« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月28日 (水)

映画「トイ・ストーリー3」

  

toy story 3

アメリカ

2010

2010年7月公開

劇場3D字幕鑑賞

紆余曲折の末、公開が決定した大人気シリーズ第3弾。当初、ピクサーとディズニーの契約更新がなければ、ディズニーがピクサー抜きで勝手にパート3を作るとかっていう話もあって、どうなることやらと思っていたんですが、無事、ピクサーの手で我々に届けられることになり、ほっと一安心でした。

ちなみにシリーズ全て劇場鑑賞してます☆

ウッディやバズといったおもちゃたちの持ち主であるアンディもすっかり成長し、おもちゃで遊ぶこともなくなり、おもちゃたちは淋しい日々を送っていた。あるとき大学進学のために家を出ることになったアンディは、ウッディだけを新居へ持っていくことに決め、残りのおもちゃたちを屋根裏にしまおうと袋にまとめてしまう。しかし、ひょんなことから、おもちゃたちは近所の託児所に寄付されることに。

ふたたび子供たちと遊べることを楽しみにしていた仲間たちだったが、モンスターのような園児達の遊び方に彼らは身も心もボロボロになってしまう。さらに、そこでは人間不信のハグベアのロッツォにより支配される独裁体制が築かれていて・・・

果たしておもちゃたちの運命は?そして、彼はこのままアンディと別れてしまうのか!?

前評判が非常に高い作品でしたが、噂にたがわず素晴らしい完成度。

CGのアニメにも関わらず本気で手に汗握ってハラハラドキドキしてしまったし、思いっきり笑わせてもらったし、思いっきり号泣させられちゃったし、短い時間にこれだけの要素をここまでの完成度で詰め込んだことにただただ驚くばかりです。

最初から最後までずっとウッディやバズたちと一緒に大冒険できて、大人とか子供とか関係なく誰もが楽しめるエンタメ大作になっていたと思います。3Dでの鑑賞だったんですが、最初、「やっぱり3Dあんまし好きじゃないなぁ」なんて思ってたんですが、途中からは3Dかどうかなんてどうでもよくなって、ただただ映画の面白さに釘づけになってました。

続きを読む "映画「トイ・ストーリー3」"

| | コメント (2) | トラックバック (31)

2010年7月24日 (土)

映画「PUSH 光と闇の能力者」

PUSH 光と闇の能力者 [DVD]

push

アメリカ

2009

2009年11月公開

DVD鑑賞

公開時、ちょっと面白そうだなぁと思ってた1本。

超能力者たちが国家機関によって管理される世界が舞台。あるとき、政府の機関から記憶を操作できるPUSHという能力を持ったキラという名の能力者が脱走する。

そんな折、香港に暮らす念動力者であるニックのもとにキャシーという予知能力者の少女が現れ、ニックはキャシーと共にキラを探すことになるのだが・・・

超能力者たちが一つの能力に特化していて、それぞれが一長一短ていう設定がなかなか面白かったです。さらに、主人公達の能力も未熟で超能力者とはいえ、ものごとがなかなか上手く運ばないってのも面白い。

舞台が香港ってのも意表をつかれてなかなか楽しめました。

しかし、全体の印象はなんとも微妙。

ストーリーそのものが単純なのは、変に分かりづらくなることもないので全然構わないんだけど、せっかくの超能力合戦がいまいち面白くない。

さらに肝心の超能力に特殊な名前を与えているのに、全体的に説明不足で全部把握できるようになるまで、何が何やらよく分からない感じで置いていかれてしまうんですよねぇ。

続きを読む "映画「PUSH 光と闇の能力者」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「失われた町」 三崎亜記

失われた町 (集英社文庫)

失われた町

三崎亜記

集英社文庫 2009.11.
(original 2006)

ちょっと不思議で奇妙な世界で楽しませてくれる三崎作品。手軽に楽しめるエンタメ小説は嫌いではないのでどんな長編になってるのかと楽しみにして読んでみました。

30年に一度、どこかの町の住民がまるごと消えてしまう「消滅」という現象の起こる世界が舞台。月ヶ瀬という町の消滅を中心に、その消滅で家族や親しい者を失った人々、思いがけず消滅に関わることになった人々、管理局で「消滅」に関する仕事をする人々の姿を描く群像劇。

