« 「Invisible」 Paul Auster | トップページ | 映画「かえるくんとマックス」 »

2010年7月18日 (日)

映画「告白」

告白 オリジナル・サウンドトラック

告白

日本

2010

2010年6月公開

劇場鑑賞

原作を読んだときに、文庫の巻末に収録されていた監督インタビューがとても面白く、映画版も是非観てみたいと思ったので劇場鑑賞してきました。(原作の感想

舞台はとある中学校。理科教師の森口(松たか子)は終業式の日に生徒たちに向かって衝撃の告白を行うのだが・・・

中島監督の作風と原作小説とが頭の中でどうもうまくつながらなかったので、はたしてどのような映画になっているのかとドキドキしながらの鑑賞でしたが、これが意外や意外、見事なまでによくできた映画化でした。

非常に原作に忠実に映画化していたんですが、原作を読んだときに、自分が思わず笑いそうになってしまった部分や、遠い目になってしまったような部分なんかがこの映画ではばっさりとカットされていて、エピソードの取捨選択もかなり良かったなと思いました。

原作の一番の感想はとにかく軽い小説だということだったんですが、中島監督のスタイリッシュで軽快な演出が、見事に原作の「軽さ」にはまっていたのが成功の理由ではないかなぁと。

冒頭の森口先生の告白。原作を読んだとき、彼女の口調がどうも気に入らなくて、第1章を読んでいるときに途中何度も読むのをやめてしまおうかなと思ったくらいなんですが、この部分、映画だと、彼女の話を聞く生徒たちの学級崩壊っぷりがすさまじくて、森口という教師がもともと生徒たちから信頼を集めるような人物ではなかったということが感じられたのが良かったです。自分の感じた森口先生への違和感を生徒たちが見事に体現してくれたというか。

この映画、原作とは違って、途中部分が時系列に進んで複数の告白が並行して描かれてましたが、これもコンパクトに分かりやすく物語をまとめるという点ではとても上手かったと思います。

ウェルテルが「みずほ」を連発する際のKYな感じがかなり強調されていたのも面白かったですね。ウェルテル関連だと、タンバリン持って踊ってる場面がやたらとノリノリなのがとても印象深かったんですが、エンドクレジットに「タンバリン指導」というのを発見して、あのノリの良さは指導の賜物か!と一人納得しちゃいました。

<ネタバレっぽくなりそうなので反転>

あとこの映画版、森口がファミレスを出た後に涙する場面が加えられてましたが、この場面の挿入によって彼女が理性を保っているのではないかと感じられて、その結果、ラストにおける彼女の行動が単に少年を脅かすための虚言なのではないかという解釈の可能性が強まっていたように思いました。

原作を読んだときは確実に彼女は実行したんだなと思ったんですが、映画では言葉だけで実際にはやってないのかなという気持ちのほうが強かったんですよね。映画では牛乳の件の解釈も原作とは変わっていたし、何より、ラストに電話を持って彼女が登場したってことは、彼女はその瞬間、体育館の近くにいたわけで、そしたら、本当に爆破したかどうかを見届けることは不可能だったのではないかと。

映画では少年Aの描き方も原作より同情できるようになっていたので、全体的に人間というものをもっと優しく捉えた作品になっていたように思います。少年Bのラストも曖昧にぼかしていたし。

そんなわけで中島監督の作品の解釈はなかなか面白かったんですが、たまに演出にやりすぎ感があったのも事実で、特に一番最後の巻き戻しは、意外な伏線に驚きつつ、いくらなんでもちょっとやりすぎではないかと。映像としては面白いけれど、あまりの豪華絢爛演出に思わず笑いそうになってしまいましたよ・・・。

|

« 「Invisible」 Paul Auster | トップページ | 映画「かえるくんとマックス」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/48846129

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「告白」:

» 告白 [LOVE Cinemas 調布]
2009年の本屋大賞・湊かなえの同名ベストセラー小説を映画化。自分の教え子に愛娘を殺されたとある中学校の女教師がそれをクラスで発表し徐々に復讐をを始める…。主演は『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』の松たか子。共演に『重力ピエロ』の岡田将生と『キラー・ヴァージンロード』の木村佳乃が出演している。監督は『パコと魔法の絵本』の中島哲也。独特の映像表現にも注目だ。... [続きを読む]

受信: 2010年7月18日 (日) 02時33分

» 『告白』・・・“なーんてね” [SOARのパストラーレ♪]
2009年本屋大賞を受賞した湊かなえの原作を、今年4月の文庫化と同時に手にし数時間で読了した。・・・最悪の読後感だった。何の救いもなく、歪みきった登場人物の誰一人として共感できる者もなく・・・。... [続きを読む]

