« 映画「新しい人生のはじめかた」 | トップページ | 「夜間飛行」 サン=テグジュペリ »

2010年8月25日 (水)

映画「ペルシャ猫を誰も知らない」

 

Kasi Az Gorbehayeh Irani Khabar Nadareh

( no one knows about Persian cats )

イラン

2009

10年8月公開

劇場鑑賞

音楽を題材にした映画で気になるものはやはり劇場で、ということで渋谷にて鑑賞してきました。平日の昼間でしたが、中高年層を中心に一人客が多くて、意外にもなかなかの盛況ぶりでした。

イランでは、反イスラム的な音楽を演奏することが許されず、政府がミュージシャン達の活動を厳しく規制している。

そんな中、インディーズ・ロックを愛するアシュカンとネガルは国を離れて、ロンドンでライブをしようと、偽装ビザとパスポートを手に入れるために、便利屋のナデルのもとを訪れる。

彼らの音楽を気に入ったナデルは、彼らが国を離れる前にコンサートを開くことができるよう協力するようになり、彼らは一緒に音楽をするための仲間を探し、アンダーグラウンドで活動しているミュージシャン達を訪ねて回るのだが・・・

この作品、一応フィクションということになっていますが、扱っている題材が題材なだけに、バフマン・ゴバディ監督によりゲリラ的に撮影され、作中には実際に音楽活動をしているミュージシャンたちが多数登場し、主演の2人と監督は、撮影終了後にイランを離れたとのことで、ドキュメンタリー的要素も多く含まれ、それが故に、心に響く力強い作品になっていたと思います。

歌詞の内容に関して規制が加わるってのはまだ理解できるんだけれど、女性が3人いなきゃダメだとか、もしかしたらそれなりの理由もあるのかもしれないけれど、それだけ聞くと結構謎な規制も登場して、そんな中で自分のやりたい音楽、そしてそれを通して伝えたいことをしっかりと伝えようとする人々の凛とした姿は皆さんとてもかっこよかったです。

音楽活動が厳しく規制されているとはいえ、今の時代、インターネットなどもありますし、海外の音楽も大量に流入しているようで、作中に登場するミュージシャン達の音楽は、ジャンルもロックのみならず、ラップやら、伝統的な感じの音楽も登場し、バラエティに富み、どれもこれも、結構好きな感じの曲が多かったのが嬉しかったですね。シガーロスに憧れてるとか言ってたし。

まさに、音楽は国境を越える、というのを強く感じることができる作品でした。

作中では楽曲を流す場面の映像が、ミュージックビデオのようになっていて、物語の本筋とは関係なしに、現代のイランに暮らす人々や国の姿をとらえた映像がかぶせられていたんですが、この映像がまた色々なことを訴えかけてきていたように思います。ただ、作品の3分の1くらいがミュージックビデオだったような気がしないでもないですが(笑)。

登場するミュージシャンの中で一番ぐっときたのは、子供たちにギターで歌を教えていた青年。シェルヴィン・ナジャフィヤーンという名前とのこと。今後、どっかで活動していたらもっと音楽を聞いてみたい。

この映画、どのように終わるのかと思っていて観ていたんですが、ラストはかなりの衝撃で、あまりに突然すぎる展開に何が何やら良く分からずしばし呆然としてしまいました。しかし、安易に明るい描き方をするよりも、こちらのほうがメッセージ性は強いし、監督が作品にこめた思いが強く伝わったのも事実。しかし、それにしても、苦しい。

イランでゲリラ撮影というと思い出すのは、「オフサイド・ガールズ」(レビュー)。我々の「当たり前」が通用しない場所があるということ、広い世界を知ることができるのは、外国映画を観賞する一つの醍醐味ですね。

|

« 映画「新しい人生のはじめかた」 | トップページ | 「夜間飛行」 サン=テグジュペリ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

いろいろと考えさせられますね。
鑑賞のし甲斐がある映画でした。
ラップがすごくうまくて、でもここに出てきたミュージシャンたちもみんな輝いてた。
彼らが望むように自分たちを表現できる日が来ますようにと、願ってしまいます。

投稿: rose_chocolat | 2010年8月26日 (木) 18時53分

>rose_chocolatさん

コメントどうもありがとうございます。

>鑑賞のし甲斐がある

まさにその通りでした!

ラップはペルシア語のラップが初めてだったので
そこにまず興味を持ちつつ、
パフォーマンスも聴きごたえがありましたね~。

こういう映画が作られてしまうと、
逆にますます国内での規制が厳しくなるのではと
いうのも心配されて、
彼らの明るい未来を祈らずにはいられませんね。

投稿: ANDRE | 2010年8月28日 (土) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/49243626

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ペルシャ猫を誰も知らない」:

» ペルシャ猫を誰も知らない [LOVE Cinemas 調布]
カンヌ国際映画祭でカメラドール(新人監督賞)を獲得したイランのクルド人監督バフマン・ゴバディが、テヘランを舞台にとあるミュージシャンカップルを中心に描いた青春音楽ドラマだ。その殆どが実在するミュージシャンたちの音楽シーンを撮影するために、監督は当局に無断でゲリラ撮影を敢行したという。楽曲に併せて流れるテヘランの現実は、あまりにもリアルで、既視感のカケラもない。... [続きを読む]

受信: 2010年8月25日 (水) 01時26分

» 『ペルシャ猫を誰も知らない』(2009)/イラン [NiceOne!!]
原題:NOONEKNOWSABOUTPERSIANCATS監督・脚本:バフマン・ゴバディ出演:ネガル・シャガギ、アシュカン・クーシャンネジャード、ハメッド・ベーダード鑑賞劇場 : ユーロスペース公式サイ... [続きを読む]

受信: 2010年8月26日 (木) 18時51分

» 『ペルシャ猫を誰も知らない』 [ラムの大通り]
(英題:No 0ne Knows About Persian Cat) ----ん?これってフォーンと関係ありそう。 だけど、なんでペルシャ猫ニャの? 「いやいや。 確かに猫が出てこないわけでもないんだけど、 (しかも親猫が子猫の首を加えてね…) ここで言うペルシャ猫とは広くイランのこと。 でも個人的には、このタイトルは嬉しかったね」 ----どうして? まさか、猫が好きだからってわけじゃあ…。 「(笑)。そういうことじゃないんだ。 この監督バフマン・ゴバディは、 『酔っぱらった馬の伝説』ですい星... [続きを読む]

受信: 2010年8月26日 (木) 21時26分

» ペルシャ猫を誰も知らない [映画的・絵画的・音楽的]
 予告編を見て興味をひかれたので、イラン映画『ペルシャ猫を誰も知らない』を見に渋谷のユーロスペースに行ってきました。 (1)映画は、ポップ・ミュージックが厳しく規制されているイランにおける若者たちの音楽活動を、ヴィヴィッドに描き出しています。  ネガルとそのボーイフレンドのアシュカンは、ともにインディー・ロックをやるミュージシャンですが、メンバーを集め出国してロンドンでライブ演奏する、という夢を持っています(イラン国内では到底無理なので)。  便利屋のナデルにそのことを相談すると、まず国内でCDを... [続きを読む]

受信: 2010年9月19日 (日) 05時48分

» ペルシャ猫を誰も知らない(2009)●NO ONE KNOWS ABOUT PERSIAN CATS [銅版画制作の日々]
 トゥモロー〜♪明日はあるのかしら? 京都シネマにて鑑賞。 生き難い国ですね。つくづく日本の自由さを実感します。ましてや若い人... [続きを読む]

受信: 2010年11月24日 (水) 22時13分

» ペルシャ猫を誰も知らない / 81点 / NO ONE KNOWS ABOUT ... [ゆるーく映画好きなんす!]
音楽の力を感じ取れ!映画の力を感じ取れ!生きる力を感じ取れ!!! 『 ペルシャ猫を誰も知らない / 81点 / NO ONE KNOWS ABOUT PERSIAN CATS 』 2009年 イラン 106分 監督: バフマン・ゴバディ 脚本: バフマン・ゴバディ ロクサナ・... [続きを読む]

受信: 2010年11月26日 (金) 12時25分

» 『ペルシャ猫を誰も知らない』 [シネマな時間に考察を。]
国家としての体裁と、人としての自由意志。 音楽という共通言語に国境がないのなら、 その自由な魂をパスポートに変えて。 『ペルシャ猫を誰も知らない』 KASI AZ GORBEHAYEH IRANI KHABAR NADAREH 2009年/イラン/106min 監督:バフマン・ゴバディ 出演:ネガル・... [続きを読む]

受信: 2011年1月13日 (木) 19時45分

» mini review 11530「ペルシャ猫を誰も知らない」★★★★★★★★☆☆ [サーカスな日々]
『亀も空を飛ぶ』などのイランのクルド人監督、バフマン・ゴバディが初めて故郷クルドを離れ、大都市テヘランを舞台に描く青春音楽映画。ポップ音楽の規制の厳しいイランで、さまざまな苦労をしながら音楽活動に情熱を傾ける若者たちの日常をゲリラ撮影で切り取る。主演の...... [続きを読む]

受信: 2011年7月18日 (月) 02時42分

« 映画「新しい人生のはじめかた」 | トップページ | 「夜間飛行」 サン=テグジュペリ »