三崎亜記の作品の魅力は良くも悪くも「軽い」エンターテイメント小説であることだと思っていて、気軽に不思議な世界を味わえるのが好きだったんですが、この作品は、これまでの軽さがぐっと抑えられていて、読みながら途中何度か置いていかれそうになりパラパラと読み返す場面も多かったです。

読む前は、「町が消える」というできごとに直面した人々を感傷的に描く作品なのかと勝手に思っていたのですが、いくらでも感動的な盛り上げ方ができそうな題材にも関わらず、意外にも、淡々とした空気の作品で、変に盛り上げることもなくSF要素の強い群像劇になっていました。

続きを読む "「失われた町」 三崎亜記"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

映画「かえるくんとマックス」

かえるくんとマックス [DVD]

kikkerfril

オランダ

2009

日本未公開

DVD鑑賞

レンタル店で何気なく見つけてオランダの子供映画ということでどんなものかなと気になった1本。

主人公は6歳の少年マックス。兄のヤヌスが扁桃腺の手術をすることになりマックスは動物の世話をするのが好きな祖母の家で過ごすことになる。入院前に兄が、手術の後にカエルの卵を飲まなければ声が出なくなってしまうと告げた言葉を真に受けたマックスは兄のためにカエルの卵を探し始める。

町でたまたま出会った少女イエッサに、マックスは自分が孤児であると嘘をつき、2人は一緒にカエルの卵を探し始めるのだが・・・

なんというか、とっても素朴な映画でした。

マックスの祖母が暮らしている田舎町は自然に溢れていて、幼いマックスは物おじせずに、昆虫や、野生の動物たち触れ合っている姿がとてもすがすがしかったですね。兄の言うことも真に受けてしまうし、自分でついた嘘に苦しめられるし、幼いマックスのまっすぐすぎるくらいの純粋さがとにかくまぶしい。

映像も今時の映画という感じではなくて、演出なども含めて、映画の作り方もとにかく素朴。

子供向きの映画ということで歌って踊ってという楽しいシーンも沢山あるんだけど(やや退屈なところもあったけど)、その歌や踊りもとても素朴でとにかく全てが幼いマックスの純粋な視点で描かれた映画という感じでしたね。

続きを読む "映画「かえるくんとマックス」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月18日 (日)

映画「告白」

告白 オリジナル・サウンドトラック

告白

日本

2010

2010年6月公開

劇場鑑賞

原作を読んだときに、文庫の巻末に収録されていた監督インタビューがとても面白く、映画版も是非観てみたいと思ったので劇場鑑賞してきました。(原作の感想

舞台はとある中学校。理科教師の森口(松たか子)は終業式の日に生徒たちに向かって衝撃の告白を行うのだが・・・

中島監督の作風と原作小説とが頭の中でどうもうまくつながらなかったので、はたしてどのような映画になっているのかとドキドキしながらの鑑賞でしたが、これが意外や意外、見事なまでによくできた映画化でした。

非常に原作に忠実に映画化していたんですが、原作を読んだときに、自分が思わず笑いそうになってしまった部分や、遠い目になってしまったような部分なんかがこの映画ではばっさりとカットされていて、エピソードの取捨選択もかなり良かったなと思いました。

原作の一番の感想はとにかく軽い小説だということだったんですが、中島監督のスタイリッシュで軽快な演出が、見事に原作の「軽さ」にはまっていたのが成功の理由ではないかなぁと。

続きを読む "映画「告白」"

| | コメント (0) | トラックバック (24)

2010年7月 7日 (水)

「Invisible」 Paul Auster

Invisible

Invisible

Paul Auster

2009

このところ良い具合に洋書を読み進めているのですが、オースター作品は10年前に文庫で手に入る邦訳をすべて読み終えて、次の邦訳が待ち切れなくなって以来、ずっと原書のペーパーバック版で新作を追いかけている作家。

初オースター原書はTimbuktuでした。「ティンブクトゥ」の文庫版はこの6月に出たばかりなので、あのまま文庫になるのを待っていたら読めるようになるまで10年待たなければいけなかったということになります。

さて、このところ1年に1冊のペースで新作を発表しているオースターの最新作は・・・

1967年のNY。コロンビア大に通う作家志望の青年アダムは、とあるパーティで大学で教鞭をとっているというルドルフ・ボーンと彼の連れのマーゴットというフランス人のカップルと知り合う。

