« 「少年少女飛行倶楽部」 加納朋子 | トップページ | 映画「ロード・トリップ パパは誰にも止められない」 »

2010年10月17日 (日)

映画「トレジャー・オブ・スケルトンアイランド」

トレジャー・オブ・スケルトンアイランド [DVD]

the three investigators
and the secret of skeleton island

ドイツ 南アフリカ

2007

日本未公開

DVD鑑賞

レンタル店で何気なく見つけた未公開作品。

原作は「カリフォルニア少年探偵団」の邦題でも知られるアメリカの大人気児童向けシリーズThe Three Investigatorsの一編。名前に聞き覚えがあるので、自分も小学校のころにちょっと読んだことがあるんじゃないかと思うんですが(かなりうろ覚え)、内容は全然覚えてません。

ちなみにドイツ製作ですが、英語の映画です。

「T3I」(The 3 Investigators)として、数々の難事件を解決してきたピート、ジュピター、ボブの3人は休暇で南アフリカを訪れる。そこで、ケープタウン沖にあるドクロ島と呼ばれる島のレジャー施設の建設予定地を訪れた3人の前で、その関係者たちが謎の怪物に襲われるという事件が発生する。現地で知り合った少女と共に3人は島に秘められた謎を解き明かそうとするのだが・・・

人気スターが出ているわけでもなく、もともとの原作が日本ではマイナーなこともあり、未公開DVDスルーは仕方ないかなぁとも思いますが、子供向け映画とはいえ、謎解きもアクションも結構見ごたえがあってなかなか面白い作品でした。終盤のクライマックスの飛行シーンなんかはいかにも合成ではあったけれど、大人がみてもハラハラでしたし。

この映画、シリーズの映画化としては第1作目なんですが、物語がいわゆる「エピソード0」的なものを一切排除して、冒頭から3人の少年が子供探偵として大活躍している場面から始まるので、変に説明的な部分もあまりなくすんなりと本編に入れるのが良かったです。

冒頭のシーンは絶対に夢オチかと思ったんですけどね。少年たちが普通に超人級の活躍を見せるので、子供たちは見ていて気持ちが良いのではないでしょうか。

そして、子供向けの映画だと思って甘く見ていると、ものすごい伏線のはられように面喰らわれてしまうストーリーの面白さもあって、機会があったら観てみても損はしない作品だと思います。

クライマックスは「エーミールと探偵たち」っぽかったけどね。ドイツの作品だし。

と誉めつつ、別に恋愛要素を入れなくてもいいのでは(子供向け映画にまでこういう蛇足があるとは・・・)、3人の個性がもうちょっと強烈に描かれていた方がそれぞれの役割がはっきりしていいんじゃないかとか、中盤ちょっと退屈とか、気になる点もありましたが、全体的には思っていた以上には満足。

続編として「The Three Investigators and the Secret of Terror Castle」てのが2009年に作られているようなので、そちらも是非DVDを出していただきたいです。

|

« 「少年少女飛行倶楽部」 加納朋子 | トップページ | 映画「ロード・トリップ パパは誰にも止められない」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/49706868

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「トレジャー・オブ・スケルトンアイランド」:

« 「少年少女飛行倶楽部」 加納朋子 | トップページ | 映画「ロード・トリップ パパは誰にも止められない」 »