« 映画「パーフェクト・ゲッタウェイ」 | トップページ | 映画「セブンティーン・アゲイン」 »

2010年8月20日 (金)

TV「南米大陸一周 165日の旅」

BS-hi 8月15日ー19日

「南米大陸一周 165日の旅」<全5回>

<8月23日より5日連続で12時半~同じくBS-hiにて再放送とのこと>

NHKサイト

 

夏休み、どこに旅行に行く予定もないのですが、TVで旅気分を味わうことができました。

番組の内容は、海外のツアー会社が企画したツアーに密着して、改造トラックに乗って、太平洋側のエクアドルのキトから南米をほぼ海岸沿いに反時計回りに移動して、大陸の最南端を通過し、太平洋側へと抜け、最後ベネズエラのカラカスに至るという全行程165日間の旅の様子を5夜連続で放送するというもの。

1回90分の番組で、450分かけて、南米を一周する様子が放送され、そもそものツアーが、アクティビティが非常に充実していて、その様子を見ているだけでも楽しいのですが、次々に現れる絶景の数々もとにかく美しくて、非常に見ごたえのある、素晴らしい紀行番組でした。

あと、世界各国からの様々なツアー参加者たちにもクローズアップして、見ているうちに自分も彼らと一緒に旅をしているような気分になれる構成だったのが良かったですね~。

アクティビティの様子や、色々な国で街を訪ねる様子、旅人同士の交流など、雰囲気としては恋愛のない「あいのり」みたいな感じで、旅番組としての「あいのり」が好きだった自分としてはかなり楽しめました。

旅番組は基本、旅行者が画面に映るもののほうが面白いし、いきなり絶景を見せられるよりも、そこに到達するまでの過程が観られる方が面白い。

TV観てただけなのに、すっかり行った気分です。

このツアー、途中参加、途中退場も自由のようで、半年間全ての行程に参加していたのは恐らく日本人の参加者のノリコさん唯一人。やっぱり165日、140万は時間もお金もやりくりするのが難しいんだろうなぁ。でも参加してみたい!トラックの車体に書かれていたロゴによると、こちらのツアー会社のツアーみたいですね。(http://www.kumuka.com/

以下、見ていて気になった南米のあちこちをメモ。

・マチュピチュ

このツアーでは、なんとクスコからインカ道を通って、4日間かけて歩いてマチュピチュへ向かっていました。65歳の最年長参加者のおじいさんが一生懸命登っている姿がとても印象的。自分もマチュピチュ行くんだったら、このルートで行きたいなぁ。

 

・ウユニ塩湖

スケールの大きさにも圧倒されたけど、ここでみんなが撮影していた写真がとっても楽しそうで、見ているだけでワクワクしてしまいました。あの写真、自分も撮りたいぞ!!

 

・パタゴニア

いやはや、この旅、第3回のパタゴニアの回が一番良かったです!!

とにかく自然が素晴らしい。

氷河は絶対いつか観に行ってやる!!!!

クレバスに落ちそうなギリギリのところを
トレッキングしてるのはちょっとヒヤヒヤでしたね~。

そして、パタゴニアの回、オーストラリア人の歌手の卵という参加者の女性が旅の様子を歌にして披露してたんだけど、その歌がなかなかに強引でちょっと面白かったです。歌の中で「TVクルーが画面に映らないように必死」みたいなのがあって、どうせなら、撮影隊の皆さんの撮影の様子もちょっと映して欲しかったですね。

 

・ギアナ高地

最終回のクライマックスはギアナ高地のテーブルマウンテン登山。ロッククライミングでもするのかと思っていたら、どうやら、唯一登ることができる小さな道が存在するらしい。しかし、かなりハードそう。5泊する荷物を背負っての山登りはやっぱり大変そうでしたね。

そして、テーブルマウンテンの上はこれまた見事な絶景。

「カールじいさん」を思い出してみたり。

 

・道路

道路の整備具合とかにそれぞれに国の様子が反映されているのが面白い。

・イグアスの滝

実は行ったことあります。しかし、ここは死ぬまでにもう一度訪れたい。

ブラジルはアマゾンクルーズが楽しそうでしたが、実はここも行ったことがあるので、見ていて楽しそうではあったけれど、新鮮さはそこまでなく。幼すぎてほとんど覚えてないくらいの記憶だけど・・・。

 

* * *

ところで、

実はこの番組の放送に併せて、16日~19日は昼の12時から、同じ趣旨のツアーのエジプトから南アフリカまでを旅するアフリカ縦断編「アフリカ大陸縦断 114日の旅」が再放送されていました。