受信: 2010年7月18日 (日) 17時42分

» 告白 [だらだら無気力ブログ]
2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを基に、愛する娘が 自分の教え子に殺された中学校の女性教師がその教え子に復讐する様を 描いたサスペンスドラマ。 『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』の松たか子を主演に迎え、『パコと 魔法の絵本』の中島哲也監督..... [続きを読む]

受信: 2010年7月19日 (月) 01時15分

» 告白 [映画、言いたい放題!]
脚本ゼミのメンバーで観る映画を観る会の今回の作品です。 原作は、2009年の本屋大賞を受賞した湊かなえの同名小説。 メンバーは全員原作を読んでいたので 皆で楽しみにしてました。(^^) 特に私は、 「嫌われ松子の一生 」や「パコと魔法の絵本 」の中島哲也氏が監督... [続きを読む]

受信: 2010年7月21日 (水) 00時31分

» 映画「告白」@ニッショーホール [masalaの辛口映画館]
 客入りはほぼ満席、女性客が多い。    映画の話 とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わ... [続きを読む]

受信: 2010年7月21日 (水) 00時35分

» 告白(2010) [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。中島哲也監督、松たか子、岡田将生、木村佳乃。終業式の日のホームルームで突然生徒たちに告白する先生悠子(松たか子)。冒頭でネタバレしているように見えるけれど、実はこの告白が始まりでの仕掛け。「告白が、あなたの命につきささる」というキャッチコピー....... [続きを読む]

受信: 2010年7月21日 (水) 07時39分

» 『告白』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「告白」□監督・脚本 中島哲也□原作 湊かなえ□キャスト 松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、下村直樹、橋本愛■鑑賞日 6月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> このわずか数秒のラストシーンの、主人公森口悠子の表情に、松たか子の女優としての執念を観た。 それはあたかも松たか子に森口悠子の怨念がそのまま乗り移ったかのようだった。 そして、その一瞬の表情の中に、森口悠子の心情全てがまさに全身全霊を込め... [続きを読む]

受信: 2010年7月21日 (水) 08時10分

» 告白 [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 去年、本屋大賞受賞した、湊かなえの同名ベストセラー小説の映画化{/ee_3/} 本は読んでないんだけど、 娘を殺された教師が教室で、犯人はこの中に二人いる。と告白。 それだけでもう既に面白い。 加えて、「下妻物語」{/fuki_suki/}や その年のベスト10にも入れた「嫌われ松子の一生」{/fuki_love/} の中島哲也監督がメガホンと知ってかなり楽しみにしてたので初日... [続きを読む]

受信: 2010年7月21日 (水) 08時49分

» 告白 (松たか子さん) [yanajun]
映画『告白』は、『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』などで有名な中島哲也監督が、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえ氏の同名小説にほれ込んで映画化した作品です。松たか子さんは、主演の教師・森口悠子 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2010年7月21日 (水) 09時39分

» 告白 13歳ってこえ〜っノォオオオオオ!! な〜んてねっ。 [労組書記長社労士のブログ]
【{/m_0167/}=24 -9-】 映画の予告編を映画館で観るようになって、是非見たいと思ったこの「告白」だけど、ちょうどそのころ、母が読み終えた本をいつもながら何冊かあったので、なんだか解らずにしばらく読み進めていたら、なんと偶然、この映画の原作の「告白 (双葉文庫) 湊 かなえ作」だった。 予告編を見たときには犯人捜しの推理サスペンスだと思っていたけど、なんかのテレビ番組で、「犯人Bの母親役の木村佳乃・・・」みたいなこと言っていて「え!犯人を言ってしまっていいの!」って驚いたし、そしてそのこ... [続きを読む]

受信: 2010年7月21日 (水) 09時58分

» 「告白」えげつない…。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[告白] ブログ村キーワード  「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也 監督最新作。「告白」(東宝)。公開前から『かなりの問題作』って声が聞こえてましたが、なるほどこれは、予想された以上に“衝撃の問題作”でございましたよ。  とある中学校の三学期の終業式。1年B組の担任である森口悠子(松 たか子)は、殆んど話を聞こうとしない生徒たちを前に『2月に校内のプールで溺死した一人娘の愛美は、実は事故死ではなく、このクラスの生徒2人によって殺された』と“告白”する。騒然とな... [続きを読む]

