« 「宇宙飛行士オモン・ラー」 ヴィクトル・ペレーヴィン | トップページ | 映画「脳内ニューヨーク」 »

2010年10月 4日 (月)

映画「ニューヨーク、アイラブユー」

ニューヨーク, アイラブユー [DVD]

New York, I love you

アメリカ

2009

2010年2月公開

DVD鑑賞

『パリ、ジュテーム』がとても良かったので、そのNY版ということで楽しみにしていた1本。

12人の監督が愛をテーマにNYを舞台にした物語を共作。

公式ではオムニバスではないということになっているようですが、ま、オムニバスですよね。

全体的な感想としては、『パリ、ジュテーム』のほうがずっとずっと面白かったかなぁと。あちらのほうが作品にバリエーションがあって見ていて飽きなかったです。

今回はどの作品も全体のトーンがちょっと暗めで、さらには1つ1つの個性がそれほど強烈ではなかったので、雰囲気の統一感はあったものの、なんだかいまいち物足りなかったです。あと、妙にぼやかしたような終わらせ方をする監督が多くて、いくつもそういう短編が続くと、いちいち余韻に浸る余裕もないので、ちょっとお腹一杯な感じでした。

以下、印象深かった作品に軽くコメントを。

・チアン・ウェン監督 ヘイデン・クリステンセン、アンディ・ガルシア、レイチェル・ビルソン

スリの男のナンパ話。第1話目ということで、軽く御洒落な雰囲気はつかみとしては非常に良かったと思います。

・イヴァン・アタル監督 イーサン・ホーク マギーQ

必死にナンパを続ける男のちょっとほろ苦い結末。主演2人と作品のムードがとても合っていたと思います。

・ジェームズ・カーン監督 アントン・イェルチェン ブレイク・ライブリー

車いすの少女と気弱な青年の物語。NYのセレブ高校生たちは「ゴシップ・ガール」の世界ですね。オチも面白かったです。微笑ましい物語で、これが一番好きかなぁ。

・シェーカル・カプール監督 シャイア・ラブーフ、ジュリー・クリスティ

ホテルを舞台にした脚の不自由なボーイと元オペラ歌手の幻想的な物語。これは映像が良かった!鏡の使い方とか。とっても雰囲気の良い作品。

・ファティ・アキン監督 ウグル・ユーセル、スー・チー

中華街を舞台にした一編。老画家と美しい店員の物語。これも全体の雰囲気が好き。

・ジョシュア・マーストン監督 イーライ・ウォラック、クロリス・リーチマン

高齢夫婦の愉快な会話を楽しむ1編。2人の口論をしながらも、愛に溢れる様子がとても良かったです。

 

日本人監督、岩井俊二氏の作品は自分のツボとは合わず・・・。日本人監督だからって無理してアニメ入れる必要もないと思うし。

|

« 「宇宙飛行士オモン・ラー」 ヴィクトル・ペレーヴィン | トップページ | 映画「脳内ニューヨーク」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/49562673

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ニューヨーク、アイラブユー」:

» ニューヨーク,アイラブユー [LOVE Cinemas 調布]
『パリ、ジュテーム』のプロデューサーが今度はニューヨークを舞台に、様々な人々の愛の形を切り取って描くオムニバスムービー。日本の岩井俊二監督や、出演とともに監督デビューをしたナタリー・ポートマンら10人の一流監督がそれぞれの個性を発揮しつつ、ランディ・バルスマイヤーがそれら10のエピソードを一本の美しい作品にまとめ上げている。ヘイデン・クリステンセン、オーランド・ブルーム、ロビン・ライト・ペンら豪華な俳優陣にも注目だ。 ... [続きを読む]

受信: 2010年10月 4日 (月) 23時57分

» ニューヨーク、アイラブユー [だらだら無気力ブログ]
『パリ、ジュテーム』のプロデューサー、エマニュエル・ベンビイが都市を テーマに描くオムニバス映画の第2弾。 監督初挑戦の女優ナタリー・ポートマンをはじめ、世界各国の監督11人が 参加して、ナタリー・ポートマンやオーランド・ブルームやスー・チー、 マギーQ…... [続きを読む]

受信: 2010年10月 7日 (木) 00時06分

« 「宇宙飛行士オモン・ラー」 ヴィクトル・ペレーヴィン | トップページ | 映画「脳内ニューヨーク」 »