« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎

ゴールデンスランバー (新潮文庫)

ゴールデンスランバー

伊坂幸太郎

新潮文庫 2010. 11.
(original 2007)

単行本発売当初から良い評判ばかりを耳にするので、とにかく早く読みたかった作品です。文庫派を貫いているので、映画が公開された頃はネタバレを恐れて予告編などもできる限り見ないようにしてました。

文庫化を知った時は、過去の伊坂作品の中でも一番嬉しかったですね~。

そんなわけで映画版も未見でわりとまっさらな状態で読みました。

舞台は街中に監視カメラの付いた「セキュリティポッド」が設置されるようになった架空の仙台。金田首相が凱旋パレードの最中に突然暗殺されてしまう。そして、その事件の犯人として報道されたのは数年前にアイドルを救助したことで一躍時の人となった元宅配ドライバーの青柳雅春であった。

一方、青柳雅春は大学時代の友人森田に呼び出され久々の再会を果たしている最中に首相暗殺事件が発生する。やがて、思わぬ濡れ衣をきせらることとなった青柳は逃亡を始め、かつての仲間たちとの絆によって青柳の運命が大きく動き始める・・・。

いやぁー、これはめちゃめちゃ面白いじゃないですか!!

伊坂作品に求めているものが全て詰め込まれた作品で、この作品が書かれた時点での伊坂幸太郎文学の集大成といっても過言ではないと思います。

とにかく先へ先へとページをめくる手が止まらず、一気に最後まで読んでしまいました。初めての作品としてはオススメしがたいかもしれないけれど、伊坂作品を何冊か読んだことがあって、それを面白いと感じている人には間違いなくイチオシの作品です。

この作品の面白さはとっても映画的で小説というメディアでここまでハリウッド映画のような娯楽性を描くことができるというのも驚きで、引っぱり方から盛り上げ方、適度にハラハラさせて、ユーモアもあって、ニヤリとさせて、心を温かくさせて、涙まで誘ってしまう書きっぷりにただただ引き込まれてしまいました。

続きを読む "「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年1月24日 (月)

映画「理想の彼氏」

理想の彼氏 特別版 [DVD]

the rebound

アメリカ 

2009

2009年11月公開

ブルーレイ鑑賞

ブルーレイ、意外にレンタルされてる作品の種類が少ない・・・。

サンディ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)は夫の浮気を知り離婚、2人の子供たちを連れて一人ニューヨークへとやってくる。新しい家と仕事を見つけたサンディは新たな出会いを求めるようになっていく。

そんなときサンディはアラム(ジャスティン・バーサ)と言う青年と出会う。大学を卒業したものの、コーヒーショップでのバイトをするフリーターで両親と同居中、愛読書はハリー・ポッターというアラムをサンディはベビーシッターとして雇うのだが、自らの理想とは程遠い年下のアラムに惹かれるようになっていき・・・

ラブコメとしてはそこそこに楽しめる作品でしたが、そこそこ止まりかなぁ。

この映画はどう考えてもサンディ視点で描かれているんですけど、自分はどうしてもアラム視点でしか観ることができなくて、「流石に年上すぎなのでは・・・」とか、「子供好きってのはやっぱりポイント高いよなぁ」とか思いながらの鑑賞でした。

エピソードとしては、護衛教室の場面が結構面白かったんだけど、そこがちゃんと伏線になっていたのが嬉しかったです。

途中まで割とゆったりと展開していたのに、終盤一気にダイジェスト版のような駆け足展開になってしまって、そのまま終わってしまったんですけど、むしろ、この終盤のところのほうの内容をもうちょっとじっくりと観たかったかなぁ。

 

続きを読む "映画「理想の彼氏」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年1月15日 (土)

映画「リトル・ランボーズ」

Son of Rambow

son of rambow

イギリス

2007

2010年11月公開

劇場鑑賞

2007年の英国映画が3年遅れでようやく劇場公開。しかもとある理由でずっと観たかった作品ということもあり、大喜びで観に行ってきました。(鑑賞は2010年12月です。)

舞台は1980年代の英国。

主人公ウィルは母、妹、祖母と3人で暮らす11歳の少年。彼の家は厳格な戒律を持つプリマス同胞教会に属し、TVや映画、音楽などの世俗的なものを全て排除した生活を送っていた。学校にも友達はいなく、聖書に空想の物語を描くことが彼の唯一の楽しみであった。

あるとき、ウィルは同じ学校に通う問題児のリーと知り合い、老人ホームを営む彼の家で偶然映画「ランボー」を目にしてしまう。生まれて初めて観た映画に衝撃を受けたウィルは、TVの映画コンテストに出品する作品を作ろうとしていたリーと2人で「ランボーの息子」という映画を作り始める。

同じころ、彼らの通う学校にフランスからの短期交換留学の学生たちがやってくる。その中でもひときわクールなディディエは学校中の人気の的となるのだが、あるとき、ディディエがウィルたちの映画製作を知ってしまい・・・。

