« エンタ☆メモ 8・9月号 | トップページ | 「武士道シックスティーン」 誉田哲也 »

2010年9月15日 (水)

映画「瞳の奥の秘密」

 

el secreto de sus ojos

アルゼンチン

2009

10年8月公開

劇場鑑賞

アカデミー賞の外国語映画賞は毎年良い作品が多いので、今年の受賞作であるこの作品もとても気になっていました。

ブエノサイレスの裁判所を定年退職したベンハミンは25年前の事件を小説にしようと執筆を始める。

25年前、新婚女性が自宅で暴行を受け殺害され、ベンハミンは相棒のパブロや新しくきた上司のイレーネらと共に事件を捜査していた。彼らの活躍の甲斐もあり、事件は解決をしたかのように思えたのだが・・・

終盤に差し掛かるまで、つまらなくはないけれど、外国語作品賞を受賞するほどの作品かと言われれば、そうでもないかなぁ、なんて考えながら観ていたんですけど、ラストにガツーンとやられました。

ただの刑事モノの枠を超えて、鑑賞後にいつまでも、正義について考えさせられる深いテーマが盛り込まれていて、心をとらえて離さない作品でした。

結構ユーモアのあるシーンもあって、パブロやイレーネとのやりとりにも微笑ましい場面があったり、犬が走ってくる場面では劇場が静かな笑いに包まれたり、していて、シリアスさとのバランスもよくとれていました。また、競技場での場面なんかはカメラワークも面白く、ハラハラとした見どころもあり、映画として娯楽要素をうまく盛り込みながら、重いテーマをしっかりと扱っているところは見事だったと思います。中盤の捜査の場面がやや間延びしていて、そこまで長い映画ではない割に、ちょっと長さを感じてしまった部分もあったけど。

死刑か無期懲役か、法が下した決断により果たして遺族の犯人への思いは癒されるのか、何が正解かを決めることは難しい問題ではあるけれど、こういう映画を観て、たまにはじっくりと考えてみるのも良いかもしれません。

アルゼンチンという国の時代が反映されている部分も少なからずありそうで、そういうところはやはり深く理解しきれていないのがちょっともったいなかったかなぁ。これは完全に自分の知識不足が理由なんだけど。

全く関係ない感想ですが、スペイン語、ちょっとだけかじったことがあるので、ところどころ聞き取れたりして、そんなところも結構楽しんで観てました。外国語の映画はちょっとでも分かるところがあると、作品との距離がぐっと近づくように思います。

|

« エンタ☆メモ 8・9月号 | トップページ | 「武士道シックスティーン」 誉田哲也 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/49402608

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「瞳の奥の秘密」:

» 瞳の奥の秘密 [LOVE Cinemas 調布]
第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画。25年前の未解決事件をモチーフに小説に書き始めた主人公が、当時に置き忘れた事件の真相に迫ると同時に、とある女性への愛を思い出す。主演はリカルド・ダリン、共演にソレダ・ビジャミル。監督はフアン・ホセ・カンパネラ。意外な事実に直面するラストに驚かされる。... [続きを読む]

受信: 2010年9月16日 (木) 00時37分

» 『瞳の奥の秘密』(2009)/スペイン・アルゼンチン [NiceOne!!]
原題:ELSECRETODESUSOJOS/THESECRETINTHEIREYES監督:ファン・ホセ・カンパネラ出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル、ギレルモ・フランチェラ、パブロ・ラゴ、ハビエル・ゴディーノ鑑賞... [続きを読む]

受信: 2010年9月21日 (火) 06時05分

» 瞳の奥の秘密 [映画的・絵画的・音楽的]
 本年度のアカデミー賞の最優秀外国語映画賞受賞作ということであればぜひ見てみたいと思い、『瞳の奥の秘密』を日比谷のTOHOシャンテに行ってみました。 (1)この映画では、裁判所の書記官のベンハミンと、彼の上司だった判事補イレーネとの時を隔てた愛の物語と、彼らが昔携わったことのある殺人事件の物語との二つが絡み合うように描かれています。  裁判所を定年退職したベンハミンは、時間的な余裕が出来たことから、25年前に取り扱った殺人事件を基に小説を書こうとし、そのことをやはり25年ぶりに再会したイレーネに... [続きを読む]

受信: 2010年9月21日 (火) 08時20分

» 瞳の奥の秘密/El secreto de sus ojos [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 今年のアカデミー賞外国語映画賞受賞{/m_0151/} ええもうそれだけの理由で、全く内容も知らないままで観て来ました〜 アルゼンチンアカデミー賞17部門ノミネートで、13部門制覇の快挙。 アルゼンチンで歴史的ヒットをした作品なんだとか。 監督/脚本は、ファン・ホセ・カンパネラ。 主演はファンホセ監督作常連のリカル... [続きを読む]

受信: 2010年9月21日 (火) 09時58分

» 『瞳の奥の秘密』 [ラムの大通り]
(原題:El secreto de sus ojos) 「う〜ん。これは体調がいいときにもう一回、じっくりと観たい…。 そういう手合いの映画だね」 ----へぇ〜っ。そうニャンだ。 アカデミー賞外国語映画賞受賞とは聞いていたけど、 いったい、どんなお話ニャの? 「それは、比較的簡単に説明できる。 主人公は、長年務めた刑事裁判所を定年退職したベンハミン・エスポシスト。 残りの人生で、25年前の殺人事件を題材にした小説を書こうと決意した彼は、 当時の職場を訪ね、 彼の元上司で判事補、イレーネ・メネン... [続きを読む]

受信: 2010年9月21日 (火) 22時35分

» 瞳の奥の秘密 [小部屋日記]
EL SECRETO DE SUS OJOS(2009/スペイン・アルゼンチン)【劇場公開】 監督: ファン・ホセ・カンパネラ 出演:リカルド・ダリン/ソレダー・ビリャミル/パブロ・ラゴ/ハビエル・ゴディノ ブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年── 未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。 本年度アカデミー賞外国語映画賞を受賞。 本国のアルゼンチンでは34週間というロングランの大ヒットを記録。サスペンスとロマンスが入り混ざった物語。 25年前の残虐な殺人事件と秘めた愛を忘れ... [続きを読む]

受信: 2010年9月23日 (木) 14時47分

» 瞳の奥の秘密 [なりゆき散策日記]
 以前、シネマズシャンテで「告白」をみたときの哀愁あふれる予告をみて、みたいと思った作品。本国のアルゼンチンとは公開に一年の時差があります。アカデミー賞の外国語映画賞を... [続きを読む]

受信: 2010年9月29日 (水) 18時40分

» 瞳の奥の秘密(2009) [銅版画制作の日々]
 EL SECRETO DE SUS OJOS 9月25日から、京都でも公開開始されました。数々の賞に輝いた「瞳の奥の秘密」を先日鑑賞して参りました。本国アルゼンチンで封切られた本作は歴史的な大ヒットを記録。34週にわたってロングラン上映されたらしいです。もちろん本国のアルゼンチンアカデミー賞でも主要な部門を含む17部門でノミネート、何と13部門で独占受賞という快挙。 もちろん世界参加となる。そしてあのアカデミーで外国映画賞、カンヌ国際映画祭も制するんですね。あのミヒャエル・ハネケ監督の「白いリ... [続きを読む]

受信: 2010年9月30日 (木) 01時33分

» 瞳の奥の秘密 [なりゆき散策日記]
 以前、シネマズシャンテで「告白」をみたときの哀愁あふれる予告をみて、みたいと思った作品。本国のアルゼンチンとは公開に一年の時差があります。アカデミー賞の外国語映画賞を... [続きを読む]

受信: 2010年10月 7日 (木) 10時21分

» 『瞳の奥の秘密』'09・西・亜 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじ刑事裁判所を引退したベンハミンは、忘れ難いある事件を題材に小説を書き始め [続きを読む]

受信: 2011年11月26日 (土) 22時23分

« エンタ☆メモ 8・9月号 | トップページ | 「武士道シックスティーン」 誉田哲也 »