そんなわけで、そっちもしっかりと観てしまって、この4日間、昼に2時間アフリカ旅行、夜に1時間半南米旅行を疑似体験するという、かなり充実した日々だったんですよね~。

アフリカ編で印象に残った場面は・・・

・エジプト~スーダンの砂漠移動 

これはかなりハードそうでしたね。移動の車内も暑そうだったし、灼熱の中、砂に車体が埋まってしまったのをみんなでスコップで掘り起こしたり。徐々に笑顔が消えていく旅人達が印象的。でも夜、星空を見ながら砂漠で眠るってのはとてもロマンティック。

 

・白ナイルでラフティング

普通に楽しそうだった!!

 

・パピルスの村

パピルスを使って生活してる村を訪れた場面で、村人たちがパピルスのボートを作っていて、その場で作り上げたボートに湖で実際にのりに行ったんだけど、そのボートはどうやら、半分くらい浸水した状態で浮かぶものだったらしく、地元の男性が足元をびしょびしょにぬらしながらボートに乗り、笑顔で旅人達に「君たちも乗らないか?」と誘うんだけど、彼らがかなり微妙そうな表情を見せた上で、「ぬれちゃうから・・・」とつぶやいて、結局誰も乗らないという場面がちょっと面白かったです。

 

・キリマンジャロ登山

これもハードそうだったけど、自分じゃ決してできなそうなことなので、テレビででも追体験できて良かった!

 

・道路

アフリカは舗装道路がほとんどない感じでしたが、途中、水没した道をみんなで埋めたりだとか、道路にキリンやらゾウやらが現れたりだとか、見どころも多かったですね。

 

・ナミビア砂漠

ナミビア砂漠がレジャーの宝庫だったのにビックリ。

アフリカは結構食事も美味しそうだった!主食のバナナとか食べてみたい。あと豚の丸焼きがメチャメチャ美味しそう。

 

* * *

南米とアフリカ、両方を比べると、南米編は前半のほうが面白そうで、アフリカ編は後半のほうが面白そうに見えたんですよね。どちらも自然の美しさは言わずもがななので、アクティビティの充実っぷりで比較して、という感じで。

あと、アフリカ編は日本人参加者が3人と多かったからかもしれないけど、彼らをクローズアップすることが多くて、もっと色々な国の人たちの様子を観たかったな、と思ったんですが、第2弾にあたる南米編では、日本人ばかりをクローズアップするという構成ではなかったのが良かったです。

NHKさん、素晴らしい番組をどうもありがとうございました!

是非是非、第3弾も!

---- 追記 2011年1月2日----

ついにNHK総合でも、「南米大陸一周165日の旅」が放送になりました!!

しかもお正月に放送してくれるとは!

BS-hiでも昨夏から既に3回放送されているのでかなりの人気番組なんだろうけど、この番組はやっぱり面白い。

昨年はまりにはまって、ハイビジョンでの再放送があったときに録画して完全保存版にしたんですが、それでもやっぱり見てしまったという・・・。しかし、今回放送されたものは、微妙にダイジェスト版だったのが残念。もとは90分番組が全5回だったので7時間半の番組だったものが半分くらいの長さに編集されていたのはちょっともったいない。むしろもっと長い完全版の放送があっても良いんじゃないかと思ってるくらいです。

これだけ何度も放送してくれるくらいの人気だったらアフリカ、南米に続くシリーズ第3弾にも期待が高まります。

---- 追記終了 -----

|

« 映画「パーフェクト・ゲッタウェイ」 | トップページ | 映画「セブンティーン・アゲイン」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/49195225

この記事へのトラックバック一覧です: TV「南米大陸一周 165日の旅」:

» Truck で南米大陸一周165日の旅 [altrnat Blog!]
実関係についてあやしい部分もありますが、日本人の Noriko さんが参加したツアー会社は KUMUKA WORLDWIDE っつう旅行会社かもしんない。サイトには、世界75ヶ国7大陸をカバーする冒険ツアー専門の老舗旅行会社っぽいことが書いてありまして、ブラジル・ウルグアイ・アルゼンチン・チリ・ボリビア・ペルー・エクアドルを114日間かけて大陸を Truck(写真右)で横断するっていう South America Encompassed ツアーがそれっぽい感じです。...... [続きを読む]

受信: 2011年1月 6日 (木) 11時13分

« 映画「パーフェクト・ゲッタウェイ」 | トップページ | 映画「セブンティーン・アゲイン」 »