« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月28日 (水)

映画「第9地区」

第9地区 [DVD]

District 9

アメリカ 南アフリカ

2009

2010年4月公開

劇場鑑賞

アカデミー賞の作品賞候補だった中でも一際異彩を放っていて、とっても観たかった1本。

1983年、ヨハネスブルグ上空に出現した巨大宇宙船がそのまま動かなくなってしまい、船内取り残された宇宙人たちは保護され、難民として第9地区と呼ばれる地区に隔離されることとなった。

現在、その容姿から「エビ」と呼ばれる宇宙人たちが暮らす第9地区はスラムと化し、犯罪や争いが絶えず、MNUという機関によって管理されていた。そんなあるとき、都市から離れた場所にある第10地区に宇宙人たちを移住させることとなり、MNUの社員であるヴィカスはリーダーとして第9地区に暮らす宇宙人たちを戸別訪問して回ることに。その際、宇宙人の家で謎の黒液体を浴びてしまったヴィカスの体に異変が起こり・・・

これは舞台が南アフリカになっていることからも明白で、第9地区ってのは、隔離政策を風刺した設定なんですが、宇宙人たちを使うことでもっと徹底的に皮肉ったブラックユーモアあふれる作品なのかと思っていたら、それは冒頭の疑似ドキュメンタリーの部分だけで、後半に行くにつれてアクション映画度がどんどん増してしまっていて、ちょっと肩すかしだったかなぁ。

ただ、宇宙人をこのように描いた発想の上手さはやっぱり評価できるところだと思います。黒人グループを上手く出してきて(この世界ではアパルトヘイト継続中?)、魔術的な信仰と宇宙人たちとの絡め方なんかも上手かったなぁと思います。

でやっぱり、冒頭の擬似ドキュメントになってるところが非常に面白いんですよね。さらに言うと、黒人たちが英語を喋ってるのにそこに英語字幕を出すという演出もブラックな風刺が感じられました。

でも、次第に、ドキュメンタリのカメラが映しえない映像が増え始めてしまい、疑似ドキュメンタリ部分とそうでない部分が入り混じるようになってしまって、この映画の立場がちょっと曖昧になってしまったように思います。最後の最後まで徹底してドキュメンタリにしてしまって、「再現映像」とかを織り交ぜるような作りでも良かったんじゃないかと思う。

続きを読む "映画「第9地区」"

| | コメント (2) | トラックバック (15)

2010年4月26日 (月)

「ラギッド・ガール」 飛浩隆

ラギッド・ガール 廃園の天使 2 (ハヤカワ文庫 JA ト 5-3) (ハヤカワ文庫JA)

ラギッド・ガール

飛浩隆

ハヤカワ文庫 2010.2.
(original 2006)

廃園の天使シリーズ第2作目。第1作目がなかなか面白かったので楽しみにしていたのですが、長編だった前作に対して、こちらは短編形式で第1作目の前日譚を描くという1冊。

それぞれの短編のクオリティは非常に高くて濃密です。

収録されているのは5作品。

仮想リゾート<数値海岸>を舞台にした『夏の硝視体』

<数値海岸>誕生の背景に迫る現実世界の物語、『ラギッド・ガール』&『クローゼット』

リゾートにゲストが来なくなる大途絶の背景を描く『魔術師』

そして、事件の中心物であるランゴーニの過去を描く『蜘蛛の王』

 

5作品の中では、現実世界が舞台となる2作品がべらぼうに面白かったです。この2作品だけで言えば、前作をはるかに越えて面白かったように思います。仮想現実の世界よりも現実世界のほうが自分としてはとっつきやすかったてのもあるんだろうけど。

想像力の限界なのか、区界が舞台の作品は脳内処理がなかなか追いつかなくて、どっぷりと味わいきれないんですよねぇ。あと、この本でいえば、現実世界の話がミステリ調だったのに対して、区界の話はアクション寄りだったってのもある。

続きを読む "「ラギッド・ガール」 飛浩隆"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「北京ヴァイオリン」

北京ヴァイオリン 特別プレミアム版 [DVD]

和你在一起

中国

2002

2003年4月公開

TV録画鑑賞

劇場公開されてる時からずーーーーーーっと見たかった作品で、かなり前にTV放送されたときに録画していたんですが、録画したことに満足したまま数年間が経過してしまったのを遂に鑑賞。

中国の田舎町、父の劉成と二人で暮らしている小春はヴァイオリンの名手であった。小春の才能を信じ、コンクールに出場するために父子は北京へとやってくるのだが、上位入賞したのは裕福な子どもたちであった。

劉成はコンクールで審査をしていた江先生に頼み込み、小春は才能を認められ彼のもとでヴァイオリンの指導を受けることになるのだが・・・。

なんか7年の間に頭の中で勝手に「北京ヴァイオリン」はこんな映画に違いないという妄想を膨らませ過ぎてしまっていて、ものすごい感動の父子の物語を期待してしまったら、思ったほどではなくちょっと残念。面白いには面白いんですけどね。自己中心的な登場人物が多すぎるような気が。

これはなんといっても父子が北京で出会う人々が良いですよね~。小春が淡い恋心を抱くリリや、江先生は反則的に良い役だったように思います。特に先生。

だた、主人公の小春の飄々とした姿が、田舎の純朴な少年なんてレベルをはるかに超えているのがちょっとなぁ。もっと貧しいけど努力で頑張る物語だと思ってたのに、女に夢中になって母の形見の楽器を手放すとか酷過ぎる。てか、練習量もちゃんとしてるかどうか怪しいし。

続きを読む "映画「北京ヴァイオリン」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

映画「マリオネット・ゲーム」

マリオネット・ゲーム <特別編> [DVD]

butterfly on a wheel

カナダ・イギリス

2007

日本未公開

DVD鑑賞

未公開作品ながら、なかなかの豪華キャストなので気になってレンタルしてみました。

ニール(ジェラルド・バトラー)とアビー(マリア・ベロ)は一人娘と3人で幸せな家庭を築いていた。あるとき、娘をベビーシッターに預け2人が車で出かけると、車内に潜んでいた男(ピアース・ブロスナン)から娘を人質にとったと告げられ、男の指示に従うよう迫られる。

娘の命を守るため、男の不条理な要求に従う2人だったが・・・。果たして、この男の正体は?そして、その真の目的とは?

という物語。

えーっと、なんとなく未公開も納得かなぁ。キャストが豪華な一方で、ものすごく地味な印象の作品でした。

いつでも逃げ出せそうな状況下で、何故夫婦が男の言いなりになるのかというのがとても不自然ということもあって、全体的にサスペンスの醍醐味であるべき緊張感がほとんど感じられないんですよね。

最後はどんでん返しが待ってますが、これまた割と地味なところに落ち着いたかなぁと。でも、まさかこんなオチだとは思っていなかったので、なるほどね~という感じでストーリー的にはそこそこ楽しめたように思います。

続きを読む "映画「マリオネット・ゲーム」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

「高慢と偏見とゾンビ」 ジェイン・オースティン&セス・グレアム=スミス

高慢と偏見とゾンビ(二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

高慢と偏見とゾンビ
(Pride and Prejudice and Zombies)

ジェイン・オースティン&セス・グレアム=スミス
(Jane Austen & Seth Grahame-Smith )

二見文庫 2010.1.
(original 2009)

昨年、洋書売り場に行くとやたらと異彩を放っている1冊があって、とーっても気になってた作品が、いきなりの文庫での翻訳リリース。ジェイン・オースティンのファンであれば必読の1冊です!

舞台は18世紀末、謎の疫病によりいたるところにゾンビが現れる英国。

ニンジャの技術を習得する者が多い中、田舎町に暮らすベネット家の五姉妹は中国の少林寺拳法を武器にゾンビ達と闘っていた。そんな折、近所に資産家であるビングリー氏が引っ越してきたため、結婚適齢期の娘たちをかかえたベネット家は大騒ぎ。姉妹の次女エリザベスはビングリーの友人であるダーシーと出会い、彼の高慢さを嫌うのだが・・・。

この作品、使われてる文章の8割以上がオースティンの書いたものをそのまま使用していて、ところどころに、単語の解釈を勝手に変えたり、文章を継ぎ足したりして、「高慢と偏見」の世界に見事なまでにゾンビ達を登場させています。

あの人がゾンビ化しちゃってるのとか、それに気がつかないとか、かなりツボでしたね~。

原作ファンは怒り心頭なのでは!?と思ってしまうゾンビ化ですが、多分、原作好きの人も満足できるのではないかと。

こういう遊び方は出オチ要素が強いように思うし、事実、一番インパクトがあるのは序盤で、後半にかけての面白さは原作の面白そのものに他ならないのですが、意外にも、骨太な作品でした。単純にゾンビを出して笑いをさそうというだけではなく、追加要素によって、それぞれのキャラクターの行動が強調されて、オリジナルの「高慢と偏見」の理解が深まったような気さえします。

てか、相手に敵意を持つとただ殺そうと思うだけじゃないところが普通に怖いよ・・・。

原作を壊さないギリギリのところで、オースティンの世界観とは対極に位置するゾンビ達を絶妙に配置した作者のバランス感覚がとにかく凄い。

続きを読む "「高慢と偏見とゾンビ」 ジェイン・オースティン&セス・グレアム=スミス"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

映画「ブラザーズ・ブルーム」

ブラザーズ・ブルーム [DVD]

the brothers bloom

アメリカ

2009

日本未公開

DVD鑑賞

このところTSUTAYA限定のレンタル作品というのがチラホラとあって、それを見るためにはわざわざ家から遠いほうのレンタル店であるTSUTAYAさんまで行かなくてはいけないのがちょっと面倒なのですが、これもそんな1本。

結構豪華キャストなのに未公開なんですよね~。

これ、カタカナのタイトルを見たとき、「Brother's Bloom」なのかと思ってたんですが、単に「ブルーム兄弟」というタイトルでした。「ブラザーズ・グリム」と同じですね。

詐欺師のブルーム兄弟こと、ブルーム(エイドリアン・ブロディ)とスティーブン(マーク・ラフォロ)は幼いころより孤児として各所を転々とし、現在は謎の日本人バンバン(菊池凛子)とともに詐欺を働きながら兄弟2人で支え合って生きていた。

詐欺師を辞めたい訴えるブルームにスティーブンは、莫大な遺産を相続したというペネロペ(レイチェル・ワイズ)をターゲットに最後の仕事を持ちかけ、世間知らずのお嬢様ペネロペにふりまわされながら、ヨーロッパを舞台に一大詐欺をしかけるのだが・・・。

うーん、詐欺師モノの映画って割と面白いものが多いですが、これはちょっと物足りなかったかなぁ。随所に盛り込まれているギャグがツボにはまれば、かなり笑える作品になってるかと思いますが、個人的には、コテコテすぎて笑うに笑えずという感じでした。

日本人としては菊池凛子の出演が気になるところですが、彼女は完全にマスコット的存在で、いてもいなくても良いような役回りで、画面の片隅で無言で面白いことをしているだけなんですよね。上述の通り、これがツボにはまればもっと楽しめたかなぁ。受けを狙い過ぎてはずしてるような印象で。でも彼女の持つ「怪しげな東洋人」の雰囲気はとてもよく生かされてたように思う。

キャラクターとしてはレイチェル・ワイズ演じる先の読めない特技を沢山持つお嬢様のほうが光ってたし、好きだったかなぁ。これはかなりのあたり役ではないでしょうか。天然なお嬢様をたっぷりと楽しませていただきました。

続きを読む "映画「ブラザーズ・ブルーム」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

映画「暴走特急 シベリアン・エクスプレス」

暴走特急 シベリアン・エクスプレス [DVD]

transsiberian

英・独・西・伊・リトアニア

2008

日本未公開

DVD鑑賞

このタイトル、そのまんまどこかで見覚えがありますが、これはスティーブン・セガールが出演してる作品ではありません。

ちらほらと色々なところで、タイトルにだまされがちだけど、結構秀逸な心理サスペンスだというようなことを耳(目)にするので、レンタル店で探してきました。

確かに未公開作品なんだけど、キャストが割としっかりしていて、期待が持てます。

主人公ジェシー(エミリー・モティマー)は中国でのボランティア活動の帰り、鉄道オタクの夫ロイ(ウディ・ハレルソン)と2人でシベリア鉄道に乗り、英語が通じない環境の中、途中駅から乗車してきて同室になったスペイン人のカルロスとアメリカ人ののカップルと行動を共にするようになる。

途中駅で停車中、ロイが電車に乗り遅れてしまたっため、ジェシーは次の駅で下車、翌日にくるという次の列車を待つことになり、彼女を一人でロシアの町に泊めるわけにはいかないと、カルロスとの2人もジェジーと共にホテルに一泊する。

翌日、カルロスと2人で古い教会を訪れたジェシーは、カルロスに体をもとめられ、抵抗するのだが・・・。

その後、無事夫と合流したジェシーは麻薬捜査官(ベン・キングスレー)と知り合い、恐怖の列車の旅が幕をあける。

えーっと、なんというか、とりあえず、「暴走」しないし、DVDのジャケットも全然映画の内容の本質をとらえてないっていう・・・。なんでまたこういう売り方をしようと思ったんですかねぇ。このDVD制作した人たちって本編見てるの!?と疑ってしまいたくなります。

で、実際どんな感じの映画だったかと言いますと、噂にたがわず、しっかりとした作りの心理サスペンスになっていて、後半、主人公ジェシーが秘密を抱えて心理的に追い詰められる場面なんかはさすがのエミリー・モティマーという感じでかなり見せてくれます。

ただ、前ふりがちょっと長かったかなぁ。DVDの裏のあらすじの最初の2行くらいにたどり着くまでに1時間ほどかかっていたように思います。そのせいで、後半になってちょっと面白くなってきたかな?と思うところで、割とあっさりと終わってしまった感が強い作品になってしまいました。

それでも、なんだかよく分からない謎の同乗者たちが醸し出す、「こいつら怪しいぞ」オーラはなかなかのもので、なんでもない場面のはずなのに、はたして彼は一体何を考えているのだろうなどと思って見ていると、結構な緊迫感があったり。

続きを読む "映画「暴走特急 シベリアン・エクスプレス」"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年4月 7日 (水)

エンタ☆メモ 3-4月号

桜満開の今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

実は感想をかけずにたまってしまってるレビューが結構たまりつつありちょっと焦ってるのですが、先月のまとめと今月の期待を書く月刊まとめ記事、第3号です。

4月からちょこっと働くことになり今は不慣れ仕事にどうしたものかとドキドキしながら準備してるところです。通勤に片道2時間以上かかるので、読書の時間が増えそうな予感。 

そんなわけで、3月のエンタメをまとめつつ、4月の期待作品を( ..)φメモメモ

続きを読む "エンタ☆メモ 3-4月号"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

映画「ジェイン・オースティン 秘められた恋」

ジェイン・オースティン 秘められた恋 [DVD]

becoming Jane

イギリス

2007

09年10月公開

劇場鑑賞

つい先日も、小説「マンスフィールド・パーク」を読んだばかりですが、ジェーン・オースティンの作品を愛する者としてはちょっと見逃せない映画。これ、公開されるまでに結構時間かかった&公開規模が小さかったですよね。レンタル開始とほぼ同時にDVDにて鑑賞いたしました。

1795年。ハンプシャーに暮らす主人公ジェイン(アン・ハサウェイ)は貧しい家庭で育ち、母親は娘たちを裕福な家に嫁がせようと躍起になり、近隣に暮らす地元の名士レディ・グレシャム(マギー・スミス)のもとに挨拶に伺いその甥のウィスリー氏とジェインを結婚させようとしていた。

同じころ、ジェインの兄の友人でロンドンで法律を学ぶトム・ルフロイ(ジェームズ・マカヴォイ)がハンプシャーに滞在することになる。トムはジェインが皆の前で朗読した自作の物語を酷評し、それ以来、2人は顔を合わせれば口論が尽きなくなっていたが、次第にひかれるようになっていき・・・。

これ、ベースになってるのは『高慢と偏見』ですね~。たまたま近所に滞在することになった高慢な男に次第にひかれて行くなんてくだりはそのままですよ。

ベースになってる事実がいくつかあるみたいで、ジェインがトムと共にロンドンに暮らしたことや、2人の恋の行方などは史実に基づいているようなのですが、ジェイン・オースティンの原作の映画と同様の雰囲気で彼女の物語を映画化するということには成功していたと思います。

ロンドンでの展開やら、兄の恋の行方などなかなかにオースティンっぽくて楽しめました。

ただ、アン・ハサウェイは嫌いな女優さんではないですが、もっと純粋な英国女優に演じてもらいたかったなぁ。何故このキャスティング!?

続きを読む "映画「ジェイン・オースティン 秘められた恋」"

| | コメント (2) | トラックバック (4)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »