« 映画「ニューヨーク、アイラブユー」 | トップページ | 「少年少女飛行倶楽部」 加納朋子 »

2010年10月 5日 (火)

映画「脳内ニューヨーク」

脳内ニューヨーク [DVD]

synecdoche, New York

アメリカ

2008

2009年11月公開

DVD鑑賞

予告の映像が面白かったので、気になっていた1本。

主人公は劇作家のケイデン(フィリップ・シーモア・ホフマン)。妻子が家を出て行き落ち込んでいる彼のもとに賞の受賞の連絡が舞い込み、大金を手にした彼は、とんでもないプロジェクトを発案する。それは巨大なセットを構築し、自分の頭の中にあるニューヨークをそっくりまるごとそこに再現するというものであった。

よく考えたら、チャーリー・カウフマン作品は「エターナル・サンシャイン」もそんなに好きな映画じゃなかったや。

なんか物語も主人公の自己満足に溢れているんだけど、この作品そのものがまさに作り手の自己満足という気が・・・。もっとシンプルでいいのになぁ。

再現されたNYの中に、主人公自身を演じる役者がいて、そうすることで、再現されたNYの中の再現されたNYが作れるはじめ、入れ子構造のようになっていくんですが、そのあたりで、物語が混沌を極めて、最後、彼は自分が作り出した世界に飲みこまれてしまうような展開なんですが、一番ラストの落としどころで、狐につままれたような感じで完全に「???」となってしまい、結局なんだかよく分からない作品という印象ばかりがつよく残ってしまいました。

あと、予告編はもうちょっとポップでスタイリッシュな印象を受けたんだけど、全然そんなことなかったのもちょっと残念だったポイント。

色々な意味で玄人受けしそうな作品ではあるけれど、残念ながら自分は全く楽しむことができませんでした。

|

« 映画「ニューヨーク、アイラブユー」 | トップページ | 「少年少女飛行倶楽部」 加納朋子 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 初めまして。レビューを覗かせてもらいました。ANDREさんのレビューものすごくわかりやすく、内容も深くてすごいですね。
 ANDREさんの評価が高かった作品をいくつか借りて来ます。
 私も映画好きなのですが、作品選びにはいつも苦労しています。貴重な映画情報ありがとうございます。 

投稿: 本・映画・色々 | 2010年10月 9日 (土) 10時27分

>本・映画・色々さん

嬉しいコメントをいただきまして
どうもありがとうございます!

小難しいことを書くのはどうも苦手なので、
思ったことをつらつらと書きならべているだけのブログですが、
何かの御参考になりましたら大変嬉しいです。

よろしければ是非またお立ち寄りください。

投稿: ANDRE | 2010年10月10日 (日) 01時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/49652057

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「脳内ニューヨーク」:

» 脳内ニューヨーク [LOVE Cinemas 調布]
『マルコヴィチの穴』の脚本家、鬼才チャーリー・カウフマンの記念すべき初監督作品。プロデューサーにこれまた『マルコヴィッチの穴』のスパイク・ジョーンズが参加している。主演は『パイレーツ・ロック』のフィリップ・シーモア・ホフマン。現実のニューヨークの広大な倉庫に主人公の頭の中にあるニューヨークの町並みを再現し、自分の人生そのものを演劇にしてしまうという突飛もないストーリーだ。... [続きを読む]

受信: 2010年10月 5日 (火) 00時22分

» mini review 10502「脳内ニューヨーク」★★★★★★★★☆☆ [サーカスな日々]
『マルコヴィッチの穴』『エターナル・サンシャイン』の脚本家、チャーリー・カウフマンが監督デビューを果たすエンターテインメント・ムービー。人生に行き詰った人気劇作家が、自分の人生を再生す...... [続きを読む]

受信: 2010年11月14日 (日) 02時51分

« 映画「ニューヨーク、アイラブユー」 | トップページ | 「少年少女飛行倶楽部」 加納朋子 »