« 「水晶萬年筆」 吉田篤弘 | トップページ | 「エロマンガ島の三人」 長嶋有 »

2010年11月23日 (火)

映画「17歳の肖像」

17歳の肖像 コレクターズ・エディション [DVD]

an education

イギリス

2009

2010年4月公開

DVD鑑賞

英国好きとしては見逃せない1本。本当は劇場で観たかったんですが、ようやくDVDにて鑑賞。英国作品ではあるんですが、監督は「幸せになるためのイタリア語講座」のデンマークの女性監督ロネ・シェルフィグ。

1961年のロンドン。主人公は、オックスフォード大を目指す16歳の中産階級の娘、ジェニー(キャリー・マリガン)。ある日、彼女は路上で声をかけられた2倍以上歳の離れたデイヴィッド(ピーター・サースガード)と親しくなり、やがて、彼とその友人のダニー(ドミニク・クーパー)とその恋人であるヘレンと共に出歩くようになり、大人の遊びを覚え、デイヴィッドへの恋心を強くしていくのだが・・・。

期待通りに良い作品でした。

表面のストーリーだけをなぞれば、幼い娘がちょっと苦い経験をして大人への階段を上るという、特に目新しくもない内容なのですが、そこに英国の階級社会が上手いことスパイスとして効かされていて、中の下のジェニーの家族の階級コンプレックスが彼女やその両親の行動に説得力を持たせていたのが良かったです。

学問と文化的な教養、品性など、恵まれた生活をする上で本当に必要なものは何なのか、ジェニーが出会う大人達がしっかりと描き分けられていて、様々な人間性を描いていたのも面白かったですね。

ストーリーで良いなと思ったのは、ジェニーが反発した担任の先生が、最終的に彼女を良い方向に導いてくれたこと。彼女の存在も階級社会において、良い大学を出るとはどういうことかという問いに深みを持たせてくれたように思います。そのおかげでラストが爽やかに閉じてくれたのも嬉しかったです。

「17歳の肖像」という邦題よりも原題の「教育」というほうが作品の内容は捉えているように思いますが、このタイトルじゃお客さんは呼べないだろうなとも思うので難しいところですね。

出演していることを知らなかったので、ジェニーの通う高校の校長先生がエマ・トンプソンだったことにビックリ。これは非常に嬉しかったです。彼女の英語はいつ聞いてもうっとりしてしまいます。

ドミニク・クーパーはこのところ引っぱりだこですね。彼は教養もあるし、そんなに悪そうではないように描かれていたけど、何故、彼らと付き合っているのだろうかとちょっと疑問に思ってみたり。

期待の大型新人キャリー・マリガンは、ヘップバーンと比喩するのはどうかと思うけど、子供の顔も背伸びした大人の顔も上手く演じていてなかなか良い感じだったと思います。

彼女、ドラマ版「ノーザンガーアベイ」や、BBCでドラマ化されたディケンズの「荒涼館」にも出演していたようだし、映画も「プライドと偏見」にも出演していて、さらには「わたしを離さないで」にも主演と、文芸女優の道まっしぐらという感じですね。マキューアンの「初夜」の映画版(マキューアン自らが脚本を書くらしい)にも主演するっぽいし。

* * *

関連過去レビュー

 

映画「ヒストリーボーイズ」

現在の英国中産階級の高校生達がオックスフォードを目指す映画

 

・キャリー・マリガン出演作品

ドラマ「ノーザンガーアベイ」

映画「プライドと偏見」

|

« 「水晶萬年筆」 吉田篤弘 | トップページ | 「エロマンガ島の三人」 長嶋有 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/50010493

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「17歳の肖像」:

» 17歳の肖像 [LOVE Cinemas 調布]
イギリスの女性ジャーナリスト、リン・バーバーの回顧録をベースとした青春ドラマだ。『プライドと偏見』のキャリー・マリガンが知的でキュートな女子高生役を演じている。恋のお相手となる30代の男性を演じるのは『エスター』のピーター・サースガード。監督はデンマークのロネ・シェルフィグ。思春期のちょっと背伸びしたがる女の子の心情を描いた甘酸っぱさが初々しい。... [続きを読む]

受信: 2010年11月23日 (火) 01時20分

» 「17歳の肖像」 [RAY's Favorites]
2008年は日英外交150周年の年で、それを記念して駐日英国大使館とブリティッシュ・カウンシルにより、一年限定で「UK Japan 2008」という公式WEBが開設されていました。 実は当事、ひっそりと公認ブロガーを...... [続きを読む]

受信: 2010年11月23日 (火) 12時04分

» 17歳の肖像 [だらだら無気力ブログ]
女性ジャーナリスト、リン・バーバーの回顧録を基に、60年代初頭 のロンドンで暮らす16歳の少女の恋と挫折と成長を描いた青春映画。 多感で好奇心旺盛でパリにあこがれる16歳の少女がひょんなことから出会った 30代の男性と恋に落ち、進学するための勉強しかしてこなかっ…... [続きを読む]

受信: 2010年11月24日 (水) 00時36分

» ■映画『17歳の肖像』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
16歳の少女が、ある年上の男性と出会い、恋をしながら大人になって行く姿を描く映画『17歳の肖像』。 17歳まではバージンを守ると決めていた彼女、17歳になって以降は本格的な“大人の恋”に突き進みます。 でも、大人の恋に潜むリスクを見ぬけるほど、17歳はオトナじゃな... [続きを読む]

受信: 2010年11月25日 (木) 05時46分

« 「水晶萬年筆」 吉田篤弘 | トップページ | 「エロマンガ島の三人」 長嶋有 »