受信: 2010年7月21日 (水) 13時34分

» 告白 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
苦手な分野の話だと踏んで、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえさんの原作は未読。映画もノーチェックで観る気はなかったが、評判がいいようなので、悩みに悩んだ挙句恐る恐る観に行ってみた―【story】とある中学校の1年B組、終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです―」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく―     監督 : 中島... [続きを読む]

受信: 2010年7月21日 (水) 17時52分

» 告白 [勝手に映画評]
「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」と言う衝撃的な台詞が印象的な、2009年度「本屋大賞」授賞作品が原作。実は、「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」のセリフが物凄く印象に残ったので、原作を読もうと思っている間に、映画化されてしまいました(苦笑)。思ったときに読まないとダメですね。 最初の衝撃のセリフの印象から、生徒の中から犯人探しをしていくストーリーと勝手に思っていたのですが、全然違いました。むしろ、名指しはしないものの、少年A/少年Bを知っている人物=クラスメイトであれば、そ... [続きを読む]

受信: 2010年7月22日 (木) 21時52分

» AKB48には全く興味ないんだけど、初日舞台挨拶に行けなかったので、どうせだから第2回選抜総選挙で1位になった大島優子を見てきた『告白』大ヒット御礼!舞台挨拶@TOHOシネマズ日劇1 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w 今回は、速記というよりただ書き殴ったメモから、エジプトの象形文字を解読するようにしてお届けする、超アナログ式そんじょそこらの映画サイトやワイドショー、芸能誌、スポーツ新聞より無駄に詳しい舞台挨拶レポート...... [続きを読む]

受信: 2010年7月25日 (日) 16時32分

» 『告白』@テアトルダイヤ [映画な日々。読書な日々。]
とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的... [続きを読む]

受信: 2010年7月28日 (水) 08時56分

» 映画「告白」 [itchy1976の日記]
映画「告白」公式サイト 映画「告白」映画情報(eiga.com) ○作品情報(eiga.comより) 監督・脚本:中島哲也 プロデューサー:石田雄治、鈴木ゆたか、窪田義弘 原作:湊かなえ 撮影:阿藤正一、尾澤篤史 照明:高倉進 美術:桑島十和子 製作国:2010年日本映画 上映時間:106分 映倫指定:R15+ 配給:東宝 キャスト:松たか子、岡田将生、木村佳乃 ○ストーリー(eiga.comより) 2009年本屋大賞を受賞した湊かなえのミステリー小説を、「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島... [続きを読む]

受信: 2010年7月30日 (金) 20時41分

» 映画:告白 [よしなしごと]
 予告編の短い告白だけで惹き付けられてしまった映画、告白を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2010年8月 1日 (日) 14時51分

» 告白 [こわいものみたさ]
『告白』 【製作年度】2010年 【製作国】日本 【監督】中島哲也 【出演】松たか子/岡田将生/木村佳乃/西井幸人/藤原薫/橋本愛 ... [続きを読む]

受信: 2010年8月14日 (土) 14時57分

» 『告白』 はじけたのは何か? [映画のブログ]
 「私には判っている。」  『告白』の登場人物たちが、何度か口にするセリフだ。  「私には判っている。」  そう云いながら、判ってい... [続きを読む]

受信: 2010年8月19日 (木) 07時32分

» 『告白』 [『映画な日々』 cinema-days]
娘を殺された中学教師が、 刑事責任を問われない犯人である 生徒に復讐を始める... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (劇場鑑賞) 原作:... [続きを読む]

受信: 2010年9月 1日 (水) 22時08分

» 告白 [単館系]
中島哲也監督といえば下妻物語や嫌われ松子の一生ですよね。 この2作品は作りがよく似ていたのでああ、同じ監督だとすぐわかる映画のはずなのに 作りが違っていました・・・ 素晴らしい出来です。 例に...... [続きを読む]

受信: 2011年4月20日 (水) 23時36分

» 別館の予備(感想202作目 告白) [スポーツ瓦版]
7月17日 告白 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10955203104/188b5f83 さや侍&X−MEN:ファースト・ジェネレーション& エクスペンダブルズ&ディア・ドクター& ... [続きを読む]

受信: 2011年7月17日 (日) 11時19分

» 告白(感想202作目) [別館ヒガシ日記]
告白はWOWOWでして6月に観たけども 結論は昨年の話題が納得の凄い復讐劇だった [続きを読む]

受信: 2011年7月17日 (日) 11時19分

» 娘を殺された女教師の命の授業がはじまる「告白」 [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
[続きを読む]

受信: 2011年9月 8日 (木) 22時57分

« 「Invisible」 Paul Auster | トップページ | 映画「かえるくんとマックス」 »