« 映画「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」 | トップページ | 「緑の家」 マリオ・バルガス・リョサ »

2010年12月13日 (月)

映画「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の2日酔い」

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)

the hungover

アメリカ

2009

2010年7月公開

DVD鑑賞

アメリカでヒットしているときからちょっと気になっていたコメディ映画。

iTunesで映画レンタルが始まったので、どんなものなのか試してみるために1本選んでみました。そんなわけでiPadでの視聴です。

結婚式を2日後に控えたダグ(ジャスティン・バーサ)は親友のフィル(ブラッドレイ・クーパー)とスチュアート(エド・ヘルムズ)、そして義弟となるアラン(ザック・ガリフィアナキス)と共に、独身生活最後の夜を楽しむためにラスベガスへと旅に出る。

ホテルにチェックインしパーティを始めた彼らだったが、そこで記憶が飛んでしまい、翌朝、フィルとスチュアート、アランの3人がホテルの部屋で目覚めると、ダグの姿がなく、荒れ放題になっている部屋には何故か一頭のトラが。さらに、スチュアートの歯は抜けていて、クローゼットには誰の子だか分からない赤ん坊まで。

昨夜の記憶が全くない3人は、行方不明のダグを探しはじめるのだが・・・

噂どおりに楽しい映画で気楽にコメディを楽しみたいときにはうってつけの1本ですね。

ただ思っていたよりもバカじゃなかったかなぁ。あと、最後の真相も割とあっさりとしていて、もっと細かな伏線が一気につながって唸ってしまうようなのを期待していたので、ちょっと拍子抜け感があったのは否めず。

ま、いきなりの御本人登場にはビックリでしたけどね。しかし、そのインパクトにちょっと頼り過ぎていて、そこからもう一歩先のミラクルな展開があったほうが良かったかなぁ。なんだかんだでどれもこれも、真相としてはインパクトが弱い。

って、別にミステリ映画じゃないんですけどね・・・。

こういうコメディは出演者たちがワイワイと楽しそうな作品はやっぱり観ている方も自然と笑みがこぼれおちてしまうんですが、この作品のヒットの要因もそのあたりにありそうですね。メインの3人が3者3様に良い味をだしていて、分かりやすい役割分担がある上に、ちゃんとこちらの期待するところで期待通りのボケをしてくれるところが嬉しかったです。

エンドロールで失われた夜の写真が出てくるんですけど、この写真もちょっとインパクトが弱かったんですよね。ベガスで酔って記憶をなくして大騒ぎって共通点のある映画「ベガスの恋に勝つルール」の真相ビデオの映像の方が個人的には好き。

そうそう、このサブタイトルがやたらと長い上に説明的なのが気になる。英語のハングオーバーってのが二日酔いだってのがそこまで知られていないのを考慮するのであれば、カタカナ使わないでもうちょい気のきいた邦題にしても良かったんじゃないかと思う。

色々書きましたが、映画としては結構好きですよ☆

どうやら続編もあるみたいですが、はてさてどんなバカ騒動が繰り広げられるのか、さらなるパワーアップに期待してます。

|

« 映画「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」 | トップページ | 「緑の家」 マリオ・バルガス・リョサ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

英語のタイトルは"The Hangover"だよ。 :-p

投稿: Susie Q | 2010年12月22日 (水) 17時15分

>Susie Qさん

Hangover⇒名詞
Hungover⇒形容詞
ですね。
どうもありがとうございます。

投稿: ANDRE | 2010年12月27日 (月) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145222/50283642

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の2日酔い」:

» ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い [LOVE Cinemas 調布]
主演俳優の知名度が足りず日本ではDVDスルーになる予定だったが、ファンの熱心な後押しもあり劇場公開が決定したというコメディ映画だ。出演は『ニューヨーク、アイラブユー』のブラッドリー・クーパーとジャスティン・バーサ、『ナイト ミュージアム2』のエド・ヘルムズ、『ベガスの恋に勝つルール』のザック・ガリフィナーキス。他にマイク・タイソンや監督のトッド・フィリップスもカメオ出演している。... [続きを読む]

受信: 2010年12月13日 (月) 00時39分

« 映画「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」 | トップページ | 「緑の家」 マリオ・バルガス・リョサ »