは、サマーに対して「彼氏はいるの?」と聞くと……。 ...... [続きを読む]

受信: 2010年7月16日 (金) 02時01分

» (500)日のサマー [映画の話でコーヒーブレイク]
劇場公開を見逃しDVD発売を待ってました。 「イエスマン」に出ていたゾゥーイ・デシャネル主演ってことでレンタルしましたが、 「インセプション」でデカプリオの相棒アーサーを演じたジョセフ・ゴードン=レヴィットの別人ぶりに ビックリ! いや、本来こちらを見てから「インセプション」でビックリしなきゃぁいかんのよね。 本作では恋愛下手のピュアな好青年。「インセプション」ではオールバックの髪型にスーツ姿で 頼りになるクールな相棒。 こんなに変われるって・・・役者ってすごいねぇ〜。 ところで、この人誰かに似て... [続きを読む]

受信: 2010年7月30日 (金) 23時45分

» (500)日のサマー [映画、言いたい放題!]
脚本ゼミのお友達のクールビューティが褒めていたので。 建築家を志しながらも グリーティングカード会社で働くトムは、 運命の恋を夢見ていた。 そんなトムの前に新入社員サマーが表れる。 彼女を一目見た瞬間に恋に落ちたトム。 2人はデートを重ねるが、 トムの気持ち... [続きを読む]

受信: 2010年8月31日 (火) 14時36分

» 映画『(500)日のサマー』を観て [KINTYRE’SDIARY]
10-3.(500)日のサマー■原題:(500)DaysOfSummer■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:96分■字幕:古田由紀子■鑑賞日:1月23日、シネクイント(渋谷)スタッフ・キャス... [続きを読む]

受信: 2010年12月 5日 (日) 22時05分

» (500)日のサマー [RISING STEEL]
(500)日のサマー / (500) DAYS OF SUMMER いや〜、恋愛映画のレビューなんて慣れない事したら、意味わかんない文章になってしまいました。 2009年 アメリカ映画 フォックス・サーチライト製...... [続きを読む]

受信: 2010年12月22日 (水) 16時47分

» (500)日のサマー ((500) Days of Summer) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 マーク・ウェブ 主演 ジョセフ・ゴードン=レヴィット 2009年 アメリカ映画 96分 ラブロマンス 採点★★★★ “付き合ってる”って形式上の口約束みたいなものに過ぎないのに、“彼氏・彼女”って言葉自体を非常に重要視するんですよねぇ、男は。「やぁねぇ」…... [続きを読む]

受信: 2011年3月 1日 (火) 17時10分

» 映画レビュー 「(500)日のサマー」 [No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)]
(500)日のサマー  原題:(500) Days Of Summer 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 典型的な恋する青年と愛を信じない女性の500日に渡る恋愛の記録を綴った、ロマンティックコメディ...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 2日 (日) 01時01分

» DVD:(500)日のサマー [よしなしごと]
 クロエ・グレース・モレッツが出ているので見たいと思っていたのですが、それ以前にこの作品は名作だと言われ、TSUTAYAでDVDをレンタルしてようやく見ました。と言うわけで今回は新作ではなくレンタルDVDでの鑑賞ですが、(500)日のサマーを見ました。... [続きを読む]

受信: 2011年11月 9日 (水) 20時16分

« 映画「愛を読むひと」 | トップページ | 「小学五年生」 重松清 »