« 「泰平ヨンの航星日記」 スタニスワフ・レム | トップページ | 映画「愛を読むひと」 »

2010年1月11日 (月)

アリス・イン・ワンダーランドの世界展@日テレ

今年の4月に公開される映画『アリス・イン・ワンダーランド』で使われた小物やら、セットやら、衣装やらを無料で公開してしまうというなんとも気前の良いイベントが開催されているということで汐溜の日テレまで。

ティム・バートンが大好きだということは過去のブログ記事からも分かるかと思いますが、実は不思議の国のアリスも相当好きだったりしまして、関連書籍も多数持っていたりします。原書も邦訳もそれぞれいろいろなバージョンのものを持ってたり、その他、マニアックな資料本などいろいろ。

なので、今回の映画は、どうしても見逃せない1本なのです。公開されたら祭りだ!わっしょい!な勢いになることは間違いなしなのです。

というわけで、お誘いを受けたときには、2つ返事で参加を決めてたわけですよ。

会場は日テレのビルの2階部分なのですが、朝の10時半の時点で、建物の中では納まりきれずに外のデッキまで列がのびておりました。その後、ビル内に入ると、120分待ちの表示が。有名テーマパーク並の行列っぷり!

無料ということもあってものすごーく賑わっていたのですが、来ている客層のほとんどは女性でしたねぇ。ジョニデのファン率が高いのかなぁ。

列の途中では抽選をしていて、当たると出口で何かがもらえるみたいでしたが、我々は全員ハズレだったので、何がもらえるのかは謎のまま。そして、入り口近くまでくると、全員に映画のポスターを配っていました。無料な上、ポスターまでくれるなんて!気前良すぎです。そして、鞄に入らないので、ちょっと荷物です・・・。

さて、入り口では、扉の前に20名ほどの入場客が集められて、本当にテーマパークのアトラクションのような演出が。アラサー世代にはちょっと気恥ずかしい台詞をみんなで言って扉を開かれるという流れなんですが、説明のお姉さんのクオリティが某テーマパークほどではなかったため、より一層気恥ずかしさが増していたよ・・・。

展示室は、ウサギ穴風トンネル⇒不思議の国の最初の部屋とつながっていて、いきなりクオリティの高い小物の数々に釘付け。ジャバウォッキーからはじまり物語が描かれている巻物とか普通に欲しいよ~。

壁には小さな扉もあって、涙の大洪水で流されちゃいたい!とか本気で思いながら展示を見て回る自分。

隣のエリアはマッド・ティーパーティの場面を再現したゾーン。物語一気に飛びますね・・・。

いきなり目に飛び込んでくるのはジョニー・デップが実際に着用したという衣装。冷静に考えると帽子屋の衣装ってこんなだっけ?な気がしないでもないんだけど、細かいところまで装飾がいき届いていてなかなか面白い。お茶会のテーブルもニセモノとは分かっていてもお菓子が美味しそう♪

続くエリアは赤の女王の宮殿。ヘレナ・ボナム=カーターが着用の衣装やら、パートナーを彩る為にバートン監督が凝りに凝りまくったに違いない小物の数々が堪能できました。

最後は白の女王の宮殿。こちらはバトルシーンで使われたという小道具やらも。てか、解説の文章が微妙に映画のネタバレだよぅ。

出口を出たところでは写真を自由に撮れるスペースもあって、係員のお姉さんが「ハイ、アリス!」の掛声でシャッターを押してくれたり。

 

コアなアリスファン向けの展示ではなかったけれど(当然だけど・・・)、映画の公開がますます楽しみになる素敵なイベントでした~。ちなみに外に出たら待ち時間がますます長くなっていて、凄いことに・・・。

展示会後は五反田にてペルー料理を食べ、南米の風を感じつつまったりと過ごしました~。

|

« 「泰平ヨンの航星日記」 スタニスワフ・レム | トップページ | 映画「愛を読むひと」 »

展覧会」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー。
かなり遅くなりましたが、コメントコメント。展覧会面白かったですよねー。つか、映画の小道具とか(あれたぶん本物ですよね)、わりと近くで見ると安っぽいところもあったりして、ガッカリというよりビックリ。
まーバートンの作品はおもちゃっぽい作りが味なので他の映画もそうだとは思いませんが、わりと「リアルな!」とか「見事な再現!」とか言われるセットや衣裳の半ばくらいがカメラマジックなんだろなーと思いました。

そして私は、本日ようやく声が出るようになりましたよ!笑

投稿: だだ | 2010年1月15日 (金) 22時12分

>だださん

コメントどうもありがとうございます!!

小道具どころかセットも本物らしいですよ。
自分としては衣装が結構「衣装」だったのが驚きでした。
鎖かたびらなんか割と作り物感に溢れてましたよね。
近頃はCGなんかで補正もできるだろうし、
今回の小物や衣装が実際の映画でどんな感じに
見えるのかってのはちょっと楽しみですね。

無事、声が復活されたんですね。
おめでとうございます。
1週間、大変だったのではないでしょうか。
このところ急に寒さがレベルアップしていますので、
ご体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。

投稿: ANDRE | 2010年1月16日 (土) 01時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/47259634

この記事へのトラックバック一覧です: アリス・イン・ワンダーランドの世界展@日テレ:

« 「泰平ヨンの航星日記」 スタニスワフ・レム | トップページ | 映画「愛を読むひと」 »