この映画大好きです!こういう映画に出会えるから英国が好きなのですよ。

ウィルのイマジネーションの世界が素晴らしくて、実写に手描きの線を被せてくるような演出も良かったし、彼の描く絵も独特の味があったし、彼らが作るチープな映画も絶妙な完成度でとても微笑ましくて、監督のセンスの光る作品に仕上がっていたと思います。

そしてそういう演出もさることながら物語もまたとても良い。ラストは思わず涙腺大崩壊でした。

少年の友情と成長を描くオーソドックスなストーリーではあるんだけど、主人公2人の存在感が半端なくて、彼らの抱える複雑な悩みが画面いっぱいに溢れていて、こんなものを見せられてしまったら、一緒にワクワクしちゃうし、怒っちゃうし、泣いちゃうわけですよ。

続きを読む "映画「リトル・ランボーズ」"

| | コメント (4) | トラックバック (11)

2011年1月11日 (火)

「ラスト・チャイルド」 ジョン・ハート

ラスト・チャイルド(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)  ラスト・チャイルド(下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

ラスト・チャイルド
(the last child)

ジョン・ハート
(John Hart)

ハヤカワ文庫 2010. 4.
(original 2009)

普段ミステリはあまり読まないのですが、NHKの「週刊ブックレビュー」で紹介されているのを見て是非とも読んでみたいと思い手に取りました。

主人公は13歳の少年ジョニー。

双子の妹が失踪し、やがて父も失踪し、母親は地元の有力者に近付き酒に溺れるようになる。そんな中、ジョニーは離ればなれになった家族の再生を信じ、親友と共に妹の居場所を探し続けていたのだが、同じ学校に通う少女が行方不明となり、事件が大きく動き始める・・・。

とにかく設定が重い。文庫版(ポケミス版も同時発売だった)は上下分冊になっているんですが、上巻を読み終える時には、あまりの重さに下巻にはちょっとくらいは救いのあるラストが待っていて欲しいなと願わずにはいられなかったんですが、下巻も終始同じペースが続き、ラストも全てがハッピーエンドというわけにもいかず、とにかく読んでいる間中胸が締めつけられる作品でした。

この作品に出てくる大人たちはとにかく歪んでいて、そんな中、一人で苦しみもがいて憤って闘い続ける少年の姿は非常に読み応えがありました。ラストも子供と言う存在にちゃんと希望を託してくれたところが嬉しいです。

続きを読む "「ラスト・チャイルド」 ジョン・ハート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「阪急電車」有川浩

阪急電車 (幻冬舎文庫)

阪急電車

有川浩

幻冬舎文庫 2010. 8.
(original 2008)

話題になっていたので気になっていた作品。有川浩の作品を読むのはこれが初です。

舞台は阪急宝塚線。8つの駅を舞台に、電車内や駅の人間模様を描き出していく連作短編集。

これはとにかくコンセプトが素晴らしく良い。純粋に地元の人が羨ましい。もう二番煎じでもかまわないから誰か総武線小説とか書いてくれないかなぁとさえ思ってしまいます。

宝塚駅から西宮北口駅に向かって複数の物語が語られた後、折り返しで後日談を回収していくというのも見事なアイデア。

自分は結構電車に乗っているときに人間観察をすることが多いので、ついつい会話が気になってしまったり、おばさまグループに囲まれてしまったり、泣いてる人を目撃してしまったり、車窓から見える不思議なものを気にしてみたり、過去に経験があるようなことばかりなので、そこから発展していく物語に純粋にワクワクすることができました。

ただ、恋愛小説なぞ滅多に読まないこともあり、若者の恋愛模様を読みながら無駄に照れてしまい、ちょっと気恥ずかしくなってしまった自分なのでした・・・。

続きを読む "「阪急電車」有川浩"

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2011年1月 2日 (日)

HAPPY NEW YEAR 2011

あけましておめでとうございます。

 

続きを読む "HAPPY NEW YEAR 2011"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

2010年いろいろ大賞(映画部門)

2010年のまとめ記事、映画部門です。

今年はちょっと忙しい日が続いてしまいここ何年かでは一番鑑賞本数が少ない1年になってしまいました。劇場とDVD併せて新しく見た作品は80本。来年は100本を目標にしてもうちょい色々観てみたい。

ただ、今年は「色々な国の映画を観る」をテーマにして意識的に様々な国の作品を選ぶようにして、鑑賞した80本で、18ヶ国の映画を観たので結構目標達成に向けて頑張れたような気がします。

このチャレンジは来年も継続して行う予定なので、もっともっとたくさんの国の映画に触れてみたいと思います。

あと、今年何本か観て感じたのは、自分3D好きじゃない、ってことです。そもそも眼鏡on眼鏡になるのが辛い。

それでは2010年の映画いろいろ大賞をお楽しみください。

続きを読む "2010年いろいろ大賞(映画部門)"

| | コメント (10) | トラックバック (23)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »