« 「Sightseeing」 Rattawut Lapcharoensap | トップページ | 「上海」 横光利一 »

2010年5月31日 (月)

映画「アリス・イン・ワンダーランド」

ALiCE IN WONDERLaND

Alice in Wonderland

アメリカ

2010

2010年4月公開

劇場鑑賞

感想を書くのが大分遅れてしまいましたが、3週間ほど前に劇場に鑑賞してきました。

3Dでの鑑賞だったんですが、眼鏡on眼鏡が上手くできないタイプの眼鏡だったので、鑑賞中ずーーーーっと手で3Dの眼鏡を抑えなければならずちょっと(?)疲れてしまいました・・・。

19歳のアリス・キングスレーは出席したパーティで突然皆の前で婚約を宣言されてしまう。戸惑う彼女は眼の前を走り抜けていった白ウサギを追いかけ穴の中へと落ちていく。

穴の下には小さな部屋があり、その部屋を抜けた扉の外には不思議な世界が広がっていた。不思議な生物たちが、アリスのことを「あのアリス」と呼ぶのだが、当のアリスは何の覚えもなく人違いされているのではないかと戸惑うばかりだったが・・・。

実は『不思議の国のアリス』&『鏡の国のアリス』は大好きな小説で、子供のころから何度となく読み返して、本棚には日本語訳だけでも5種類くらい並んでるし、原書でも読んだし、その他関連書籍も多数持っていたりします。

一方、『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』をはじめとして、バートン作品も大好きなのでこの作品は企画が立ったというニュースを読んだ数年前から猛烈に楽しみにしていた1本です。

で、感想ですが、鑑賞前に悪い評判もちらほらと耳に入ったんですが、個人的にはかなり楽しめました。

一番の不満は登場人物の皆さんが割と「普通」で、ナンセンスっぽさがあまり感じられなかった(特に帽子屋)ところかなぁ。不思議の国の住民は筋の通ったことを喋ってはいけません。なので、この映画は原作の登場人物の名前と見た目を使用した全く別のファンタジー映画として観る必要があって、そう思えば結構楽しめる、そんな作品だったと思います。

しかし、至る所に登場する原作ネタにニヤニヤしっぱなしで・・・。

とりわけ、ジャバウォックの詩が原作だといっても良いくらいの扱いで登場したのが嬉しかったですね~。巻物のテニエルを踏襲したイラストだとか、モンスターの造形だとか、細かな固有名詞だとかが映像化されてるのを見ているだけでワクワクしちゃってました。

台詞の中にも原作からの引用が結構沢山あったんですけど、肝心の言葉遊びが字幕では完全にスルーされてしまった場所もあったりして「オイオイ!」と一人つっこんでみたり。アリスが不思議の国に入った瞬間に「Curiouser and curiouser」とつぶやくんですが、心の中では「原作の台詞キター!!!」という感じで勝手に祭り状態でした。

ストーリーがバートンっぽくないとの声も多いようですが、これはバートン監督作品である以前にディズニー映画なので、僕はディズニー映画にしては結構バートン監督のカラーを尊重したんじゃないかなぁと思ったんですがいかがでしょうか。目玉のシーンとかもあったし。

このところのディズニーは、実写でもアニメでも、やたらと、「自分自身が何者なのかをしっかりと理解すること(アイデンティティの発見)」と「努力して自分の力でつかみ取る幸せ」というのを強調していますが、この作品もラストをそういう方向に持ってくるとは思わなかったので、観ながら、あぁ、これはやっぱりディズニー映画だなぁというのを強く感じました。

ラストのダンス、いきなり場違いな感じのBGMが流れ始めて、帽子屋が踊り始めた瞬間、もしやこのまま全キャラクターが一緒に踊り始めてインド映画的なエンディングを迎えるのか!?と本気で思ってしまったんですが、そんなこともなく・・・。でも、あのシーン、やたらシュールでしたよね。アリスのナンセンスさをはき違えたような感じがしないでもない。

今年の初めに、この映画で実際に使われた小物やセットを展示するイベントを観に行ったんですけど、そのとき、結構安っぽい感じに見えた小道具も、映画の画面で見ると違和感なく存在していたりして、映像マジックの凄さを改めて実感。

そして、やっぱり3Dはあまり好きではないことも実感。

|

« 「Sightseeing」 Rattawut Lapcharoensap | トップページ | 「上海」 横光利一 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/48475227

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「アリス・イン・ワンダーランド」:

» アリス・イン・ワンダーランド [LOVE Cinemas 調布]
ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」、「鏡の国のアリス」をベースにその後のアリスの新たな冒険を描いた作品。『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン監督とジョニー・デップの7度目のコンビによる不思議なファンタジーが魅力だ。主演のアリスを『ディファイアンス』のミア・ワシコウスカが務める。ヘレナ・ボナム=カーターやアン・ハサウェイといった豪華な共演陣も注目だ。... [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 00時38分

» アリス・イン・ワンダーランド [★YUKAの気ままな有閑日記★]
 「もはやジョニーじゃないっ」初めてジョニーがマッドハッターの扮装をしている写真を見た時に叫んだ私。だけど、映画はと〜〜〜っても楽しみにしていましたティム・バートン監督のアリスの世界ってどんなだろう?って思って。まず公開初日に一人で2Dでじっくり観て、それから家族でゆっくり3Dを観よう―なんて計画してワクワクしていました―【story】19才のアリス(ミア・ワシコウスカ)は、うさぎの穴からアンダーランドと呼ばれる不思議の国(ワンダーランド)に迷い込んでしまう。この世界の住人たちは、皆アリスを知ってい... [続きを読む]

受信: 2010年6月 2日 (水) 09時48分

» 『アリス・イン・ワンダーランド 3D字幕版』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト「アリス・イン・ワンダーランド」□監督 ティム・バートン □脚本 リンダ・ウールヴァートン □原作 ルイス・キャロル □キャスト ジョニー・デップ、ミア・ワシコウスカ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ■鑑賞日 4月22日(木)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> ティム・バートンは日本のコントが好きで、密かに志村けんのバカ殿がきっと好きなんだと思う(笑) それは、ジョニー・デップの白... [続きを読む]

受信: 2010年7月21日 (水) 08時19分

« 「Sightseeing」 Rattawut Lapcharoensap | トップページ | 「上海」 横光利一 »