あるとき、ボーン氏は自分が出資するからと、文芸誌の創刊の話をもちかけ、アダムにその編集を依頼してくる。そして、そんな折、街を歩いていたアダムとボーン氏は思いがけない事件に遭遇する・・・

40年後、作家のジェームスのもとに学生時代の友人アダムから手紙が送られてくる。アダムは1967年の春からの1年のできごとを書いた回想録を執筆しており、それを彼に読んで欲しいと頼んできたのだが・・・。

今回のオースターはとにかく物語が面白くて、第1章の終盤で衝撃の事件が起きて、結局その事件がその後長きにわたってアダムとボーン氏の人生に影を落とすことになるんですが、そこからはとにかく先が気になってしまい一気に読んでしまったという感じです。ハラハラドキドキの展開も結構多くて、かなり面白かったです。

でもって、こういう心理サスペンス的なエンタメ性の高さがある一方で、悪魔的な登場人物を出すことで、正義とは何か、というのが大きなテーマになっていて、主人公は自らが正義だと信じる行動をとるんですが、一方で彼自身の倫理性や道徳性を問うようなできごと(これまたショッキング!)も描かれて、一筋縄ではいかない複雑な人間性を問うてくるあたりも非常に面白かったです。

アダム青年が厳しい現実に直面し、もがき苦しみ、愛に迷い、正義を叫ぶ姿もひとつの読みどころなんですが、この青年も過去のトラウマに縛られていたりして、素直な善人というわけではないのがまた複雑で面白い。

また、ベトナム戦争関連をはじめとして1967年という時代の知識があまりないので、そのあたりに関する作品の本質的な部分は読み切れてないなぁというのも強く感じたので、何かの機械で勉強することがあったら、この作品も読み返してみたいと思います。

21世紀に入ってからの作品ではすっかりお馴染みの「小説中小説」が出てくる作品なんですが、これがまたとても面白い手法で登場します。全部で4章あるんですが、それぞれの章で、第1章が1人称、第2章が2人称、第3章が3人称、そして、第4章が日記と全ての章で異なる文体が使われているんですね。主人公の内面的な部分にせまってくる第2章が2人称で自分へ語りかけるように書かれていたりと、それぞれの文体の使い方も非常に上手い。

続きを読む "「Invisible」 Paul Auster"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

エンタ☆メモ 6・7月号

今年も半分が終了してしまいましたが皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

7月1日に話題のiPadを手に入れ、あれこれといじっては楽しんでますが、まだ使いこなせているとはとうてい言えない状態。自分は説明書を読むのが結構好きで、どんな商品も一通り、全部のページに目を通してから使うんですが、なんとiPadには説明書がない。基本的な使い方を把握するのだけでも結構時間がかかりそうです・・・。

さてさて、それでは6月のエンタメのまとめと7月の気になるエンタメをφ(..)メモメモ

続きを読む "エンタ☆メモ 6・7月号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

映画「彼が二度愛したS」

彼が二度愛したS [DVD]

deception

アメリカ

2008

2008年11月公開

DVD鑑賞

今時珍しくちょっとインパクトのある凝った邦題をつけちていて、どこか古き良きサスペンス映画の香りを感じたので気になっていた1本です。

会計士のジョナサン(ユアン・マクレガー)は仕事先で弁護士のワイアット(ヒュー・ジャックマン)と出会い、意気投合した2人はその後もたびたび会うようになる。

あるとき誤ってワイアットの携帯電話を持ち帰ってしまったジョナサンは、彼のもとに複数の女性たちから「今夜は暇?」という電話がかかってくることを知る。ワイアットは会員制の匿名高級デートクラブの会員で、ジョナサンも誘われるがままに多くの女性たちと関係を持つようになる。

そんなあるとき、ジョナサンがいつものように会員の女性と会う約束をとりつけ、向かってみると、そこにいたのはかつて地下鉄の駅で一目ぼれをした女性であった・・・

雰囲気重視の映画という感じではあるけれど、割と楽しめる1本でした。

序盤は割と先が読めないので、このままただのエロティックな作品で終わってしまうのかとか思いつつ鑑賞をしていると、終盤にかけて、サスペンス色も強まってきて、ラストは二転三転する(とはいっても先は読めちゃうんだけど)物語がなかなか面白かったです。

続きを読む "映画「彼が二度愛したS」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »